FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

北原白秋が生まれたのは、南関町(なんかんまち)だった。
 ※ 柳川市と思っていた。
そこは母親の生家であり、末裔(まつえい)の方と話すことができた。

三池炭鉱は、三池郡にあったから、三池炭鉱だった。 ※ 三池という町や市ではなかった。
万田坑を中心に、多くの産業遺産が残っていた。

久しぶりに、柳原白蓮に出会った。

今日は、銀河宙太さんに案内していただいた。
    ※    ※    ※    ※

最初に行く南関町は、印の所。 白秋が生まれた所も、印から近い。
大牟田市、荒尾市は、海の近く。


ここが、白秋の母の実家で、石井家。 白秋は、ここで生まれた。 1885年に。

12年2月9日 (2)

庭に女性の方がいた。 ※ 後で知ったが、石井家の方で、嫁いできた人ではない。
建物は当時の物だが、屋根の部分とか、変更した所もあると言った。
ハクモクレンや彼岸桜の大きな木があった。
それは、白秋の時代にあったもの。

「月と胡桃(くるみ)」という童謡集に中で、
「お母さまは木蓮 白い気高い木蓮」と詠んでいる。

女性の方は、例えば、桜の木について聞くと、
花は小さいんですよ、と云うように謙遜していつも話した。

白秋は、母の古里が好きで、亡くなる前年にも来ていた。

12年2月9日 (1)

※ 外目は、ほかめ、と読む。 

12年2月9日 (5)   12年2月9日 (6)

役場の近くにあった、白秋素麺(そうめん)歌碑。

12年2月9日 (4)   12年2月9日 (3)

ここは、南関御茶屋。 1852年完成。
藩主が、参勤交代や領内巡視の時に、休憩・宿泊に利用。
※ 南関は、熊本藩(肥後藩とも)。  藩主は、細川氏。

12年2月9日 (7)

雛人形が飾ってあった。

12年2月9日 (8)

御茶を御馳走になった。 藩主が座る場所に座って。 (入館料は200円)
※ 白いお菓子は、細川家の紋。

12年2月9日 (10)   DSCF4984ccc

ちょうど、並べ終わったところ。

12年2月9日 (12)

白秋が育った地は、柳川。 母の実家から、20㌔程でしょうか。
遊びに来る時の交通手段は、何だったんでしょう。 歩いて来るのも可能だが。

白秋の歌。

12年2月9日 (13)

左は、篤姫の肖像画。

12年2月9日 (9)   12年2月9日 (11)

新幹線の新大牟田駅。
像は團琢磨(だんたくま)。  三井三池炭鉱の経営を行い、成功する。

12年2月9日 (14)

普光寺の、ろうばい。 花の時期は、そろそろ終わる・
※ 漢字で書くと、蝋梅。  梅の字が付いてるけど、梅ではないそう。

12年2月9日 (15)

12年2月9日 (16)

大牟田市の市街地。

12年2月9日 (17)

石炭産業科学館。 大牟田市にある。

12年2月9日 (18)

三池炭鉱を支えた、巨大な機械が並んでいた。

12年2月9日 (19)

三池炭鉱万田坑跡。 産業遺産として、国の重要文化財。

12年2月9日 (20)

大正・昭和初期の、三池炭鉱の中心。 突き当たりは、縦坑。 
深さ276㍍。 今は、土で埋めてある。
手前の乗り物に乗って、下に降りる。 こんなのが、2つある。

12年2月9日 (21)

地下深くに行くのは、不安でないのかな。 
※ 戦後最悪の炭鉱事故は、三池炭鉱で起きている。 ここの坑道ではないが、1963年に。 犠牲者、458人。

12年2月9日 (22)

世界遺産認定を目指しているため、廃墟なんだが、整備されている。

12年2月9日 (23)

石炭のメインの層の厚さは、5㍍程。 その上下に、いくつかの薄い層がある。
層の全体は、斜めに傾いていて、深い部分は、海の下にある。

これで、縦坑の乗り物を、巻き上げたり下ろしたりする。
左下に、1分間に270㍍とある。 1秒間に4.5㍍。 きっと、耳が変になる。

12年2月9日 (24)

顔はまっ黒。 坑道の中の空気は、どうなっているんだろう。  気温は高いのかな。

12年2月9日 (25)   12年2月9日 (26)

ここは、宮崎兄弟の生家。  荒尾市。  ※ 大牟田市も荒尾市も南関町も、お互いすぐ近く。

12年2月9日 (27)

