FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

頼朝や義経の父は、源 義朝(よしとも)。 義朝には弟がいた、義賢(よしたか)。
義朝は、義賢と合わなかった。 義朝は、義賢を急襲し、殺してしまった。
兄に殺された弟の義賢には、2歳になる子供がいた。 駒王丸。

子供を生かしておくと、いつか復讐される。
義朝は、駒王丸を見つけて、殺すことにした。
その仕事を、家来の、畠山重能(しげよし)に命じた。     

重能は、駒王丸を探し出した。 さあ殺そうと、剣を駒王丸に向けた。
しかし、幼い子がしのびなく、躊躇した。 殺せなかった。
駒王丸を、斎藤実盛(さねもり)に託した。 実盛も、義朝の家来。

実盛は、駒王丸を殺さなければならない。
ところが、この実盛、実は、この子供の父である、殺された義賢の家来だったことがある。
その恩を忘れていなかった。

子供を抱いて、密かに、上野(こうずけ)の国を出る。  ※ 現在の群馬県辺り。
向かったのは、木曽の山の中。 木曽谷。
その土地の豪族、中原兼遠(なかはらの かねとう)のもとに届けた。
駒王丸は、助かった。

なぜ、木曽谷に来たのか。
駒王丸の乳母は、兼遠の妻だった。
それを頼って、やってきた。
来たことは、極秘の中で、育てられた。

2歳だった駒王丸は、やがて逞しく成長する。
そして、木曽義仲となる。           (ここまでの文、Wikipedia を参考に)

※ マンガの中の義仲。 女の子は、巴御前。

mannga7678.jpg

なお、巴御前(ともえごぜん)は、育ててもらった、兼遠の娘。

今日は、義仲が育った地を、歩く。  巴淵(ともえぶち)へも。

中仙道宮ノ越宿は、木曽町日義にあり、木曽義仲の里。  ※ 昔、木曽谷と呼ばれた地。
木曽義仲の名前は、本来 源義仲で、義経とは従兄弟(いとこ)。

義仲は、この地で旗揚げしたと、言われている。
    ※    ※    ※    ※

ここ数日、この近辺を歩いている。
宮ノ越宿と云われる所。 住所は、木曽町日義。 ややこしい。



基礎義仲について知っていることは、倶利伽羅峠の戦いで平氏の大軍を破ったこと。
そして、平氏でなく、頼朝や義経の軍に追われ、お終い。
それだけでしょうか。 最後の敵は、平氏ではなかった。

義仲館は、月曜日で閉まっていた。

12年11月13日 (1)

左は、巴御前。 普通の像でしょうか。 悪くない感じ。 少し、記念撮影みたい。
  ※ 今まで見てきた、檮原(ゆすはら)の維新の門の像御宿海岸の月の沙漠の像、などとは違う。

12年11月13日 (2)

義仲はどこの人間だとなったとき、木曽の日義と言って、問題はないようだ。
だから、木曽義仲と呼ばれる。

今日は、下の地図を、時計回り歩く。 右端から。

RIMG0138pppp0pp

徳音寺の前に、歌碑があった。 YouTube にはない。
義仲に対する、人々の想いが分かるかなと思って・・。

12年11月13日 (3)

※ 上は、こう書いてある。

   木曽の松風日義の里に
   若き血潮が吹きあげる
   平家伐たんと義仲公よ
   燃えし精魂今いずこ
   治承四年春弥生

   若名御前や帰らじの旅     ※ 若名御前は、義仲の母。
   神の情けの儚さは
   歴史の跡を木曽川端に
   一つ葉繁る観音堂
   八百余年夢はるか

   雨の横吹き若葉が一つ
   悲恋に散りし語り草
   悠久挽歌ちらちらしびれ
   しのぶ昔を川が知る
   美濃の哀歌よ地蔵尊

義仲は、天下を取ろうとしたのか。
しかし、頼朝や家康のように、余程 強(したた)かでないと、たいへん。

正面に、徳音寺の山門。 木が邪魔だけど、花が咲いたらこうなる

12年11月13日 (4)

今日は、こういうのは、みんな読むことに。

12年11月13日 (5)

義仲が死んだ後、菩提寺として建てたとある。

12年11月13日 (6)

本堂。 巴御前の像。 巴御前は、この地の人。

12年11月13日 (7)

像としていいのか悪いのか、分からない。 
巴御前が、どんな人だったのか、彼女の何かが伝わってくるといい。

12年11月13日 (9)

