FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

紅葉の季節は、土日関係が無いのか。
鞍馬も貴船も、人であふれていた。

鞍馬は義経、貴船は和泉式部。
人気の2人が、観光地を盛り上げていた。
    ※    ※    ※    ※

貴船、鞍馬、そして、大原は、京都の北の山の中。   洛北と呼ばれる。 ※ 洛は、都のこと。



鞍馬駅に行く。 亀岡からは遠い。 電車を3回乗り継ぐ。  今日は、出費がかかる。
叡山電車 鞍馬線。   

12年11月21日 (1)

鞍馬駅は、団体の人で混んでいた。 この時3時半。 帰る人が多い。

12年11月21日 (2)   12年11月21日 (3)

駅を出たら、すぐこの場所。 鞍馬は、鞍馬寺の門前町。 道は、鞍馬街道。

12年11月21日 (4)m

鞍馬寺、仁王門。 ここで、入山料200円。 
山越えして貴船に行くと言ったら、1時間半はかかるよ、って言われた。
灯りは無いから、明るいうちに着いてね、とも。

12年11月21日 (5)

急ぎ足で歩くことにした。 

ここは、由岐(ゆき)神社。 変わった建物。 真ん中に、石段がある。 

12年11月21日 (6)

この人、私のスピードで、上がってきた。 運動しているのか。
 ※ 本堂まで行くって、この後、教えてくれた。  

12年11月21日 (7)   12年11月21日 (8)

「近うて遠きもの・・・くらまの九十九折りといふ道」
清少納言が枕草子で、こう書いた。

九十九折りの道が、続く。 ※ つづらおり。

12年11月21日 (9)

本堂手前の、石段。 紅葉がいい状態。

12年11月21日 (10)   12年11月21日 (11)

義経は、その前は、牛若丸。 小さい時は、遮那王(しゃなおう)。
7歳から10年間、この山で修行する。
文武両道で。

鞍馬寺の本堂である、金堂。

12年11月21日 (12)

ここから、山越えの道になる。 途中に、奥の院、

小さな建物は、与謝野晶子が東京で住んでた家。 移築したもの。
鞍馬寺の初代管長さんは、与謝野晶子の弟子だった。
そんな関わり。 彼女もよく来た。 今日、歌碑に出会わなかった。

12年11月21日 (13)

義経の背比べ石の場所に着いた。  このように小さな石がある。(以前来たとき撮影)

背を比べた後、平泉に向かった。  ※ 義経は、坊さんになるのは、いやだった。
どんな気持ちで、ここを離れたのか。
 
義経の波乱の人生が始まる。

12年11月21日 (14)

上の直ぐそばに、木の根道。 岩が硬いからか。 土が少ないからか。 根が飛び出している。
鞍馬の山越えの道の、特徴。 他にもある。 
もしかして、人が歩いたから、こうなったのか。

この辺りが、一番高い。  ここまで、30分。 時間は、大丈夫。

12年11月21日 (15)

義経は、鞍馬寺の中でも、おもに、ここで修行していた。
建物は、僧上ヶ谷不動堂。

12年11月21日 (16)

義経がなぜ鞍馬寺に来たのか。 それは、父の義朝と鞍馬寺が、関わりがあったからのよう。
なぜ、平泉かは、母の常磐御前の新しいと嫁ぎ先と平泉が、関係あった。
雑な説明ですが、こんな感じ。

小さな、義経堂。

12年11月21日 (17)

山道を、タッタと下る。  前夜雨なので、滑らないように。

12年11月21日 (18)

奥の院。

12年11月21日 (20)   12年11月21日 (19)

一気に山を下りた。 左の写真のところに、出た。 貴船。 1時間で着いた。
         ※ 地名の貴船は、きぶね、とにごる。
         ※ 貴船神社は、水の神様。 きふね神社と、にごらない。

12年11月21日 (21)   12年11月21日 (22)

少し歩いたら、この場所。 ここを上がると、貴船神社。

DSCF1969ppkpkp.jpg

灯篭の灯りが、この後、少しずつ目立ってくる。

12年11月21日 (23)

左から来ると、この場所に。 右上に拝殿。

12年11月21日 (24)

絵馬発祥の地だと云う。 だいたい、認められているよう。 ※ 古いことだから、真実は、誰も知らない。

12年11月21日 (25)

おみくじは、水に浮かべたら、大吉とかが、浮かび出てくる。
貴船神社のおみくじの特徴は、「大凶」があること。

大凶だったら、信じている者にとっても、そうでない者にとっても、ショックは大きい。
縁結びの神なのに。

12年11月21日 (27)   12年11月21日 (26)