宮崎兄弟のことは、初めて。 
みんなそれぞれ活躍してるが、
宮崎 滔天(みやざき とうてん)が、孫文を助けるという大きな仕事をしていた。
市役所の人が、説明してくれる。 ※ 市が管理。

12年2月9日 (29)

※ 中国の清朝は、辛亥革命(しんがいかくめい)によって、倒される。(1911~12年)
  その革命の指導者の中心が、孫文。
※ 途中、日本に亡命することがあった。 そこで、宮崎 滔天との関わりが出てくる。

歴史が複雑なため、分からない部分が多い。
今回は、ここまで。 いつか機会があったら、また調べてみます。

なんで、柳原白蓮なんだ、と思った。  ※ やなぎわら びゃくれん。
上に書いた、宮崎滔天の息子に、宮崎龍介がいた。

柳原白蓮は、明治44年、27歳の時に、炭鉱王 伊藤伝右衛門と再婚した。(望んだ結婚ではない)
大正10年、彼女は宮崎龍介と、逃避行。 お互い好きになった。 
彼女は、恋に生きた。 「恋は はかない」には、ならなかった。 幸せに生きる。

12年2月9日 (28)

柳原白蓮は、歌人として、そして、美人としても知られている。
もう一つ、知られているのが、大正天皇といとこ同士ということ。

大正天皇の母は、柳原愛子(やなぎわら なるこ)。
白蓮の父は、柳原前光。  前光は、愛子の兄。

12年2月9日 (30)   12年2月9日 (31)

※ 歌を2つ紹介。
   「ひるの夢 あかつきの夢 夜の夢 さめての夢に 命細りぬ」
   「月影は わが手の上と 教へられ さびしきことの すずろ極まる」

この建物が、宮崎家の昔からの家。

12年2月9日 (32)

孫文が来た時のを、蝋人形で再現。

12年2月9日 (33)

家の前で撮影。

12年2月9日 (35)

最後に、宮原坑跡。

12年2月9日 (34)

柳川を通る時、宙太さんには、いつもお世話になっている。
柳川文芸の人だから、詳しい。 私は、退屈しない。

柳原白蓮の歌については、魅力いっぱいの歌を見つけたい。
そして、正確な解釈を。

思い出した。 彼女は、こんな歌を作ったことがあった。 分かりやすい。

byakurenntakigutinyuudou767.jpg


【今日の歌】
北原白秋の、作詞です。 城ヶ島の雨。

森昌子 MORI MASAKO - 城ヶ島の雨 JOUGA SHIMA NO AME

※ 宙太さんと、こんな話をした。
  北原白秋は、「この道」など、たくさんの童謡を書いた。
  でも、数年間結婚して一緒に暮らした江口章子(あやこ)がいなかったら、作れなかったかも知れないねって。
  つまり、白秋が、童謡を書き始める時に、一緒にいたのが、江口章子。
  白秋の童謡をつくる才能を開花させたのは、きっと彼女だ。 彼女は書いていた。
  結婚した当初、白秋はまったく売れていなかった。

※ 関連ブログ  若き日の白秋を支え、恋に生きた詩人、江口章子 ~彼女の故郷、香々地を訪ねて~  他 (2010/4/15)

【道の駅】    おおむた

【明日の予定】  山鹿市

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は3位、 旅行全体で7位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
        
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

お疲れさまでした。
写真、きれいに撮れています。寒い日でしたが、午後から晴れていい旅日和でした。

南関お茶屋跡での、一服の抹茶は美味しゅうございました。座敷で、南関富士を目の前にして、感動のひとときでした。
版画を写しておられますね。これは、元町長で、白秋といとこの故石井了介氏の版画です。晩年画かれたものです。白秋の歌を素に版画にされました。画集がでています。ほかにも南関町の中に残っています。

山鹿市は、夏の山鹿灯篭が有名です。今も冬の百華百彩があっていることでしょう。近くの平山温泉が今人気があります。田園の温泉ですが、温泉湯がいいです。

Re: タイトルなし

お世話になりました。

平山温泉が気になるので、今調べておりました。
調べ終わった時、コメントに気付きました。
いい温泉のようです。

山鹿は、夜に燈籠がともるようです。
時間があるので、平山温泉に行ってきます。

今は、街の中の駐車場です。(2時過ぎ)

ブログに、江口章子の記事を付け加えました。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/520-7f2ce072

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 白秋生誕の地、南関  三池炭鉱万田坑跡  孫文を助けた宮崎滔天 ~南関町・荒尾市~  城ヶ島の雨  他  (2012/2/9) 
  • 2012年02月10日 (金)
  • 06時19分19秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。