FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

祭の2日目。
無情の雨が降った。

しかし、若者の熱気は、雨を蹴散らした。
祭りは、盛り上がった。

怒涛のごとく、でか山を曳く。
そして、豪快な辻回し。

青柏祭には、はっきりした見所がある。
それを楽しみに、観光客もやって来る。

今日は、辻回しの仕組みを見学した。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

前日に続き、場所は七尾市。
東風さんは、朝、須坂に戻った。

昨日のブログの写真を載せるのに、1時半過ぎまでかかってしまう。
雨は止まない。

1時45分に、山王神社に向かった。

s-15年5月4日 (1)

前日の辻回しの場所に来たら、魚町のでか山が、やってきた。

s-15年5月4日 (2) 

正面から。撮影できた。



左から来て、向こうに行く。  90度、曳山を回転しなければならない。
ハンドルは無いから、独特の方法で。

これが、辻回し。  大きな見所。

写真の左に、小さな木の車が見える。  上から下りてきた。
これを、車軸で取り付ける。  たいへん。

穴の部分が、ずれている。 曳山を持ち上げると、同じ高さになる。

s-15年5月4日 (4)    s-15年5月4日 (3)

こうやって、持ち上げようとする。
全体の指揮は、経験のある年配者。


s-15年5月4日 (5)

曳山が少しずつ、浮いて行く。   十分に浮いたら、左から車軸を差し込む。
完了したら、歓声。   下は、差し込んだ状態。

s-15年5月4日 (6)    s-15年5月4日 (7)

上の写真で、缶が見える。  油が入っている。
油を塗って、車輪を滑らせて、微妙は方向を変えてるよう。
ちゃんと見てない。

この後、前の部分を、向こうに動かす。  向こうから引っ張って、こっちから押す。
太鼓の音に合わせて、力を合わせる。



見事に、向きを変えた。 
この後、再び、前を持ち上げて、小さな車輪を取り外す。

雨で滑るので、縄を巻く。   油でも、滑る。  ゆるんだら、まき直しに来る。
 
s-15年5月4日 (8)    s-15年5月4日 (9)

またがって乗って、再び浮かせる。

s-15年5月4日 (10)

左の写真には、小さな車輪の、車軸が見える。
右には、それが、ない。  外せた。

s-15年5月4日 (11)    s-15年5月4日 (12)

外す瞬間の、動画。



自分は、でか山の前方に来た。

s-15年5月4日 (13)

浮かせるために使った柱を、運ぶ。  ※ 柱は、テコ棒。  8㍍。
重い柱は、肩に食い込む。

s-15年5月4日 (14)    s-15年5月4日 (15)

威勢よく声を上げ、戻ってきた。  いい表情だ。  雨なんかに、負けない。

これが、七尾の若者の姿。
作られた映画のワンシーンではない。  本物。  本物の魅力。

s-15年5月4日 (16)    s-15年5月4日 (17)

でか山が、通り過ぎた。



でか山は、行った。

s-15年5月4日 (18)

再び、辻に来た。  前の5人は、でか山が動く時、気勢を上げている。
出発前には、1人ずつ、歌をうたう。  儀式のように。

s-15年5月4日 (19)    s-15年5月4日 (20)

辻回しの準備を始める。

s-15年5月4日 (21)

前田利家が、中心。  

s-15年5月4日 (22)    s-15年5月4日 (23)

自分は、ここで戻った。  午後の3時。
魚町の曳山が、魚町の目的地に着くのは、午後7時。  まだまだ、これから。

s-15年5月4日 (24)

でか山は、とにかく大きい。  重い。
それを曳くのは、回すのは、精根尽き果てるのではと見える程の、大変な作業。

危険と隣り合わせ、若者の燃える姿が、熱気が、人に感動を与える。
七尾は、いい祭を持っている。

【今日の一句】  「 七尾の若者  でか山を  凌(しの)ぐが如く  燃えた 」

【今日の歌】    James Last - Gypsy Melodies    一昨日に続いて。   



【道の駅】   能登食祭市場

【明日の予定】   食祭市場に、でか山がくる。   3つそろったのを見たい。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 
七尾市の祭りが、今日から3日間と分かった。
東風さんと観ることに。

