FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日は大崎町の何かを見ようと、動きました。
田んぼの中に、姿形のいい古墳がありました。
横瀬古墳で、日本最南端にある、前方後円墳でした。

七夕地蔵。 初めて聞く名前。
私は、精霊について深く考えたことはない。 
だから、説明を理解するのが大変でした。

北の岬の歌が、アクセス数2万を越えました。 やっとかな。
    ※    ※    ※    ※

道の駅の裏にある、大崎ふれあいの里公園。 
少し散歩。 日本庭園。 花はまだ。

12年3月13日 (1)

公園の駐車場に、北海道の旭川ナンバーの車があった。
80歳くらいの男の人と、犬が一匹。 留萌から来たという。
ずっとここにいる。 暑くなったら、北海道に戻る。

昼間は、犬の散歩で少し動く。 あとは、のんびり。
こういう生活は、私にとっては難しいが、でも、旅は人によって違っていい。

草取りしているおばあちゃんたち。 シルバー人材センターから来ている。
一休みの時、しばらく話した。

家にいたら時間が長いという。
みんなでおじゃべりして、ワイワイ過ごすのが楽しいという。
働いたお金は、みんなに喜んでもらうために使う。 孫とかにも。

12年3月13日 (2)

車で5分程の所に、横瀬古墳がある。 3年前に1度来ている。

古墳から離れるために、歩いている。 このように曲がった道が好き。

12年3月13日 (3)

前方後円墳。 前の方(四角い部分)が見えている。

12年3月13日 (4)

賀茂神社。 いつ頃からあるかは、分からないと云う。

12年3月13日 (5)

※ 京都の鴨神社が、元々の神社。 上鴨神社と下鴨神社がある。 合わせて、鴨神社。  鴨は、賀茂・加茂とも。
  この神社の祭りが、葵(あおい)祭り。 下鴨神社には、昨年。

小さな石の祠。

12年3月13日 (6)

中を、のぞきたくなる。

12年3月13日 (7)

前方の部分の上。  高さ、13㍍。

12年3月13日 (8)

向こうが、後ろの円の部分。 古墳の長さは、124㍍。

12年3月13日 (9)

後円から、前方を見ている。 ここの高さは、15㍍。 こっちの方が高い。

12年3月13日 (10)

古墳時代中期のものだそう。 5世紀後半。 つまり、450~500年頃。

写真の下の方に、草の中に石が見える。 竪穴式石室の天井石が露出しているから。
この下に石室があって、明治時代に盗掘されている。 剣や曲玉があった。

12年3月13日 (11)

周りに、小さな古墳があったという。 今は、畑になってしまった。
車の屋根が見える。 

12年3月13日 (12)

この辺り一帯は、小さな平野。

12年3月13日 (13)

昭和37年に書いた説明。

12年3月13日 (14)

ここは、横瀬という地域。

12年3月13日 (15)

誰の墓かは、分からないようだ。

12年3月13日 (16)

空からの写真。 ※ 県のHPからお借り。

12年3月13日 (26)

少し離れた道端に、カエルがいた。

12年3月13日 (19)

三世代カエルが、雨を降らしてくれたとある。
※ カエルは三世代そろった時、こんなに大きさが違うのでしょうか。 かたいことを言ってはダメか。

12年3月13日 (18)

この歌は、パンフレットの裏に載っていた。 この2人が作っていた。
作曲、上原げんと。 作詞、石本美由起。
銀は砂浜、緑は松原ですね。

2人は、美空ひばりに関わっているから、売れっ子の作曲家と作詞家ですね。

12年3月13日 (17)

作詞は藤浦洸。 平戸出身ですね。 作曲が、上原げんと。



作詞が石本美由起。 作曲は、古賀政男。



二期作を始めたとあります。 昭和40年代、米が余り出して、二期作はやらなくなった。

12年3月13日 (20)

七夕地蔵。 別の場所です。

12年3月13日 (21)

こんな説明が。

12年3月13日 (22)

※ 説明にある和尚さんが、人々に下のように言ったと、パンフレットにある。
  この意味が分からなく、困った。 調べて、少しだけ分かった。
  
   「七夕の日には、精霊様が家に帰るため極楽を出発されるが、地蔵さんはお迎えで極楽に行かれるので、
    みんな自分の家の精霊も連れて来てくださるよう祈願するように」

  精霊(しょうりょう)は霊とか魂とか言ってるものですね。
  目に見えない。 ※ 見えるのは幽霊や人魂。 
  お盆には、それが戻って来て、また送る。
  そういうことなんですね。 このことを理解していなかった。
  
  それで、七夕は何なんだ、と云うことですが、Wikipediaには下のような説明が。

   七夕は、お盆行事の一環でもあり、精霊とその(はた)を安置するのが7日の夕方。
   それで、7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになった。

   精霊棚ですが、こういうものなんですね。
   精霊は、きゅうりの馬に乗ってやってくる。 なすの牛に乗って極楽に戻る。

   syouroudana546.jpg

   幡(はた)は、こんな物のよう。
   五色の短冊は、この幡に由来しているという。

   img_893299_45326898_k1

七夕地蔵さま。

12年3月13日 (23)

※ 今日は、七夕を、少しだけ勉強しました。

道の駅には、大きなカブトムシ。 ここのシンボル。

12年3月13日 (24)

こいのぼりでなく、うなぎのぼり、だった。 この町は、ウナギの養殖が盛ん。 鹿児島県は、日本一。

12年3月13日 (25)


【今日の歌】
3つ合わせてですが、アクセス数が、2万を越えました。
聴いてくれてる人がいるのかなと、思っています。
この歌については、少しですが、以前に書いてるので、それを載せます。 2009年8月25日のブログ。

kitanomisaki6547.jpg   kitanomisakikasi767p









【道の駅】   くにの松原おおさき

【あすの予定】  志布志市へ

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。

            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/555-7678d637

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 日本最南端の前方後円墳、横瀬古墳  七夕地蔵 ~大崎町~  北の岬が、アクセス数2万に。  他  (2012/3/13)
  • 2012年03月14日 (水)
  • 06時50分15秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。