FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

「八日目の蝉」が、小豆島で撮影されたと聞いていた。
でも、どこでの撮影なのか、考えていなかった。
今日行った、中山の千枚田でも、撮影されていた。

農村歌舞伎の舞台を、2つ見た。
びっくりするような面白い話なのか、知りたいし、見てみたい。
    ※    ※    ※    ※

    寒霞渓(かんかけい)と云う、有名な渓谷がある。
       ※ 瀬戸内海国立公園は、日本で最初に指定された国立公園。(他の2つと)
         その中心的存在が、寒霞渓。
    ロープウェーがあるが、それに乗らないで、上に行って下りて来たい。
    予定していたが、動き出したのが遅かったので、行けなかった。
    近々行ってこようと。

中山の千枚田を見ることに。

途中に、小豆島大観音。 大きい。  高さは、はっきりしない。 50数㍍。

12年12月6日 (2)

これも、行かなければならない。  右は、岡山県の前島から見た、小豆島大観音。  望遠で撮影。

12年12月6日 (3)   12年12月6日 (1)

 ※ 牛窓町 前島を歩いてみました。   他  (2009/12/6)

最初に、肥土山農村歌舞伎舞台を見る。   ※ ひとやま のうそんかぶき ぶたい。



見るところが、いっぱい。  全部見なかった。  また行くか。
虫送りって、何だろう。

12年12月6日 (4)

ここで歌舞伎をする。 地域の人で。 みんな素人。

12年12月6日 (5)

江戸時代に、始まっている。 古い歴史。
建物は、国指定の重要有形民俗文化財。 価値がありそう。

12年12月6日 (7)

YouTubeで見たら、大きな人形を操っているのや、人だけのもある。
例えば、下のようなの。



話の内容を知りたいが、分からない。

横から見たら、こう。

12年12月6日 (8)

歌舞伎は、話してる言葉が、分からないときがある。
だから、話の内容をちゃんと知った上で、一度見てみたい。

この蔵には、衣装が仕舞ってある。

12年12月6日 (9)

こういうのを見ると、苦しい生活をして生きていた、江戸時代や明治の人たちは、ただ生きるだけでなく、
文化を作り上げ、人生を楽しんでいたと、分かる。
先人を思うとき、何か、ほっとする。

歌舞伎の舞台の、裏の道。  遠くに、大観音。

12年12月6日 (6)

※ 上の道での、虫送り

  調べてみたら、虫送りの行事は、虫を追いやって、その年の豊作を祈願する行事。
  肥土山地区では、約350年前から続いている。 日本で何箇所かはあるよう。

少し走って、中山の千枚田の案内。

12年12月6日 (10)

ここに、車を停めて。 左上に、棚田。

12年12月6日 (11)

案内板のそばに、舞台があった。  

12年12月6日 (33)

中山農村歌舞伎舞台。

12年12月6日 (12)

※ こんな感じでやる

演目は何なのか、どんな内容なのか、ネット上では、なかなか見つからない。
ただ、「白浪五人男」と云うのも演じていることが、分かった。
どんな話なのか、詳しく載ってるサイトがあった。
それを紹介。

「白浪五人男」のあらすじは、下をクリック。

 54555rtt.jpg

人形浄瑠璃も神楽も、話が面白くなければ、つまらない。
徳島で見た、傾城阿波の鳴門 「巡礼歌の段」の話は、飛びぬけた面白さだった。

   ※ 涙を誘う 人形浄瑠璃 傾城阿波の鳴門 「巡礼歌の段」 ~県立阿波十郎兵衛屋敷 徳島市~  他  (2010/12/28)

山の上に向かって、細い道を歩き出した。  

12年12月6日 (13)

来年に向けて、おこした所もある。  冬なので、美しい緑は無い。

12年12月6日 (14)

※ 夏は、このように

石だらけの所に、田んぼを作った。 どんな工夫で水が逃げないのか、不思議。
後で、地元の人が、教えてくれた。

12年12月6日 (15)

