FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

藺牟田池に行く予定だったが、時間がなくなった。
藤川天神で、梅の花を見ることに。

小さないい温泉に、出会いました。
十三奉行温泉。 読みは、じゅさぶろ温泉。
源泉かけ流し、少し塩っぱいため、温まる。
    ※    ※    ※    ※    ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

昨日の修理の支払いに行った。
そうしたら、運転席のルームランプが切れた。
それを直したら、ナビが使えなくなった。 ヒューズが切れた。

ああだこうだやってるうちに、昼近くなった。
山登りの時間は、なくなった。

藤川にあるので、藤川天神。 響きのいい名前。



神社の境内に、梅の木がある。

13年2月17日 (16)

この地方では、人気の場所。  右に、西郷さんの犬、ツンの像。

13年2月17日 (1)

ツンの出身地はここ。 
少し前のブログで触れたが、ツンはどんな種類の犬かというと、甑(こしき)島の山犬

13年2月17日 (2)

最近にない暖かさ。 15度は、越えている。
満開ではない。 木によって、差が大きい。

13年2月17日 (3)

菅原道真が、福岡で死んだふりして、実はここに来たという伝説がある。
この伝説は、一般的な伝説。 少なくても、1%以上の可能性はありそう。
ここが、墓だという。

※ 鹿児島は、他に、秀頼が大阪城で死なないで来たという、話も。 上の方が、可能性は高そう。

※ 昔の人は、自分の田舎が、ただの田舎なら寂しいと思ったのか。
  伝説を作ったのは、そんな気持ちからかも知れない。
  全国に、小野小町や和泉式部に関わる土地は、いっぱいある。 平家も、多いでしょうか。

13年2月17日 (4)

菅原神社。 みんな、藤川天神と呼ぶけど。

13年2月17日 (6)

この地に来たことが、書いてある。

13年2月17日 (7)

しだれ梅。 このように咲いてる木もある。 いいですね。

13年2月17日 (8)

川内高城(せんだいたき)温泉のしだれ梅は、咲いたでしょうか。
下は、以前撮ったもの。 ネットで写真を探したら、私のだった。

20120225000833402_20130218113548.jpg

梅の花を、後ろをぼかして撮ってみた。
  ※ 自分のためにも、撮影情報を載せておきます。 
           シャッタースピード、800分の1秒。 絞り1.4。 ISO(感度)200。

13年2月17日 (10)

花札では、梅に鶯(ウグイス)が、とまっている。
でも、ウグイスは、虫を食べる。
梅にやってくるのは、花の蜜が好きな、メジロだそう。
そう言っても、たまにはやって来る。 撮った人がいた。 このように

梅と鶯は、春を告げる代表。 そう言う意味で、「梅と鶯」の表現はあるようです。

怒ってるように見えない狛犬(こまいぬ)がいた。

13年2月17日 (9)   13年2月17日 (11)

臥龍梅(がりゅうばい)は、よく見るけど、藤川天神は、規模が大きい。
臥の漢字は、臥(ふせ)るの意味ですね。

枝が横に伸びていて、地面に着いたら、そこから根が出る。
もし、藤川天神の臥龍梅は、1本の木からこうなっていたら、面白い。

13年2月17日 (12)

梅の花の赤は、梅干の赤と、同じなんだろか。 
独特の赤。 見てたら、酸っぱくなる。 それはないか。

右の写真、枝が土の中に入ってしまった。

13年2月17日 (13)   13年2月17日 (14)

文弥(ふみや)節人形浄瑠璃、とある。  
右の写真は、藤川天神より低いところ。 満開。

13年2月17日 (15)   13年2月17日 (17)

文弥節の人形浄瑠璃は、こことあと一箇所、盛んなところがある。  都城。
そこで撮った動画。



十三奉行温泉を探している。 出水市野田町の、武家屋敷通り。 歩いたことはない。

13年2月17日 (18)

見つけられないので、諦めて、AZに向かった。 途中で、案内が見つかった。



田舎にぽつんと一軒家。 のれんを見て、やっと温泉と分かった。

13年2月17日 (19)

十三奉行温泉を教えてくれた人は、湯船が狭いと言った。
イモを洗うように入るのは嫌だな、と思った。

でも、違った。 源泉は47度あるという。 湯船は、42と43度の間。
ちょうどいい。 少し塩っぱく、湯の成分が濃いので、実際より温度が高く感じる。
※ 羅臼の熊の湯と同じ。 あそこは、44度ほどなのに、45度以上に感じる。

13年2月17日 (20)

湯の出口には、湯の成分が、このように付いている。(ネットの写真)
※ 湯の成分が、山を作ることも。(北海道ラジウム温泉の昔)

湯から上がって、ロビーを撮影させてもらった。 どこもここも、清潔。
いい湯で清潔だったら、露天風呂やサウナが無くても、魅力は十分。

右の写真のミカンをいただいた。 
受付の人は、鹿児島人だなって感じる、ホンワリとした人。 これも、十三奉行温泉の、大きな魅力。

13年2月17日 (21)   13年2月17日 (22)

どうして、じゅさぶろ、と読むのか、聞くの忘れた。 

13年2月17日 (23)

体も心も、ポッカポカ。 いい温泉でした。

【その他】
カセットガスを使うストーブを買いました。
電気がなくても、使えます。

10分ほど使うと、車の中は、暖かくなります。
1本のカセットガスで、200分使えます。

酸欠になったら、自動消火。
玄関のところに、板を渡して、そこに置きます。 板は、折りたたんで仕舞う。

ストーブの真ん中は、赤くなる。
火を見てるのは、楽しい。

13年2月17日 (24)

【今日の歌】  曲名は、Canción Del Mariachi。 歌ってる人は、エレナ(ELENA)。
        明日もこの曲。 別の人。 いい。



【停泊場所】   AZの駐車場。

【明日の予定】  長島に戻って、北薩摩方面へ。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行 2位、 旅行全体 5位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/954-351c03f5

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 藤川天神、臥龍梅。  田舎の小さな温泉、十三奉行温泉。~阿久根市・出水市~  他  (2013/2/17)
  • 2013年02月17日 (日)
  • 23時19分33秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。