FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

京都の桜は、咲きました。
東山は、夜桜を見る人で、どこも埋め尽くされました。

祇園白川。  ここの美しさは、別格でした。
    ※    ※    ※    ※    ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

印の場所は、八坂神社の後ろの、丸山公園。



四条大橋。 渡ったら、祇園。 突き当りに、八坂神社。 
人でいっぱい。 歩道を自由に歩けなかった。 

13年3月30日 (1)

鴨川。 咲きましたね。

13年3月30日 (2)

八坂神社から見た、四条通。 一帯が、祇園。 門前町として、発展。

13年3月30日 (3)

丸山公園。  人、人、人。

13年3月30日 (6)

こうやって、みんな飲んでいる。 宴会。 花見。  飲みたいけど、帰ってから。

13年3月30日 (4)

咲いている。 この桜は、1週間後は散り始めている。
と云うことは、土曜日の今晩が、一番賑やかかもしれない。 明日は天気が良くない。 

13年3月30日 (5)

山の近く。 見事。

13年3月30日 (7)

龍馬と、中岡慎太郎。 2人は、最後まで一緒だった。 墓は、近くの山の中腹に。
             龍馬の墓  八坂神社  祇園花見小路  河原町   他  (2010/5/21)
龍馬は、花見の様子を、どんな思いで見ているのだろう。
刀の無い時代は予想したと思うけど、こんなに明るく、また、大きなビルや車を、考えることはあったんだろうか。

2人で、何を話しているでしょうね。
この時代が来るのに、おれたちは少しでも役立ったんだろうか、って言ってるかも。
お陰様でって、お礼を言いたくなる。

ビールは飲んだことないと思うので、買って置いて来たら、良かったかな。
半分は、自分で飲んで。  ※ 今度行ったら、差し入れ。

13年3月30日 (8)

松明(たいまつ)。 
昼間は暖かかったけど、今は、少し寒い。 ところが、外人さんの中には、半袖がいる。

犬が刀をつけていた。 竜馬もびっくり。

13年3月30日 (9)   13年3月30日 (10)

ここでも、花見。 誰も花は見てないけど。

13年3月30日 (11)

八坂神社に向かう。  ねねの道。 左上に、高台寺。

13年3月30日 (12)

右下に、ねねの道。

13年3月30日 (13)

上に高台寺。 庭のライトアップをしている。  ※ 紅葉のを見たけど、ままあかな。

13年3月30日 (14)

2年坂。

13年3月30日 (15)

三年坂。  桜が咲いている。

13年3月30日 (16)    13年3月30日 (17)

清水寺。 東山の多くの人は、ここに向かっている。

13年3月30日 (18)

京都駅前の京都タワーが見える。

13年3月30日 (19)

仏像があって、陸前高田が、見える。 なんでしょう。  ※ りくぜんたか
調べてみました。 この仏像は、木で出来ています。 完成は、昨年。
陸前高田、そして、木。 これで分かりますね。 倒れた、松原の木で作っていた。
             ※ 震災の前は、こんな松原だった。(2009年撮影)
このことのニュースは、ここに載っています

13年3月30日 (20)

清水の舞台。 だれも、飛び降りない。

13年3月30日 (21)

遠くに、小さな三重塔が見える。 名前は、子安塔。  
下にきた。

13年3月30日 (22)   13年3月30日 (23)

音羽の滝。  高校の修学旅行以来、水は飲んでいない。

水は1口飲むのがいいそう。 
欲張って2口飲むとご利益が半分。 3口飲むとご利益が3分の1。
滝は3つあって、全部飲むと、願いは叶わない。 

上のように言われるが、混まないようにするための工夫かも。

13年3月30日 (24)

池に桜が写っている。

13年3月30日 (25)   13年3月30日 (26)

地下鉄の駅に、戻る。 八坂の塔。
  ※ 境内に、木曽義仲の首塚があるそう。 信頼できる感じなので、今度行ったら、見てくる。
    法観寺という寺だが、塔しかない寺。 珍しい。
          木曽町日義は、木曽義仲が育ち、旗揚げした地だった。 また、巴御前の生地でも。~木曽町~  他  (2012/11/12) 

13年3月30日 (27)m     13年3月30日 (27)

祇園白川です。 ライトアップが上手なのか、桜が生き生き。
     ※ 清水は、桜の美しさは、普通だった。 
       紅葉のライトアップを、そのまま使っているのではと、少し疑った。

13年3月30日 (28)

辰巳大明神。

13年3月30日 (29)

吉井勇の碑があるので、挨拶。
  「かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる」
彼は、祇園が大好きだった。
      大江天主堂。  天草ロザリオ館。  五足の靴。  お万ヶ池の伝説~天草市天草町大江~  他  (2013/1/26) 

13年3月30日 (30)   13年3月30日 (31)

料理屋さんで、このように食事。

13年3月30日 (32)

かにかくに、ってある。

13年3月30日 (33)   13年3月30日 (34)

四条大橋を渡って、高瀬川。 竜馬たち、維新の志士は、この川沿いに住んでいた。
     維新の史跡を残す、木屋町通を歩く ~京都市~  キッスは目にして(ヴィーナス)  他  (2012/6/17)

13年3月30日 (35)

京都の桜は、あと数日が見頃でしょうか。
桜前線は、北上。 桜の花が咲くと、春爛漫。
早い遅いはあっても、日本中みんなが楽しめますね。

そういえば、根室にいたころ、桜はいつも、5月の末に見ていた。  2ヶ月後だ。
千島桜。 清隆寺の桜が咲いて、桜はお終い。

【その他】 ずっと1人で旅をしている寅さんが、ここの道の駅にいます。
      時々会って、話。
      寅さん、今、冒険家だった植村直己に夢中。
      寅さんは、少し体が不自由なので、山には登らない。
      でも、ピッケルを買ったという。
      何を考えているのやら、面白い。

      どこかの山の頂上に、連れて行ってやりたい。
      伊吹山かな。 探してみるか。

【道の駅】  ガレリアかめおか

【明日の予定】   天気が良くない。  嵐山に少しでしょうか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、1位、 旅行全体、1位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/994-a1feafc4

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 東山の夜桜。 丸山公園、三年坂、清水寺、祇園白川、他。~京都市~  他  (2013/3/30)
  • 2013年03月31日 (日)
  • 09時21分20秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。