FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

朝から寒い。
2~3日後には温かくなるので、出かけるのはやめ。

近くにお店がある。 夕方買いに行くと、生ものは半額になる。
ホッケの開きが、2枚で250円。(半額)
  ※ 大きくは無いけど、観光地では1枚500円以上するもの。(長さ、36㌢)
    地元の人は、普通は、1枚200~300円のを食べる。
鉄砲汁用の花咲ガニが、250円。(半額) 細かく切って売っていた。
半分を使って、鉄砲汁を作った。 ジャガイモとニンジンを入れた。 最後にネギも。 味噌味。 美味しい。

夕方、盆踊りの太鼓の音が聞こえた。

北方領土について、少しだけ調べてみた。
    ※    ※    ※    ※

北海道とカムチャッカ半島の間に、千島列島がある。
 ※ 千島列島の押さえは、これで間違いない。 どの辞典もWikipediaも、こうなっている。

南千島という言葉もある。 国後(くなしり)、択捉(えとろふ)、色丹(しこたん)、歯舞(はぼまい)群島の島々。
 ※ どの辞書も、そうなっている。

tisimarettou765.jpg

あれ、北方領土と南千島は、同じでないか、となる。

※ 少し話はそれるが、アムール川が左上に見える。
  流氷はその河口の近くの海で生まれ、樺太の北を通って南下する。
  そうして、北海道のオホーツク海岸にやって来る。
  遠い旅だって分かる。

(1)なぜ、北方領土と呼ぶのでしょう。
  ① 日本は、1951年に結ばれたサンフランシスコ条約で、千島列島を放棄(ほうき)した。
    この条約は、戦争の後始末を決めた条約。
     ※ 千島列島の放棄については、外務省でも認めている。 
       外務省発行の「われらの北方領土」(資料編・2011年度版)P10に記載がある。
     ※ 条約の中で、千島列島の範囲を、はっきり定めていない。
       また、放棄した千島列島が、ソ連の物になるとも、定めていない。

  ② もし、南千島を戻してほしいと云うと、千島全体を放棄したではないか、となる。

  ③ そこで考えたのが、国後、択捉、色丹、歯舞群島は、千島列島には入らないと云う考え。
    南千島とは呼ばないで、北方領土と呼ぶことにした。

(2)北方領土は日本の固有の領土、というのが、日本の領土であるとする基本の根拠。
   固有の領土の意味は何だろう。
  ① 日本政府が言ってるのは、こうです。
    「固有の領土とは、これまで外国によって支配されたことのない領土に対して言う」
    外国は、日本の国以外、と云う意味ですね。

  ② ここで思い出すのが、クナシリ・メナシの戦い。
    この戦いは、1789年に起きている。
    国後島には、アイヌが住んでいたことが分かる。
    1844年に松浦武四郎は、国後島に渡っている。
    この時は、アイヌの数は激減していたと云う。 理由は、和人の進出。

  ③ アイヌのことを無視すれば、固有の領土になる。
    無視しなければ、固有の領土にはならない。
    固有の領土の考えを、外国に理解してもらうのは大変。
    世界中に、固有の領土なんか無い、という考えもある。

    変な例だが、韓国は一時期、日本が支配していた。
    と云うことは、韓国は韓国にとって、固有の領土ではなくなる。

  ④ まとめると、固有の領土と云う考えは、説得力が弱い感じがするかな。

※ ちょっと、一休み。
  北方領土と北海道とに間の線は、国境とは呼んでない。 中間ライン(線)と呼んでいる。
                            (図は、北方領土問題のHPからお借り)
tyuukannrainn6568.jpg

四角の中は、ロシアと協定を結んで、コンブ漁が出来るようになっている。

makka-sa-rainn5456.jpg
 
(3)ロシアにとって、北方領土は、そんなに大事なんだろうか。
   あんなに広い国なのに。
  ① ロシアの船がオホーツク海から太平洋に出る時、北方領土が自分の国だと便利。
    千島の北の海は、寒いから、直ぐに凍る。 南は、北ほどは凍らない。

  ② 日本に戻したら、島に、アメリカの基地が出来るかもしれない。
    そういう意味で、島は大事。

  ③ 他は、思いつかない。

(4)戻ってくる可能性は?
  ① 日本は今、アメリカとは安保条約を結んでいる。
    これが、平和条約になり、ロシアとも平和条約を結んだら、(3)の心配はなくなって、きっと戻る。

  ② プーチンが、引き分け、という言葉を言った。
    ロシアは、色丹島と歯舞群島だけなら、戻していいと考えている。
    日本は、4島全部返してほしいと言っている。
    引き分けの考えなら、どうなるのでしょう。
    それは、3島の返還でしょうか。 知床に近い国後島は日本に。 択捉島はロシアのままに。
    これなら、ロシアは大して困らない。

  ③ 色丹島と歯舞群島は日本に戻して、大きな島2つは、両方の国で管理する。
    そんなのがいいと思うけど、どうでしょう。
    これも、引き分けの考え。
    元々、世界が平和であれば、国なんて云う単位は、無くてもいいかもしれない。
    その考えを、はるか遠くに見据えて。
    ロシアの人と、日本の人が、仲良く暮らす。
    そうなったら、私も行って暮してみたい。 
    択捉島でも国後島でもいい。

ロシアは、千島を捨てた日本を、100%無視できない理由はあるのでしょうか。
あるんですね。
それは、ロシアは、サンフランシスコ条約に署名していないんですね。
署名していないロシアが、日本が放棄した千島を占領している。
          (条約に、現在のロシアの物になるとも書いてない)
そこに、問題がある。
もし署名していたら、日本はどうすることも出来なかった。

北方領土の現在には、他にも多くのことが絡み合っているようだ。

何でこんなに、領土のことで苦労するのでしょう。
それは、戦争をして、戦争に負けたからですね。
戦争を起こした人間の責任と罪は、はかり知れなく大きい。 そう思います。

ロシアに対しては、明快な理屈と、物おじしない態度が大事。
そういう国民性と聞く。

いつの日か、ロシアとも仲良く出来る日が来たらいいですね。
素晴らしいアイディアが、きっとありますよ。

深く勉強したわけではないけど、書いてみました。

【今日の歌】  アムール河の波。 歌は国境を越えている、と言っています。



※ 関連ブログ  いろは島の風景 他 ~唐津市肥前町~  「アムール河の波」について  他  (2012/1/11)

【停泊場所】   ときわ台公園駐車場。 となりに2台、キャンピングカーがいる。

【明日の予定】  寒かったら動かない。 
         その時は、「ここに幸あり」について調べる。 図書館で。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ブログランキング】   気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

ちょっと違うような気がするけど。それと議論はするつもりは有りませんが。日本は千島を捨てていません。

Re: タイトルなし

いろんな考えがあっていいと思います。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/689-bdfed417

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 北方領土って何?  どうして戻らないの? ~根室市~  一日のんびり過ごす。  他  (2012/7/21)
  • 2012年07月21日 (土)
  • 22時54分12秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。