FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

京都の紅葉は、半分程が見ごろ、他が一部見ごろ。
来週いっぱい大丈夫で、人出は、今週末がピークでしょうか。

京都の左端に嵐山があるが、その北部が、嵯峨野。
静かな、落ち着いた所。 
百人一首が生まれ、小倉餡(おぐらあん)の発祥の地でもある。

JRの嵯峨嵐山の駅から歩いた。 平日だが、人は多い。
今日行く所は、下の地図にある。


10年11月18日 (29)

最初はここ、野宮神社。
鳥居が変わってて、くぬきの木で、樹皮が付いたまま。 黒木鳥居と呼ばれる。

10年11月18日 (1)

源氏物語の「賢木」(さかき)の巻に、こんな文が、

  はるけき野辺を分け入りたまふより、いともものあはれなり。
  秋の花みなおとろへつつ、浅茅が原もかれがれなる虫の音に、松風すごく吹きあはせて、
  そのこととも聞きわかれぬほどに、物の音ども絶え絶え聞こえたる、いと艶なり。
   (中略)
  ものはかげなる小柴垣を大垣とて 板屋ども あたりあたりいとかりそめなり 
  黒木の鳥居ども さすがに神々しう見わたされて、・・」

このことについては、ここに詳しく。(京都観光堂のHPより)

常寂光寺に向かっている。  ※ じょうじゃっこうじ

10年11月18日 (2)

向こうに見えるのは、落柿舎(らくししゃ)。 
松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていた草庵。
芭蕉もしばしば訪れ、「嵯峨日記」を残している。
ただ、Wikipediaには、場所も建物も、昔のとは違うとある。 

名前だけ昔の名前。 何を見てることになるんだろう。
入るには、お金がいる。

10年11月18日 (3)

坂本龍馬、中岡慎太郎達の像があった。
近くに、天竜寺があり、禁門の変(1864年)のとき、長州藩はそこに陣を敷いた。(他にもあるが)
龍馬たちが、そこに行く時、久坂 玄瑞(くさか げんずい)に会うため、立ち寄ったとあった。
※ 天竜寺には、今でも、柱に刀傷があるという。 戦いを前にして気持ちが高ぶったため。

10年11月18日 (4)

道も、風情がある。

10年11月18日 (5)

常寂光寺。 日蓮宗の寺。

10年11月18日 (6)

京都の寺は、風景が洗練されている。

10年11月18日 (7)

ここは、小倉山の中腹。

10年11月18日 (8)

この寺には、藤原定家の山荘「時雨亭」があったという。 それが売り。
その跡があったのだが、気づかなかった。

落ち葉がいい赤。

10年11月18日 (9)

常寂光寺は、今が見頃。

10年11月18日 (10)

重要文化財の、多宝塔。

10年11月18日 (11)

歩き疲れて、休んでいる。

10年11月18日 (12)

紅葉に、緑が入っても悪くない。

10年11月18日 (13)

二尊院に来た。 総門。

10年11月18日 (14)

総門のむこうは、「紅葉の馬場」と呼ばれる参道。 この参道が、紅葉の名所として知られる。
この寺にも、百人一首ゆかりの、藤原定家の時雨亭跡とされる場所がある。
※ 百人一首は、時雨亭で選ばれたとなっている。

10年11月18日 (25)

紅葉の馬場。 色の鮮やかさが少し足りないと感じた。

10年11月18日 (15)

まあいいでしょいか。

10年11月18日 (16)

この寺は、何がってものはないが、公家の墓が多い。

10年11月18日 (17)

ここが、特にいい。 

10年11月18日 (18)

本堂に上がることができた。

10年11月18日 (19)

ここは天台宗。 最澄の肖像画があった。 重要文化財。 普通に置いてあっていいのか。

10年11月18日 (20)

撮影禁止の標示はない。 注意はされなかった。

10年11月18日 (22)

祈りを込めて、これから木に結ぶ。

10年11月18日 (21)

これが、時雨亭跡。

10年11月18日 (23)

実は、時雨亭跡は他にもあって、少なくても3か所はある。
こういうことがあると、寺の言うことが、信用できなくなる。 他のことも。

小倉餡(あん)発祥の地とあった。
ところが、これの発祥の地も、他に見た。

10年11月18日 (24)

戻った。

10年11月18日 (26)

途中にあった、西行井戸。

10年11月18日 (27)

読めないので、調べた。

 牡鹿なく小倉の山のすそ近み ただひとりすむ わが心かな (山家集)

10年11月18日 (28)

お土産やさん。

10年11月18日 (30)

嵯峨野は、伝説が多いから、その伝説は自分のとこだとなるのか。
伝説が寺の観光の目玉になっている。
収益に関わるから、どこも譲らない。

こういうのは他にもあって、伏見の寺田屋なんか、偽物と京都市から烙印をおされたのに、それでも営業を続けている。

京都の寺の庭は、質の高い庭師の手によるものと分かる。
常寂光寺が、とくに良かったでしょうか。

【道の駅】      ガレリアかめおか

【明日の予定】    京都市内  いつ、夜行くかな。

※ キャンピングカーで放浪の旅」は、こちらです
    8,9月分だけ、タイトル一覧表が出来ています。

【ランキング】  国内旅行は 6位、 旅行全体で14位です。 
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
            
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/51-bbd0ab4b

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 嵯峨野を歩く ~常寂光寺、二尊院 他 京都~   他  (2010/11/18)
  • 2010年11月18日 (木)
  • 22時51分43秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。