FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

ニワトリが鳴いて助かった武将がいた。 家康。
でも今日は、ニワトリが鳴いたおかげで、7人が死んだ話に出会った。

民俗資料館では、元寇について、少し勉強した。
昨年秋、鷹島の海で、沈んだ元の船が見つかった。
大騒ぎ。 それを見ることができた。
    ※    ※    ※    ※

今日は、地図の下半分。

12年1月9日 (34)

変わったダムがあった。 ダムの部分は、以前は海で「湾」だった。
湾の出口を仕切ってしまった。 ダムが出来た。

12年1月10日 (1)

高さが、左右違う。 確かにダム。

12年1月10日 (2)

ダム湖。 

12年1月10日 (3)

下は、日比の港。

12年1月10日 (4)

鹿島歴史民俗資料館に行った。 ここで、今日予定の場所の情報も頂く。 道が通れるかも。
資料館の方に、丁寧に説明していただいた。

元寇についての展示が中心だった。 私も、これが知りたい。
海底から発掘された物も、展示。

12年1月10日 (8)

12年1月10日 (9)

昨年秋に、大きなニュースがあった。 発見された船の木材は、隣の埋蔵文化センターで見ることが出来た。

12年1月10日 (5)

元が日本を攻めた目的が書いてあった。 
 ※ 右下の可能性があると思った。
   政治家は、国のことを考えてるふりをして、自分の利益や都合で動いてること(者)が多い。

12年1月10日 (6)

元はモンゴルと考えると、アジアの山の中だけど、当時は広かった。

12年1月10日 (7)

元寇の様子の絵があったので、いくつか紹介。
対馬の様子。

12年1月10日 (10)

小太郎と兵衛次郎の活躍が書いてある。 元寇について調べたら、この二人は必ず登場する。
太宰府への報告は、大きなことだったと分かる。

12年1月10日 (15)

博多に攻めてる様子。

12年1月10日 (11)

台風がやって来た。(2回目の弘安の役)

12年1月10日 (12)

上の絵の場所は、鷹島南岸とは知らなかった。 九州の北の海と思っていた。

12年1月10日 (16)

鷹島も、下のような有様になった。

12年1月10日 (14)

鷹島で助かったのは、2人と云うから。

12年1月10日 (13)

文永の役と弘安の役の概略。 こんなにやって来たら、海は船で埋まる。

12年1月10日 (17)

隣の、鷹島埋蔵文化センター。

12年1月10日 (20)

脱塩処理とあった。 液体に浸けている。 最後は、薬剤のようなのを注入して、腐らないようにする。
これが、海底の砂の中から発見された。

12年1月10日 (18)

大きな碇(いかり)も。 大きさで、船の大きさも予想つくと云う。

12年1月10日 (19)

小さな山の上に、対馬小太郎の墓。

12年1月10日 (21)

小太郎の墓。 最後はこの島で戦って死ぬ。 
彼と兵衛次郎は、夜通し小舟をこいだ。 敵に見つかったらお終いだった。

12年1月10日 (22)

小太郎は、海が見えるところに墓を、と言った。 その通り、対馬の方が見えた。

12年1月10日 (23)

すぐ近くに、「刀(とう)の元の六地蔵」があった。
この場所で、弘安の役の時、敵の捕虜を斬首したとあったが、どうして「刀の元」と云うかは分からない。

12年1月10日 (24)

ここに、六地蔵がある。 こういう石塔は、他でも見る。
赤土を塗るのは、病気にならないための信仰だという。
 ※ そう云えば、この島の土は赤い。 鹿児島県の長島の土もそうだった。

12年1月10日 (25)

住吉神社のあこう樹。 神社が隠れている。 あこう樹は、根が浮かび上がる。
    ※ 土佐清水にあった、あこう樹。   これは、室戸岬に。 

12年1月10日 (26)

こんな木も。

12年1月10日 (27)

走っていたら、畑に草が転がっていた。
車を停めて、畑にいた人と、少しお話し。

この草は、タバコの苗を育てるために、ビニルハウスの中に敷くと云う。 (細かく刻むのかな)

12年1月10日 (28)