下の道に、続く。

12年11月21日 (28)

奥の宮に、道は。 和泉式部が歩いたこの道は、和泉式部恋の道。

12年11月21日 (29)

12年11月21日 (30)   12年11月21日 (31)kk

道の上の小さな灯篭が、もみじ灯篭。

12年11月21日 (32)

左に上がると、結社(ゆいのやしろ)。
木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)に関わる、縁結びの神。

※ 木花咲耶姫は、山幸彦を生む。 その孫が、初代天皇の神武天皇。 神話の世界。
  旅をしていたら、よく、木花咲耶姫に出会う。

DSCF2012っぽpp0p

木花咲耶姫の縁談はうまくいくが、姉がうまくいかなかった。
それを悲しんだ父が、誰もが良縁をと願って、この神社をつくった。
姉の話も、有名。

手前の石は、船のよう。

12年11月21日 (33)

和泉式部の歌碑。 彼女も貴船にやってきた。 夫との仲が、うまくいかないので。

12年11月21日 (34)

 「もの思へば 澤のほたるも わがが身より あくがれいずる 魂(たま)かとぞ見る」  

跳ぶホタルが、自分の体から抜けた魂に見えた、と詠んだ。
自分は今、抜け殻のようだと言っている。

この歌の魅力は大きく、多くの人を、貴船に引き寄せる。

12年11月21日 (35)    12年11月21日 (36)

和泉式部の代表作に、こんなの。(百人一首)
 「 あらざらむ この世の外の 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな 」

  ※ もうすぐ私は死んでしまうでしょう。 
    あの世へ持っていく思い出として、今もう一度だけお会いしたいものです。

  ※「逢う」は、会って顔見て、はいさようなら、って云う会うでは、もちろんない。
    あたりまえか。

※ 大江山 いく野の道は遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ~生野の道、細野峠~   他  (2010/5/18)

※ 新京極の誠心院にある、彼女の墓

さらに恋の道を歩いて、ここは、奥の宮の入り口。

12年11月21日 (37)

長い参道。 もみじ灯篭が並んでいる。

12年11月21日 (38)

灯篭の上には、紅葉の葉っぱ。

12年11月21日 (39)

ここでお願いしたら、みんな戻る。 貴船の一番奥。
私も、何をって訳ではないけど、お願いした。

12年11月21日 (40)

いつの間にか、真っ暗。

12年11月21日 (41)

そうそう、川は、鴨川の上流。 ※ 高野川と分かれた後は、加茂川かな。

12年11月21日 (42)

※ この二人は、何度か写真に入ってくる。 どこで入っても、大丈夫。

  ただ、今日は急いでいたので、人の動きを待たないで撮った写真が、多かった。
  そのため、使えない写真が、たくさん出てきた。 

12年11月21日 (43)

ここから、下りてきた。 また上る。

12年11月21日 (44)

こっちから、下りる。

12年11月21日 (45)

今日は、お月さんが見える。  昨夜は、どこに行ってたんだろう。

12年11月21日 (46)

最初に通った門。

12年11月21日 (47)

バス停に向かった。 川にも、灯篭が。

12年11月21日 (48)

少し離れたところに、宿が集まっている。

12年11月21日 (49)

今、6時。 人は、まだまだやって来る。

12年11月21日 (50)

貴船口駅。

12年11月21日 (51)

電車の前に「貴船もみじ灯篭」。

12年11月21日 (52)

貴船は、全体をライトアップしている。
そんな感じでしょうか。

私の好きな京都のベスト3に、貴船は入る。
紅葉の時期、桜の時期、蛍の時期は、貴船は特にお勧めですね。

【今日の歌】  以前から、中島みゆきと和泉式部が、重なることがある。 どうしてかな。
                       (こう思っている人は、他にもいた。 あるサイトで)


おまけで、これも。  ※ この曲を中島みゆきが歌っている音源は、見つからない。 無いよう。
彼女は、こんな詩も書く。



【道の駅】  ガレリアかめおか

【明日の予定】  近くの山の中の紅葉かな。 時間があれば、京都に出るかも。 気になるところが。

         東風さんが長野から、金曜日の早朝にやってくる。
         東山を見ることにしているので、それで、今まで行ってない。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、12年11月21日 (54)  旅行全体 1位です。12年11月21日 (53)

                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/816-e377f826

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 貴船もみじ灯篭。 和泉式部恋の道。  牛若丸 修行の地、鞍馬寺。~京都市~  他  (2012/11/21)
  • 2012年11月22日 (木)
  • 07時08分07秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。