FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

京都の嵐山・嵯峨野は、百人一首の選者、藤原定家のゆかりの地。
現在そこに、100の歌碑と解説がある、
百首の歌に思いを馳せて、歌碑めぐりをしてみた。
    ☆    ☆    ☆    ☆

歌碑の場所は、「京都をあるく」という本に載っている。
嵐山東公園に向かう。
この橋は、中ノ島橋。 少し先に、阪急の嵐山駅があるので、人が多い。

11年11月23日 (1)

嵐山東公園。

11年11月23日 (2)

が、今いる場所。 の場所に、歌碑がある。

11年11月23日 (3)

まず、続後撰集からの、2首がある。

11年11月23日 (4)

99番、後鳥羽院の歌。 ※ この人は、後鳥羽天皇、また、後鳥羽上皇のこと。

11年11月23日 (6)

※ この歌については、ネットに面白いことが書いてある。(時間があるときに)

11年11月23日 (5)

続後撰集のもう一つは

100 番歌 百敷や古き軒端のしのぶにも なほ余りある昔なりけり
      (ももしきやふるきのきはのしのふにも なほあまりあるむかしなりけり) 順徳院

次は、金葉集の5首。

11年11月23日 (9)

小式部内侍。 急に出てきて、びっくり。

11年11月23日 (7)

和泉式部の娘ですね。 人気ベストテンに入るようです。
大好きな歌です。 この歌については、以前調べています。 「いくのの道」も歩いています。
  ※ 関連ブログ  大江山 いく野の道は遠ければ まだふみもみず 天の橋立 ~生野の道、細野峠~   他  (2010/5/18)

11年11月23日 (8)

金葉集、他の4首は省略。 

次は、千載集14首。

11年11月23日 (10)

西行法師の歌。

11年11月23日 (12)

百人一首に西行が載るなら、芭蕉はダメなのかということだが、芭蕉は百人一首が出来たずっと後に生まれた。
芭蕉は俳句だし。

この歌は、「かこち」が目立ちますね。
秋の歌と思うけど、秋になるとどうしてみんな涙を流すのでしょう。
演歌の歌詞に「季節の変わり目を、あなたの心で知るなんて・・」というのもある。

11年11月23日 (11) 

待賢門院堀川と云う人の歌。

11年11月23日 (14)

どうして、どんなふうに乱れているのでしょう。 
すぐにまた逢いたいとか思って、乱れているのか。
思い切った表現ですね。

11年11月23日 (13)

大堰川(おおいがわ)沿いを、亀山公園に向かっている。

11年11月23日 (15)

お金を払わなくても、紅葉の美しい所があるのに気づいた。

11年11月23日 (16)

後拾遺集14首。

11年11月23日 (17)

ここで初めて気づいたことが。
写真は、歌碑を撮りながら、一緒に周りの素晴らしさも撮る。
この写真から、少し良くなります。

和泉式部です。 先ほどの、小式部内侍の母。

11年11月23日 (20)

こうです。

11年11月23日 (19)

和泉式部は、小式部内侍が若くして亡くなる時は生きていた。
そのことから、47歳以上は生きている。 それ以降は分からない。
80歳になってこの歌を作るとは思われないので、きっと、そんなに長生きしていない。

11年11月23日 (18)

清少納言です。

11年11月23日 (22)

どういう意味でしょう。
私がここにいるのを分かっていて、私に逢わないで通ることは許しませんよ、と言っているのか。
だったら、男は、清少納言から逃げるのは大変。

和泉式部は男に対しても自由奔放に生きた。
これに、嫉妬(批判)したのは、清少納言だったように思う。
清少納言は、きっと、美人ではなかった。

11年11月23日 (21)

古今集です。

11年11月23日 (23)

今の時期の歌です。 

11年11月23日 (25)

いいですね。  竜田川は、法隆寺の近く。 
※ 「竜田揚げ」は、この歌と関係あると言われています。

11年11月23日 (24)

小町です。

11年11月23日 (27)

この歌が、人気ベスト1という調査もある。
  ※ 小町については、「キャンピングカーで放浪の旅」の方に、たくさん書いています。
    小野小町で検索すると出てきます。

11年11月23日 (26)

をとめの姿、です。

11年11月23日 (29)

カルタをしていて、これだけは何としてでも取りたいという人がいる。
このような独自の発想の歌がいい。

11年11月23日 (28)

拾遺集です。

11年11月23日 (31)

柿本人磨呂です。

11年11月23日 (30)m

語呂がいいのか。 読んでみたくなる。

11年11月23日 (32)

恋の歌です。

11年11月23日 (33)

こういう歌が、圧倒的に多い。

11年11月23日 (34)

再び地図を。

11年11月23日 (36)

右に行ったら、大河内山荘。 左に行ったら、展望台。

11年11月23日 (37)

展望台。

11年11月23日 (39)

大堰川。 保津川とも。 

11年11月23日 (38)

この秋見た、紅葉した木では、一番美しい。 赤に変化がある。

11年11月23日 (40)

大河内山荘の近くの竹林。 暗くなってきたので、続きは明日。

11年11月23日 (41)

自分でも作ってみたいと、いっつも思う。
和歌でも俳句でも、山頭火みたいでも、何でもいい。

【道の駅】  ガレリアかめおか

【明日の予定】   百人一首を歩く(その2)

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で12位です。            
           
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/440-998936d4

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 百人一首を歩く(その1)~京都、嵐山~  他  (2011/11/23)
  • 2011年11月24日 (木)
  • 07時22分15秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。