タバコの畑になる。 タバコが値上げになって、作る農家が減ったと云う。
ずっと昔は、自分でタバコを作って吸った人もいたそう。 

12年1月10日 (29)

牧の岳史跡公園。 この島で、一番高い所。

12年1月10日 (31)

目の前は、この風景。  左の方に、黒島が見えた。
この封駅が見える場所に、ベンチがあった。 そこに、冬なのに、2人のおばあちゃん。
散歩の途中で一休みという。

この地域では、今でもニワトリを飼わないのかい、と聞いた。
誰も飼わないと言った。 はるか昔のことを、今でも忘れてはいなかった。

「お互い、この島に来て、もう60年だね」
そんな話をしているのかな~、と思った。

12年1月10日 (30)

開田の七人塚。

12年1月10日 (32)

こんな説明。 ニワトリが鳴いたので、見つかってしまった。

12年1月10日 (33)

※ 家康は、ある戦で負けて、少しの家来と、自分の城のある岡崎に逃げ帰った。
  途中、夜になって、小さな寺に泊めてもらった。
  住職に、夜が明けて、ニワトリが鳴いたら起こしてくれるよう、頼んだ。
  朝が近づいて、ニワトリが鳴いた。 でも、まだ朝でなく、真っ暗だった。
  しかし、鳴いたことを家康に伝えた。 家康一行は出発した。
  その後、敵の追っ手が直ぐにやって来た。 危機一髪だった。
  家康は、後に、その寺に褒美を出す。
  その寺では、今でも、その時と同じ種類のニワトリを飼っている。  ※ 関連ブログは最後に。

今宮神社のイチョウの木。

12年1月10日 (34)

お堂に、平安時代の像があった。  市の文化財。
 ※ 県や国の文化財にならないのは、調査がはっきりしてないからか。
   後の時代に、誰かが手を加えると、平安時代の価値は無くなる。 
  
12年1月10日 (35)

明治以前は、ここに寺があった。 ここを治めた者の墓や塔が、いっぱいあった。 

12年1月10日 (36)

小さなお堂に、変わった像があった。

12年1月10日 (37)

海の底から見つかった。 元寇の時、船に積んであった仏像。

12年1月10日 (38)

日本の仏像と表情が違う。 県の文化財になっている。 

12年1月10日 (39)

鷹島歴史民俗資料館は、小さな島なのに、充実していた。
国からの予算が付いて、優秀な学芸員さんがいる感じ。

鷹島は、元寇と深い関わりのある島だった。
2日間いたが、退屈しなかった。

700年以上経った今も、ニワトリを飼っていないのが、驚き。
亡くなった人たちのことを、決して忘れない。


【関連ブログ】  満光寺 ~鶏が家康を救った伝説と小堀遠州流庭園の寺~   他 (2009/11/12)

【今日の歌】   虹に松原で、下の歌を見たので、今日は「さくら貝の歌」

20120106004602743s_20120111032633.jpg

一人の男が、好きな人を病で亡くし、下の和歌を作った。
二つ合わさる貝殻の、片方になったと歌った。

  わが恋のごとく悲しやさくら貝
     片ひらのみのさみしくありて

上の和歌を元に、友人に詞を頼んだ。 出来たのが、さくら貝の歌の歌詞。

  うるわしき桜貝ひとつ 去りゆける君に捧げむ
  この貝は去年の浜辺に われひとり拾いし貝よ

メロディーは自分で付けた。 後に、彼は作曲家になる。
なくなった恋人の名前は、横山重子。 戒名は、誓願院釈満大姉。
作曲家としての名前は、章(やしまひであき)に。
『山のけむり』『あざみの歌』『チャペルの鐘』『毬藻の歌』などを作曲した。(二木紘三のうた物語等参考)



鎌倉の海岸と思う。 和歌はここでつくった。 左に、富士山の裾(すそ)が見える。



【道の駅】     鷹ら島

【明日の予定】   いろは島を見る

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/488-64686270

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 元寇の激戦地、鷹島  鷹島歴史民俗資料館  開田の七人塚 他 ~松浦市鷹島町~  他  (2012/1/10)
  • 2012年01月11日 (水)
  • 03時03分36秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。