FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

八幡浜(やわたはま)の見学場所がはっきりせず、大洲に向かった。
2度目だが、新しいものを見つけるぞ、と思って。

佐田岬半島は、山脈が海に沈んで、頂上だけが残った。
そんな感じで、知床に似ているが、山は、知床より急峻。
    ※    ※    ※    ※    ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

伊方町には、原子力発電所がある。 道の駅は、その近くに。



道の駅、伊方きらら館。 立派な道の駅。 発電所のある町は、お金に困らない。  
奥の建物は、発電所のPR館。 つながっている。

13年3月12日 (1)

PR館の展望室からの風景。 向こうが、佐田岬。  私の車が、すみに。

13年3月12日 (2)

半島の北側に、四国電力の伊方原子力発電所。  今は停止している。

昨日のブログに書いたが、この半島は、中央構造線。 大きな断層であり、活発に動いている。
知ってて、造ったのでしょうか。

13年3月12日 (3)   13年3月12日 (4)

道の駅にあった、大きな水槽。 水が飛び出てこない。 どんな理屈だったでしょう。 不思議。

13年3月12日 (7)

「じゃこてん」の看板を、どこでも見る。 気になるので、2つ買った。 200円。
これがまた、美味しい。 魚のすり身が、いっぱい入っている味。

13年3月12日 (6)   13年3月12日 (5)   13年3月12日 (8)

八幡浜市には、ちゃんとした停泊場所がない。 路上駐車になる。
見どころを探す時間がなかったこともあり、大洲(おおず)市に走った。



大洲市は、観光に熱心。 まちの駅があって、観光の拠点。
案内所の方は、親切だった。 
       ※ 下の写真をダメにしているのは、私の車。

13年3月12日 (10)   13年3月12日 (9)

前回、城と臥龍山荘には入っているので、今回は、入らない。

大洲の街並みの特徴は、江戸・明治・大正・昭和と、4つが混ざっていること。

13年3月12日 (11)

おはなはん通り。 向こうから来た。 観光客が、バスから降りた。 4台。


13年3月12日 (17)

「おはなはん」は、昔のNHKドラマ。 説明に、この町で生まれたとある。 お話の世界で、この町。

※ モデルになった人は、徳島市の人。
  徳島市は、NHKのロケに、協力的でなかったようだ。
  そのために、古い町並みがある、大洲市に移った。
  大洲市は賢かった。  徳島市は、先見の明がなかった。 後悔することになる。

おはなはん休憩所に入った。

13年3月12日 (12)   13年3月12日 (13)   13年3月12日 (14)

主人公は、樫山文枝。 彼女の代表作、と言っていいほど。

13年3月12日 (16)   13年3月12日 (15)

主題曲。 なつかしい。



古い家並み。 ただ古いだけ、と言いたいけど。
前回来た時も、椅子に座ってる人がいた。  ここを通って、臥龍(がりゅう)山荘に。

13年3月12日 (18)

臥龍山荘。 左に肱川(ひじかわ)が流れており、ここは、大洲一の景勝地。

13年3月12日 (20)

上の写真にも見える、入り口。

13年3月12日 (19)

展望所があるので、行ってみる。 右に、臥龍山荘。  石垣に穴。 木の根っこを取った跡か。

13年3月12日 (21)   13年3月12日 (22)

上の写真、隙間から、肘川。

DSCF2196gggg

道に、マスコットが落ちていた。 雨の当たらない、東屋に置いた。

寂しそうな顔して、「行くところがない」って言う。 でも、どうする事もできない。
もし、落とした子が探しに来たら、たいへん。
いまごろ、どうしているだろう。

13年3月12日 (23)

崖っぷちに、不老庵がある。

13年3月12日 (24)   13年3月12日 (25)

※ 不老庵は、川の方から見たら、このように。 (前回のブログから)

臥龍山荘の建物のそばに、蓬莱山(ほうらいさん)と呼んでる山がある。
その山は、龍が臥(ふ)せた形なので、臥龍山荘となずけたよう。

13年3月12日 (26)   13年3月12日 (27)

近くの大洲神社へ。 背の高いのは、昭和の燈。

13年3月12日 (28)   13年3月12日 (29)

石段の上からの風景。 市街地は、右に広がっている。 お城も右。

13年3月12日 (30)   13年3月12日 (31)

石段を走って登ってきたら、走るなって、あった。
 ※ 九重山の下りの時、最後、膝が痛くなった。 それで、鍛えようと思って。

13年3月12日 (32)m     13年3月12日 (36)

拝殿と本殿。  屋根が、前に流れている。

13年3月12日 (33)

キツツキが、木をつつく音がした。 探したが、見つけられない。 
1匹がつつくと、他でも、つつき出す。

大洲城。  木造での復元。  いいですね。

13年3月12日 (34)

13年3月12日 (35)

街中に戻ってきたら、歴史探訪館の入り口に、竜馬がいた。
ありがとう竜馬、ってある。 作者の気持ちが伝わる。

13年3月12日 (38)   13年3月12日 (37)

※ 泉ヶ峠は、内子町と大洲市の間にある。 脱藩の道。
  私は、その峠の、もっと東の方を歩いた。 (関連ブログで紹介)

下の地図の、左端に、泉ヶ峠。 竜馬は、大洲から長浜に行って、船に乗る。

20110205013836c17m

厳しい目つき。 本当はこうかも知れない。 
この目なら、人と切り合いがやれそう。

13年3月12日 (39)   13年3月12日 (40)

あと少し散歩。 肱川の方へ。

13年3月12日 (41)

油屋旅館。 司馬遼太郎が、宿泊したことがあるそう。

13年3月12日 (42)

風が通った。

13年3月12日 (43)

肱川と、大洲城。  遊覧船。  夏になったら、鵜飼も見られる。

DSCF2266kkppp.jpg

今は、もう、すっかり春。

13年3月12日 (46)   13年3月12日 (45)

大洲は、通る度に寄っても、何か発見できそう。
内子も近いので、2つまとめて、観光地。

【関連ブログ】   ブログを見て戻るときは、左上をクリック

   伊予の小京都、大洲の町並みを歩く ~大洲城、おはなはん通り、臥龍山荘 他~   他  (2011/2/2)    
   坂本龍馬脱藩の道を歩く  屋根のある御幸の橋 ~大洲市 川辺町~   他  (2011/2/4)
   本尊山に登る  海に一番近い下灘駅(?)  伊予長浜を歩く ~伊予市・大洲市~   他  (2011/2/13)
    渓流沿いの温泉宿、小薮温泉 ~有形登録文化財の建物  大洲市肱川町~   他  (2011/2/3)

【今日の歌】    鼻歌のレパートリーに、1つです。






【道の駅】   内子フレッシュパークからり



【明日の予定】  内子を歩くのかな。 他がないか検討も。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、1位、 旅行全体は、1位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/976-4f41e6d5

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 城下町、大洲を歩く。  佐田岬半島の風景。~大洲市・伊方町~  他  (2013/3/12)
  • 2013年03月13日 (水)
  • 02時54分31秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。