伝説。 この岩は、巴ヶ淵(ともえがふち)にあった。  ※ 巴淵(ともえぶち)とも、呼ぶ。
巴御前が、巴淵の岩に、馬の蹄(ひづめ)で穴を開けたとある。

12年11月13日 (8)

本堂の後ろに墓があった。
義仲の墓は、滋賀県大津市馬場の朝日山義仲寺にあるが、ここの墓も認められている。

12年11月13日 (11)

中央奥が、義仲。 手前、左から2番目が、巴御前。 他は、四天王とか言ってる義仲の家来。 

12年11月13日 (12)

説明。

12年11月13日 (14)    12年11月13日 (13)

墓から下を見た。 左に本堂。

12年11月13日 (15)

上の写真の右のお堂に、義仲の像。 文化財的に、価値のあるものではなく。

12年11月13日 (10)

お寺に、資料館があった。

12年11月13日 (16)   RIMG01320090

義仲や巴御前は人気があるから、後の世に、たくさん描かれる。

RIMG0134pp09   12年11月13日 (18)

巴午前が書いたもの。 本物のよう。

12年11月13日 (17)

こう書いてあって、その意味も。  むずかしい。

12年11月13日 (20)   12年11月13日 (19)

巴御前は、こんな人。

  56543tomoe.jpg

京都の、時代祭りでの、巴御前。 



左は、義仲の館跡から見つかったとある。  右は、この寺の和尚が信玄からいただいた、とある。

12年11月13日 (22)   12年11月13日 (21)

巴淵に向かった。 中仙道を歩いている。

12年11月13日 (24)

何だろう、 変形したピーマンのよう。

12年11月13日 (25)

山里の道。 歩きたくなる道。 
花がそよ風に揺れていたら、挨拶してくれてるように・・。

12年11月13日 (26)

巴淵は、橋の右側です。 橋の向こうから来た。 橋にも、人はいた方がいい。

12年11月13日 (34)

橋の向こうに、湧き水が。
巴御前は、龍の化身だとある。

12年11月13日 (27)   12年11月13日 (35)

巴淵は、1年の中で、今が一番美しい。 深い緑色。  

12年11月13日 (33)

謡曲「巴」のこと。 ※ YouTube にあるのですが、撮影が良くない。

12年11月13日 (29)

伝説の中に、ほんの少しでも、真実はあるのでしょうか。 気になります。

12年11月13日 (31)

12年11月13日 (32)

「 粟津野に 討たれし公 の 霊抱きて 巴の慕情 淵に渦まく 」
     ※ 粟津野は、琵琶湖のそばの大津市に。 義仲は、ここで死んだ。

12年11月13日 (30)

橋から、下流を。

12年11月13日 (28)

5分ほど歩いて、南宮神社。

12年11月13日 (36)

戦勝祈願したとある。
倶利伽羅峠の戦いで、平氏の大軍を破った時も、ここに来たのか。

12年11月13日 (37)

更に歩いて、旗挙八幡宮。 この辺りに、義仲の城があったとある。
戦場には、ここから出発と。  
   ※ ここから出発はいいようだが、城は他でないかとの説がある。

12年11月13日 (38)

樹齢800年の巨木。 義仲が植えたかも知れない。

12年11月13日 (39)

27歳で挙兵。 亡くなるのは、31歳。 4年間で、歴史に名を残すことになる。

12年11月13日 (40)

※ 義仲のマンガです。 分かりやすい。 時間のあるときに。
  子供のときのは、最初に出てきます。



宮ノ越宿が見える。 向こうに帰る。 昔の面影は、部分的にしか、残っていない。

12年11月13日 (41)

戻ってきた。 突き当たりに、徳音寺があった。

12年11月13日 (42)

今日は、木曽義仲と巴御前の里を歩いた。

2人については、何も知らなかった。
少しだけ、分かったでしょうか。


【今日の歌】  百万本のバラは、いろんな人が歌うことになる。 1曲ずつ紹介。
        その中で、彼女が歌うのが、いいなと思う。



【道の駅】  木曽福島 

【明日の予定】  上松宿の辺りか。

         ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行は1位、12年11月13日 (44)  旅行全体で2位です。 12年11月13日 (43)
         
                気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。  
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/807-a1becc4e

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 木曽町日義は、木曽義仲が育ち、旗揚げした地だった。 また、巴御前の生地でも。~木曽町~  他  (2012/11/12)
  • 2012年11月13日 (火)
  • 05時08分17秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。