キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

木曽といわれる地域の中心は、どこなんだろう。
それは、今日歩いた木曽町かなと思う。
木曽の御嶽山が目の前で、木曽節もこの町から広まった。

木曽町の市街地は、福島地区にあり、そこに福島宿はあった。

塩を使わない、乳酸発酵の漬物「すんき」を、初めて食べた。
すんきは知っていたけど、木曽の名産だったと、初めて知った。
    ※    ※    ※    ※

福島宿は、御嶽山と木曽駒ケ岳の間にある。 このことでも、山深いと分かる。



谷の上の駐車場から、歩き出した。 
   ※ 福島宿に広い駐車場は、ない。 早朝に来ていた。
橋の下で、若い男の人が、ダンスを踊っていた。 いつまでも。 川は、木曽川。

12年11月11日 (1)

車道を向こうから、歩いてきた。 この細い道は、後で上から下りてくる。

12年11月11日 (2)

この場所が、福島宿の出発点。 この後、右向こうの斜面の道を上る。  ※ 写真は、最期に撮影したもの。

12年11月11日 (42)

現在地からスタート。 右から左へと。

12年11月11日 (4)

観光案内所が分からないので、地図はない。 上で見たのを覚えて、だいたいで歩く。

この坂の上に、島崎藤村の姉が嫁いだ家がある。
藤村自身は、馬籠(まごめ)宿で生まれた。 もっと南。

12年11月11日 (3)

藤村の詩に、「初恋」がある。



姉の嫁ぎ先の家は、高瀬資料館に。 藤村に関しては、馬籠宿で見ているので、入らない。
横を通って、関所跡に。

12年11月11日 (5)

関所資料館の紅葉。 関所に関係のある建物は、残っていない。
福島宿は、4大関所の1つと云われる。。  
       ※ 他の3つは、箱根、碓氷(群馬県と長野県の間)、新居(浜名湖の西)。

12年11月11日 (6)

関所跡。  柱をのせる、礎石(そせき)が残っていた。

12年11月11日 (7)

左の道を来て、下に行く。 この頃から、今日は、ずっと雨。

12年11月11日 (8)

橋を渡って、ここは、山村代官屋敷東門跡。

12年11月11日 (9)

石垣の石に、文字が刻まれていた。 江戸時代のもの。 尾張藩主の、家臣がここに留まった時に。
 「 俎板(まないた)のなる 日はきかず かんこ鳥   也有  延享二年 」

俎板の音が聞こえないというのは、貧しいということかな。

12年11月11日 (10)   12年11月11日 (11)

山村代官屋敷。

12年11月11日 (12)

ここで間違って、橋を渡ってしまった。 案内にあった道は、川の向こうを歩く。
見える建物は、木曽郷土館。  このときは、分からない。

12年11月11日 (13)

お店の、ショーウィンドウ。  郡上八幡で見た猫踊りは、こんな風に踊った。 若い女性が。

12年11月11日 (14)

いい感じ。 この地の当主の家を復元。

12年11月11日 (15)

一番の目的地に入ってきた。 上の段(うえのだん)と呼ばれる所。 古い町並みが残っている。

12年11月11日 (16)

旧中仙道の道。 昔の雰囲気を再現。 左の休憩所で、少しだけ、雨宿り。

12年11月11日 (17)

福島宿の特徴は、小路が多いこと。

12年11月11日 (18)

メインストリート。 傘をさして歩くのは、嫌いじゃない。

12年11月11日 (19)

向こうから、上がってきた。

12年11月11日 (20)

横からの道。 いい感じで、女の人が歩いてきた。 うれしい。 チャンスです。
傘をさしているのが、またいい。 数枚撮った。  道には、人が似合う。
撮影の後、まだ遠くのその人に、お礼の意味で、かるくお辞儀をした。
      ※ 坂道にも、人は似合う。(国東半島 坂道の城下町 杵築(きつき)市

12年11月11日 (21)

晴明社の前に、説明が。  ※ 写真を撮り忘れた。 こうです。(Wikipedia)

12年11月11日 (22)

晴明社のすぐ奥に、観光文化会館(まつり会館)があった。 入った。
ここで、地図が手に入った。

木曽節を世に広めたには、町長を務めた伊東淳(いとう・すなお、1876年-1942年)と云う人だった。

12年11月11日 (24)