曳山がとにかく大きい。  それが特徴。
重さ20㌧。  高さ12㍍。  車輪の直径2㍍。

祭は、晩の9時に始まり、夜通し続く。
溢れる人。  地元と、観光客。

昼間から酒を飲んで、祭を楽しんだ。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

七尾は、能登の中心都市。(Wikipedia)   ※ 輪島は、奥能登の中心都市。

鉄道は、金沢に向かっている。 

tizu1113_201505050803390a8.jpg     tizu2223_20150505080341d50.jpg

曳山が見られるというので、東風さんと、鍛冶町に向かった。
最後の仕上げをしていた。

巨大な車輪。

s-15年5月3日 (2)    s-15年5月3日 (1)     

この後、街を散歩。  七尾駅。  駅前市街地の様子。

s-15年5月3日 (3)    s-15年5月3日 (4)    s-15年5月3日 (5)

花嫁のれん。  花嫁は、これを持って婿の家に。
これをくぐって、仏前にお参り。

  ※ まず最初に、嫁ぐ家の仏前にお参りするのは、よくある風習のよう。
    瀬戸の花嫁の地区も、そうだった。

祭は、今日から3日間。  いい時に、七尾市に来た。

s-15年5月3日 (6)    s-15年5月3日 (7)    s-15年5月3日 (8)

魚町のでか山が見えた。   通路に、低い電線は無い。

s-15年5月3日 (9)    s-15年5月3日 (11)

花嫁のれん。  能登、加賀方面で見られる風習のよう。

s-15年5月3日 (10)    s-15年5月3日 (12)

飛んでる鳥は、何でしょう。  ツルなら、首は真っ直ぐ。 

s-15年5月3日 (13)    s-15年5月3日 (14)

高さは、3階建ての家か。

s-15年5月3日 (15)

晩までには、完成。   高いから、落ちたら大変。

s-15年5月3日 (16)    s-15年5月3日 (17)

道の駅に戻ってきた。  出店。  

s-15年5月3日 (18)

直ぐ近くに、府中町の曳山。

s-15年5月3日 (19)

今晩は、深夜のも見なければならない。  今、ちょうどお昼。

食彩市場でこんなのを買って、東風さんの車で、酒を飲んだ。
昼間から酒なんて、これ以上の幸せはない。

s-15年5月3日 (20)    s-15年5月3日 (21)    s-15年5月3日 (22)

夕方6時半に、お風呂に向かった。
府中町の曳山。   人形がいた。

秀吉と淀。  そして、長谷川等伯。 彼は、七尾の出身。

s-15年5月3日 (42)    s-15年5月3日 (43)

ことぶき湯。  すっかり温まって、出てきた。

七尾の今日は、眠らない夜になる。

s-15年5月3日 (44)    s-15年5月3日 (45)

道の駅は、満車。  多くの観光客。

s-15年5月3日 (46)

9時過ぎに、鍛冶町に行った。  勧進帳の場面。
       勧進帳の舞台、安宅関。  義経・弁慶一行は、京の都から奥州平泉 秀衡の元へ。~小松市~ 他 (2015/4/29)

s-15年5月3日 (23)

曳かれる前の、儀式が続く。

s-15年5月3日 (24)    s-15年5月3日 (25)

10時過ぎに、動き出した。

s-15年5月3日 (26)

のんびりでない。 怒涛のごとくの、はやさ。

s-15年5月3日 (27)    s-15年5月3日 (28)

曲がり角に来て、方向転換。  大変な作業。  辻回しと、呼んでいる。

s-15年5月3日 (29)    s-15年5月3日 (30)

前の部分を、浮かせる作業。   テコの原理で。

s-15年5月3日 (31)

辻回しは、大きな見所。

   s-15年5月3日 (32)       

小さな車輪を取り付けて、一気に、90度回転。  動画を撮り損ねた。
あっという間だった。

s-15年5月3日 (33)    s-15年5月3日 (34)    s-15年5月3日 (35)

山王神社に、向かった。



この時、11時25分。

s-15年5月3日 (36)

この後、一度、道の駅に戻った。

午前1時に、東風さんと再度出た。  府中町のでか山。

s-15年5月3日 (38)    s-15年5月3日 (39)

儀式が終わったら、出発。

s-15年5月3日 (37)    s-15年5月3日 (40)

朝の7時に、山王神社に着く予定。   大変な祭。



昼も夜も、どこかで引っ張っている。
大きな曳山にも驚かされるが、やってることにも、並大抵のことではない。

その全部が、見所か。

【今日の一句】  「 七尾の青柏祭  3日間  昼も夜もずっと祭 」

【今日の歌】    能登半島



【道の駅】   能登食祭市場

【明日の予定】   東風さんは、朝、須坂に帰る。
            私は、午後から、3つの曳山が集まるのを見る。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。