田んぼは、山の頂上には作れない。 
どこからも、水が流れて来ない。 頂上に滝がないのと同じ。

ただ、湧き水とか、水さえあれば、どんな高さにだって、昔の人は作った。
米は、貴重だった。

12年12月6日 (16)

棚田の一番上に来た。 その上に、神社とお寺。 神社には、湧き水があった。

12年12月6日 (17)

一番上の田んぼから。 これが、中山の千枚田。 広い。
左の森の縁に道があって、そこを登ってきた。

12年12月6日 (18)

映画「八年目の蝉」の一部。 上の写真の、右の方で撮影かなと。 (動画から、頂いた)

66565ttt.jpg

※ 中山地区では、映画が撮影されたのがきっかけで、虫送りの行事が復活した

神社の下に、湯船の水。   ※ ここの山は、湯船山。

12年12月6日 (20)

○の所から出ている。  湧水。 名水百選。 

12年12月6日 (19)

※ 写真の後、飲もうと思っていたが、忘れた。 
  カメラの調子が少し変なので、それを気にしていた。
  他の事を考えたら、その前のことが、どこかに。

※ カメラのシャッターを押すと、モニターに映っていたより、暗くなる問題。 
  以前もたまにあったが、このところ、しょっちゅう。
  カメラを、買ったときの状態に戻しても、ダメ。
  逆光のときに、なりやすい。
  そのうちに、直ってくれればいい。
  今日の写真の切れ味が、良くない感じもする。

湧水の近くから、撮影。

12年12月6日 (21)

上の写真の右に、遍路道がある。 少し下って、家並みを撮った。

12年12月6日 (22)

上の写真のどこかで、下が撮影された。(動画から、頂いた)

555trtty_20121207041316.jpg

下には、歌舞伎の舞台。  神社もある。

12年12月6日 (23)

村の鎮守の森、の感じ。 
村の鎮守の神様の、今日はめでたい御祭日、ドンドンヒャララ、ドンヒャララ~~って歌う唄を思い出す。 

12年12月6日 (24)

遍路道。

12年12月6日 (25)

中山湯船の水、共同洗い場。

12年12月6日 (26)

水道の無い時代は、きっと、にぎわった。

12年12月6日 (27)   12年12月6日 (28)

人がいたので、しばらく話した。 
今も洗っているのか、それは、聞き忘れた。

12年12月6日 (29)

田んぼの水がどうして逃げないかを聞いた。
水は、石垣の方に逃げやすい。 こんな工夫。
石垣の内側には、粘土の部分がある。 粘土は、水を通さない。

どこから粘土を持って来たかを聞いた。
先祖がやったから、分からない。 
何百年も前から、田んぼはあった。

石垣を直していた。 難しい仕事。
ただ、今は、石が崩れないように、コンクリートで固めてしまう。

12年12月6日 (30)

車道を歩いて戻った。 どこにでも、石はあった。

12年12月6日 (31)

切り株から、新しい稲が生えている。 
水は無いけど、春のよう。
 ※ 四国や九州では、二期作が出来る。 
   昔の人は、下の姿を見て、二期作を思いついた云う。

12年12月6日 (32)

農村歌舞伎を、どこかで見てみたい。
また、八日目の蝉も見たこと無い。
いつか借りて見てみる。
 
井上真央の表情は、他の俳優と、一味違う。 
いいなって思うかな。

【動画】   今日見たところの、空撮です。



【今日の歌】  この子は、メロディ・ルイスの曲を歌うことがあるので、ここに。
        現在は、この動画から3年経っている。 ちゃんと、成長しているようです。



【道の駅】  小豆島ふるさと村



【明日の予定】  この近くでしょうか。 大観音か。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、111123452.jpg  旅行全体 2位です。777896.jpg

                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/831-730d7094

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 肥土山農村歌舞伎舞台。  八日目の蝉の舞台になった、中山の千枚田。~土庄町・小豆島町~  他  (2012/12/6)
  • 2012年12月07日 (金)
  • 03時47分30秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。