FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

秋芳洞は、あきよしどう、と読む。 
日本最大規模と言われるが、日本最大で問題ないよう。
何が最大かって言うと、中の空間の大きさでしょうか。  ※ 長さは、最大ではないが。

洞窟の中に家を建てたら、一つの集落が出来そう。
秋芳洞の魅力は、洞窟の大きさだった。
    ※    ※    ※    ※

場所は、美祢市(みねし)秋芳町(しゅうほうちょう)。
  ※ この秋芳町があるため、秋芳洞を「しゅうほうどう」と読む間違いが生まれる。



読み方は、どちらでもいいのでは、と言いたくなるが、そうはならない事情がある。
秋芳洞と名前を付け、しゅうほうどう と読むことにしたのは、昭和天皇だった。(皇太子時代)

車は、有料の駐車場の近くの空き地。(駐車場だが、無料) 賢くなった。

お土産屋さんが並ぶ奥に案内所がある。 料金は1200円。

12年4月19日 (1)

見学できる全長は、1㌔㍍程。

12年4月19日 (2)

突き当たって左に曲がったら、入り口。
女の人が一人いる。 実は、一人では怖くて入れないでいる。
一緒に歩いてほしいと頼まれ、そうすることに。

12年4月19日 (3)

入り口が見えた。 まっ黒い口に、吸い込まれそう。 少し、不気味。
滝が入り口にあるため、昔は、滝穴(滝洞、あきあな)と呼ばれていた。

12年4月19日 (4)

入って直ぐに感じるのは、広さ。 広い。 洞窟の中の川。

12年4月19日 (5)

百枚皿と名前があった。 棚田のよう。  中国のどこかに、似た風景がある。

12年4月19日 (6)

前に見える人が、一緒に歩いている人。
彼女は、九州の吉野ヶ里町から、一人旅で来た。 萩市を見て、戻る所。

12年4月19日 (7)

鍾乳石がぶら下がっている。 透明な鍾乳石はない。

12年4月19日 (8)

川の流れる音が、洞内に響いている。

12年4月19日 (9)

鍾乳石と石筍がつながって、柱になった。

12年4月19日 (10)

天井が高いから、何か落ちて来たら大変。 でも、そんな心配はしない。

12年4月19日 (11)

長い間水が流れていて、少しずつ石灰質が積った。 滝のように見える。

12年4月19日 (12)

淵のようになって、深い。

12年4月19日 (13)

洞内は寒くない。 17度くらいある。 年中変わらないそう。 上着はリュックの中のまま。
更に奥へ。

12年4月19日 (14)

一番の見どころでしょうか。 高さ15㍍の黄金柱(こがねばしら)。 記念撮影は、みんなここで。

12年4月19日 (15)

黄金柱の天井部分。

12年4月19日 (16)

向こうから来た。

12年4月19日 (17)

この道は脇道で、少し行くとエレベーターがあって、地上に出られる。

12年4月19日 (18)

緑色の部分は、ライトの光でコケが育っておるよう。

12年4月19日 (19)

滝のよう。

12年4月19日 (20)

戻っている。

12年4月19日 (21)

これは、大きな石筍。

12年4月19日 (22)

女性の方は、中の雰囲気にすっかり慣れていた。

12年4月19日 (23)

石灰質の岩が水に溶けて、狭かった洞窟も、少しずつ広くなって、こんなになった。
この空間が、秋芳洞の魅力。 間もなく出口。

12年4月19日 (24)

外の明るさを、強く感じる。

12年4月19日 (25)

この後、女性の方とは、お土産屋さんを見ながら戻った。

秋吉台を見た。 あきよしだい、と読む。 「よし」は吉。 芳でない。

12年4月19日 (26)

手前のすり鉢のような所に、雨は流れ込む。

12年4月19日 (27)

秋芳洞は、洞窟に入っているという感じではなく、地底の別世界にいるように感じる。
秘密の地底王国をつくるとすれば、ここしかない。
大空間でした。

【今日の歌】
こんな歌が、中島みゆきは得意。 だから、ずっと一人だった。
この曲を初めて聞いたのは、北海道の上川の国道を走っている時だった。
今でも、わかれうたを聴くと、上川の風景が浮かぶ。



若い時。 首が長く見える。



【道の駅】   みとう



【明日の予定】   瑠璃光寺五重塔を見て、近くを散歩。 山口市内です。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

秋芳洞。久々に観ました。やはり、鍾乳洞では、国内一番でしょうね。アッカムイさんのブログの中でも、鍾乳洞をいくつも取り上げておられますが、秋芳洞のすごさがわかります。まさに地底の世界です。

Re: タイトルなし

秋芳洞は別格、と云う感じがします。 大きさの面で。
鍾乳洞の魅力である、鍾乳石の美しさのことを言ったら、別の鍾乳洞になるでしょうか。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/595-fe2eedb3

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 東洋屈指の大鍾乳洞 秋芳洞は、中が広かった ~美祢市~  わかれうた(中島みゆき)  他  (2012/4/19)
  • 2012年04月19日 (木)
  • 23時36分38秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。