FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

稚内では、百万本のバラを日本で最初に歌った、ニーナさんに会うことが出来ました。
また、お話しを聞いて、ブログにまとめることも出来ました。
自分としては、十分以上かなと思っています。

快晴の日に、礼文島に行きました。
自転車の乗るだけ乗って、これも満足。

稚内には、8日間いました。
Tさんにお世話になり、楽しく過ごすことが出来ました。

猿払村に来ました。
昔、村では、謎の多い、大きな遭難事故がありました。
少し調べてみました。
    ※    ※    ※    ※

海岸で、コンブを拾っている人がいた。
昨日の嵐で、コンブがちぎれて、浜に寄ってきた。

12年9月5日 (19)

道具を使っていない。 手で獲っている。 ライフジャケットを付けて、波との戦い。

12年9月5日 (20)

※ 別の場所で、干しているのも見た。
  礼文島で見たコンブと似ていて、長くなかった。

あっちこっちで、サケ釣りが始まっていた。 朝は分からないが、昼間は釣れてる様子はない。

12年9月5日 (21)

猿払(さるふつ)公園に来た。 猿払村の中心街に近い。

12年9月5日 (13)

ずっと向こうは、浜頓別、雄武、紋別、そして網走。

12年9月5日 (5)

いろんな碑がある。

12年9月5日 (4)

ホタテ化石群、とある。 初めて見る。

12年9月5日 (6)

確かにホタテ。  4000万年前の古いものだから、貝塚とは、関係ない。

12年9月5日 (7)

松浦武四郎が来ている。  幕末に3回。
3回目は、1858年とある。 何月かは、書いてない。

※ この年の、5月の初めに、根室を出発。 端午の節句の時、羅臼。 (月は、旧暦で)
  その後、知床半島をまわって、網走、紋別と、北上している。
  ここに来たのは、5月末か、6月の初めでしょうか。
                   (5月23日に湧別、と分かったので)
12年9月5日 (8)

リイシリ岳が見えたと、中頃にある。 
魚の名前の「チライ」は、イトウのこと。
 ※ イトウが川を登る頃、フクジュソウが咲く。 
   それで、フクジュソウを「チライアパッポ」と云う。 アパッポ は、花。
   「釣りキチ三平」の漫画で知ったんだったかな。

12年9月5日 (9)

慰霊碑だ。 インディギルカ号とある。

12年9月5日 (10)

昭和14年12月12日、未明。  
この地の沖で、ソ連の船が、浅瀬で横転。
横倒しになった船の上に、人々は、よじ登った。  

  ※ 12月だから、日の出は、6時40分頃。 薄明るくなるのは、6時過ぎ。
    Wikipedia 他、多くの記事が未明とあるが、午前5時頃ではなく、深夜に近い、午前1時半頃。
    時刻が載ってる記事がある。 情報の出どころは、「北の事件簿2 合田一道+一道塾」のよう。                 
船の上で助けを待つが、地元の人の小船では波が大きく、近づけない。

極寒の吹雪の中、人々は助けを待つ。
夜が明け、も一度、夜を過ごして、やっと救助される。

※ まる1日以上、船の上にいる。 どんな工夫で寒さを乗り切ったか、分からない。

船の上の人の数は、大きな波が来るたびに、減っていった。
寒さでも、死んでいく。

助かったのは、429名。 みんな凍傷。
そして、700名以上が、亡くなった。

12年9月5日 (11)

慰霊碑の周りに咲いてた花。

※ 事故については、後ろの方で、再度。

12年9月5日 (12)

少し向こうは、浜鬼志別という地域。
市街地を通り過ぎたら、灯台がある。 灯台の沖、1500㍍が、座礁地点。

12年9月5日 (14)

公園内の施設。

12年9月5日 (15)

パークゴルフ場。

12年9月5日 (17)

道の駅の駐車場。  全てが、広い。 お店も、お風呂も、何でもある。

12年9月5日 (16)

戻って、再び、インディギルカ遭難事故について。

インディギルカ号は、オホーツク海北部のマガダンから、ウラジオストクを目指していた。
途中、宗谷海峡を通って。

  ※ 余計な話  マガダンの左に、赤い○がある。
          その町の名前は、オホーツク。
          オホーツク海のオホーツクは、この町の名前から。

12年9月5日 (2)

宗谷岬に近づいた時、灯台が見えた。
インディギルカ号の操縦士は、二丈岩の灯台が見えたと思った。

ところが、実際は、宗谷岬の灯台だった。
二丈岩だと思っているから、灯台の南に、進んでいった。
    ※ 昔は、ナビが無い。 当たり前だけど。

宗谷岬に近づいた時は、海は大シケになっていた。
これは、灯台を間違った要因になっている。

12年9月5日 (1)

1500㍍程沖にある、トド岩で座礁。 船は、横転。

その後、陸から、800㍍の地点まで、波に押されてくる。

12年9月5日 (3)

