FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日は上甑(こしき)島を見て、晩にフェリーで、下甑島へ。
民宿に宿泊するけど、こんなのは、初めて。

自転車で、上甑島を走った。
天橋立のような、珍しい風景があった。
    ※    ※    ※    ※

11時25分出発。 里港着は、12時40分。 1時間15分。
フェリーが大きいので、それなりの島かなって。

13年1月19日 (1)

串木野港を出た。 
甑島は、薩摩川内(さつませんだい)市だけど、船は、そこから出ていない。

13年1月19日 (2)

1時間ほど経ったら、このように見えてきた。

13年1月19日 (3)

遠くに、下甑島。  上甑島の右。

13年1月19日 (4)   13年1月19日 (5)

着いた。 車が見える。 島の人が置いて、島を出ている。

13年1月19日 (6)

今、12時40分。 出るのは、18時05分。  自由に動けるのは、5時間ほど。

13年1月19日 (7)

交差点を左に行ったら、観光案内所。 自転車を借りて、右に行く。

13年1月19日 (8)   13年1月19日 (9)

右から出発。 上に行って、左に行って、戻る。  

13年1月19日 (50)

フェリーターミナルは、こう。

13年1月19日 (10)

普通の家なのに、武家屋敷のような石垣。

13年1月19日 (11)

長い坂が見えてきた。

13年1月19日 (12)

上の写真からここまで、20分。 坂を登りきった。 いっぱい汗をかいた。 押した時もある。
※ アシストの使い方が、まだよく分かっていない。

展望台が見えた。

13年1月19日 (13)

長島の社長さんが、これがいいと言ったのが、これ。 長目の浜。
殿様が「眺めの浜」とまず言った。 それが、長目の浜になった。 長い目に見えるからか。
 ※ これは、冗談だけど、池の名前は、なまこ池。(なまこがいるので)
   だれかが、なまこ池を、間違って、まなこ池と読んだ。
   まなこは、目のこと。 それで、長目の浜。

13年1月19日 (14)

少し行くと、このように。  手前に、鍬崎池(くわさきいけ)

13年1月19日 (16)

上の写真の左は、このように。

13年1月19日 (15)

鍬崎池には、下の説明で、大鰻(おおうなぎ)がいると云う。
        ※ 池田湖で見たオオウナギ。 長さ170cm、胴回り60cm、直径19cm。     
貝池には、赤色のバクテリアが棲む層があるという。 それが底に見える。 

13年1月19日 (17)

波が砂を集めて、細い陸地を作った。 砂州(さす)って云う。
天橋立が有名。

遠くに、出発点の港が見える。  
あそこも、細い陸地が、左の島とをつなげた。  陸繋(りくけい)砂州と呼ばれ、トンボロとも。

13年1月19日 (18)

半島のように出ているので、長崎鼻。 道が見えるけど、行かなかった。

13年1月19日 (19)m

なまこ池の先っぽまで来た。 ここで、戻る。

13年1月19日 (20)

波が砂を集めて、このように。 細く見えるけど、幅50㍍。  長さは、4㌔。

13年1月19日 (21)

なまこ池の浜に降りてみた。 水はm海のように見える。 沼の感じではない。
長目の浜への道は、里の市街地側にあったよう。 この時は、分からなかった。

13年1月19日 (22)

この後、反対側の海の、内浦湾の奥に出た。  浦内地区。

13年1月19日 (23)

屋根の低い家が多い。

13年1月19日 (24)

以前は、浦内小学校があった。 右は、真珠の養殖について。 今も行われている。

13年1月19日 (25)   13年1月19日 (26)

この後、トンネルを抜けて、中甑湾に出てきた。

13年1月19日 (27)

甑大明神橋を見に行く。

13年1月19日 (28)

展望台の上から。  橋は、上甑島と中島を結んでいる。

13年1月19日 (29)

向こうは、中甑漁港。 帰りは、あそこを通って、山越え。

13年1月19日 (30)

下甑島。 今晩、行く。

13年1月19日 (31)

橋まで来た

13年1月19日 (32)

岩場をすり抜けるように、橋は向こうに伸びている。
行こうか迷ったけど、時間が心配で戻った。

13年1月19日 (33)

離れてから、橋を見た。  左に見えるのは、鹿の子大橋。
島には、カノコユリが咲く。 それでこの名前。

13年1月19日 (34)

大きくするとこう。 長さ240mのアーチ橋。
北海道にある、タウシュベツ川橋梁に似ている。

13年1月19日 (59)

通ってきた、中甑のまち。

13年1月19日 (35)

里に戻る山越え。

13年1月19日 (36)   13年1月19日 (37)

展望台から、橋が見えた。

13年1月19日 (38)

峠を越えた。 左への道をさっき行った。

13年1月19日 (39)

後は、ずっと下り。

13年1月19日 (40)

里に戻って、武家屋敷跡。

13年1月19日 (41)   13年1月19日 (42)

ここも、石は丸っこい。

13年1月19日 (43)


13年1月19日 (44)


13年1月19日 (45)


13年1月19日 (46)


13年1月19日 (47)


13年1月19日 (48)


13年1月19日 (49)

13年1月19日 (51)


13年1月19日 (52)


13年1月19日 (53)


13年1月19日 (54)   13年1月19日 (55)   13年1月19日 (56)


13年1月19日 (57)   13年1月19日 (58)

【宿泊場所】  民宿「道」

【明日の予定】  下甑島を。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、13年1月19日 (60) 旅行全体 1位です。13年1月19日 (61)

                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

民宿

民宿での宿泊はいかがでしたか。宿では新鮮な魚がたらふく食べられたことでしょう。今の時期、どんな魚が旬でしたか。

Re: 民宿

民宿の料理は、量が多い。
全部は、食べられなかった。
美味しかった。

聞かない名前の、マグロだったかな。
鮮度が落ちやすいので、島でなければ、美味しいのは食べられないとの説明が。
イサキだったかな。 煮たのがあった。
そのあらで作った、味噌汁。 いい味。

旅に出て一人で泊まったのは、初めて。
たまに、いいかなってね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/871-82efe4f7

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 薩摩半島の30㌔沖に浮かぶ、甑(こしき)島列島。  上甑島の長目の浜、他。~薩摩川内市~  他  (2013/1/19)
  • 2013年01月20日 (日)
  • 06時56分11秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。