木曽節。 民謡は本来、こんな歌い方だったのでは。 
  ※ 今は、声を張り上げる人が、多い。 
    南部牛追い歌を YouTube で探したとき、いいのが見つからなかった理由は、上。 
         ※ 南部牛追の面影を追って、早坂峠の旧小本街道を歩いてみた。~岩泉町~  道の駅三田貝分校  (2012/10/13)

船を3人で漕(こ)いだとき、真ん中を「中乗り」と云ったそう。



写真は、昭和17年。 何もない時代でも、祭りだけは楽しんだ。

12年11月11日 (25)   12年11月11日 (23)

お店の名前は、「竈炙ビストロ松島亭」。 この時は、読めなかった。
調べたら。 竈炙は、かまあぶり。 ビストロは、小さなレストラン。
ここは、イタリア料理店だった。 ピザは、きっと、かまどであぶって、焼く。

12年11月11日 (26)

こうやって撮って喜んだ。 そうしたら、Wikiepdia の福島宿に、同じ写真があった。 
誰もが考えるレベルだった。

12年11月11日 (30)

説明があった。 この奥に真理姫の墓があるという。 

12年11月11日 (27)   12年11月11日 (28)

この奥です。 寺門前小路。 歩きたくなる。

12年11月11日 (29)m

大通寺。

12年11月11日 (31)

真理姫は、武田信玄の三女。 母は違うが、兄に勝頼がいる。
木曾義昌に嫁ぐ。  昨日のブログの鳥居峠で、勝頼をやっつけたのは、義昌。

12年11月11日 (32)

真理姫は、義昌が信玄・勝頼を裏切って信長に付いたとき、義昌と別れる。

12年11月11日 (34)

本堂。 ドウダンツツジ。

12年11月11日 (33)

町並みの最後。

12年11月11日 (35)

来た道を撮影。  右上に、井戸。

12年11月11日 (36)

昭和の中ごろまで使われた、とある。

12年11月11日 (37)   12年11月11日 (38)

こうです。

12年11月11日 (39)

来た道を戻った。

12年11月11日 (40)

酒屋さん。

12年11月11日 (41)

雨の日は、傘をさして歩けばいい。 
風が強いのは、困るけど。

福島宿は、坂があったり、小路があったり、変化のある町並みだった。

【すんき について】
塩は使っていない、そして、乳酸発酵。 からだにいいですよ。
そんなに酸っぱくもなく、そのままでも、食べやすい。
この地方では、いろんな料理に使う。

醤油をかけて、ご飯のおかずにも、いいそうだ。
焚きたてのご飯なら、他におかずは無いほうがいい。
  ※ 四国の梼原(ゆすはら)の辺りで、そういうご飯をご馳走になった。 五右衛門風呂にも、入って。
    懐かしい思い出。

12年11月11日 (43)   12年11月11日 (44)

濁酒も買った。 すんきと冷奴で、全部飲んでしまった。 720ml。
極楽。 酒は、いやなことをみんな忘れさせてくれる。
※ 悲しい酒で、美空ひばりが、そう言った。 

12年11月11日 (45)


【今日の歌】
ニーナさんの親と、加藤登紀子さんの親は、加藤さんがデビューする前から、親しかった。
両方とも、満州から引き上げる。
ニーナさんが百万本のバラのレコードを出すが、加藤さんのお父さんは、レコードを売るなど助ける。(1983年)
お父さんは、ニーナさんの大ファン。

そんなことがあって、おトキさん(登紀子さん)も、コンサートとかで歌うようになる。
おトキさんも、この曲が気に入って、レコードを出す。(1987年)
百万本のバラは、さらに、全国に広まる。



左は、おトキさん。 真ん中、ニーナさん。 右は、おトキさんのお父さん。
        ※ いつの写真か確認してないが、2人とも若い。(ニーナさんのアルバムから)
        ※ ニーナさんは、ハーフロシアン。 お母さんがロシア人

ykiuiu887.jpg

【道の駅】 木曽福島   福島宿から、数㌔。

【明日の予定】   今いる近くかな。

         ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行は2位、54556666k.jpg  旅行全体で3位です。8988776rr.jpg
          
                気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/806-93ae2f4d

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 街道時代の古い家並みが残る、福島宿を歩く。~木曽町~  無塩乳酸発酵の漬物、すんき。 (2012/11/11)
  • 2012年11月12日 (月)
  • 01時29分36秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。