※ この日の海は、真っ暗。  雪が降ってるし、月夜でない。

7777777656777.jpg

道の駅の建物の2階に、資料館があった。

インディギルカ号の模型。  長さ80㍍の貨物船。
 ※ れぶんに行く時乗ったフェリーは、長さ95㍍。 あれより、15㍍短い。

この船に、1100人以上が乗っていた。
正確な人数は、船長も分からない。 誰も分からない。 不思議。

12年9月5日 (18)

上の船に、小さなボートが2つ見える。

暗いうちに、1つのボートに10人が乗って、陸(おか)に向かった。
陸地に近づくと、波は、いっそう高くなる。
5人は、船から落ちる。 5人だけ、たどり着く。
民家に助けを求める。
電話はないから、そこの人は、警察に走る。

村中に知れ渡り、大騒ぎとなる。
そうしているうちに、夜は明けてきた。

村の小さな船では、助けに行けない。
試したが、失敗する。 嵐は止まない。

稚内から大きな船が来ることになったが、嵐で出港できない。
出港出来たのは、13日の午前3時。
ここ(浜鬼志別)に着いたのは、午前7時。

来たのは、樺太丸、宗水丸、山陽丸、の3隻。  ※ 樺太丸は、この写真でいいよう。(昭和10年建造なので)

座礁してから、29時間は経っている。
助かった人は、寒さをどうやって凌(しの)いだのか、それが分からない。
驚く。 

下の写真。 
船の上に、人が見える。 子どもや女の人は、真ん中かな。
大きな波が来たら、そのたびに、何人か流された。

救助の船に乗り移るのは、大変だったよう。
命綱をつかって。

12年9月5日 (26)

多くの遺体は、浜に流れ着く。 

12年9月5日 (27)

救助船は、一度引き返しているんですね。 再度出るのが、13日の午前3時。
「ポロポロと」とある。  海のこっちから、村人は見ている。 励ましながら。

12年9月5日 (28)

船長は、船を去る時、中には誰もいないと言った。
次の日の14日に、3人が見つかった。  
船を切断したら、さらに、25人が生きていた。

この船長、どうも分からない。
「いるかもしれないから、頼む」とでも言わなければならない。
乗ってる人の命を、軽く見ている。
理由がきっとある。

12年9月5日 (25)

たくさんの子どもたちがいる。  ほっとしているでしょうね。
※ この時から、73年経っている。 
  10歳だった子は、83歳。 まだ、生きている人がいますね。

助けた船は、稚内にその日のうちに戻ってるので、稚内のどこかでの撮影でしょうか。

12年9月5日 (23)

足の包帯は、凍傷。 助かったことだけで、十分満足しているでしょうね。

12年9月5日 (24)

助かった人達は、その年のうちに、小樽から戻ったそうです。
この写真は、小樽でのもの。

12年9月5日 (22)

船に乗っていた人達は、何の目的で乗っていたかが、分からない。
船長は言わない。 
カムチャッカから、漁業を終えて、引き揚げる途中とだけは、言ったが。

429名助かるが、誰も言わない。  (※ 亡くなった人は、700名以上)
命を助けてもらっても、言わない、言えない。

※ 1991年に、歴史学者の原暉之と云う人が、1つの説を発表した。

  乗員の多くが、コルィマ鉱山などの、シベリア地方に点在していた強制収容所からの、送還者。
  インディギルカ号は、政治犯および家族の護送船であった。

もしかしたら、この説は、本当かも知れない。
事故当時、ソ連は、遭難者に冷たかった。 遺体は、引き取らないと言ってきた。
船長は、船体の中を心配しなかったように、乗客に淡白だった。

見た目、やせた人が多かったと云う。
何か、事情のある人たちが乗っていたようだ。

※ このようにソ連の船を助けても、昭和20年には、樺太から戻る船が留萌沖でソ連の潜水艦に撃沈された。
  3隻も。 たくさんの人が死んだ。 8月22日のこと。
 
※ 昭和20年の8月8日に、ソ連は日本に宣戦布告している。
  戦争になったら、何でもありになってしまった。
  樺太の南半分は日本の領土で、そこに、ソ連兵が攻めてきた。
  日本兵との戦いになる。 一般の人達も、犠牲になる。
  終戦の15日を過ぎても、国からの指示が、戦ってる日本軍に届かないから、そのまま戦い続ける。
  22日に停戦協定が結ばれるが、それまで続いた。
  正岡郵便局で9名が自決したのは、2日前の、20日だった。

浜鬼志別の人達は、優しかった。
救助に全面協力し、1971年には慰霊碑も建てた。


【今日の歌】   今日からまた、歌を載せることに。



※ 歌詞の中に、「カンナの花」が出てきます。 真っ赤な花です。 
  燃えるような赤。  何をイメージしているのでしょう。

【道の駅】  さるふつ公園

【明日の予定】  この近く  沼がある。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は7位、 旅行全体で17位です。            
        
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/737-c89154d1

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 道の駅「さるふつ公園」  700名以上が亡くなった、インディギルカ号遭難事故 ~猿払村~  他  (2012/9/5)
  • 2012年09月05日 (水)
  • 22時06分02秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。