FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

沢田研二と田中裕子は、寅さんの「花も嵐も寅次郎」で共演した。
映画の中で沢田は田中に恋をした。 そして、映画を飛び出しても同じに。
舞台は、湯平(ゆのひら)温泉。 
  ・  ・  ・  ・  ・  
今は湯治の人は減った。
でも、大正・昭和と賑わった時代があった。

石畳は、江戸時代の末期に作られたもの。
湯平温泉の大きな魅力。

山頭火が昭和5年に来ている。
ここの温泉は今でも、そのことを大事に。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

湯布院温泉から近い。

s-19年2月25日 (1)    s-19年2月25日 (2)

上の駐車場から歩いた。

s-19年2月25日 (3)

石畳の道に向かう。

s-19年2月25日 (4)    s-19年2月25日 (5)

野口雨情が来ていた。 昭和9年のこと。   温泉街は、花合野川(かごのかわ)沿いに。

s-19年2月25日 (7)    s-19年2月25日 (6)

石畳通りに。  案内書で地図をいただいた。

s-19年2月25日 (9)    s-19年2月25日 (8)

やってない旅館やお店が目立つ。 写真は撮らない。  人はいない。

最後に入る共同湯の前に、山頭火のことが。  昭和5年の秋遅くに来ている。
ここの人たちの温かい心に触れる。

s-19年2月25日 (11)    s-19年2月25日 (10)

初めて見る観光客。  男の人は、赤ちゃんをしっかり抱いて。

s-19年2月25日 (12)    s-19年2月25日 (13)

時々、車が登っていく。 クロネコも。

s-19年2月25日 (14)

左も店は、野菜やアイスを。

s-19年2月25日 (15)    s-19年2月25日 (16)

共同湯。 湯舟は1つか。 今日は女性専用。

s-19年2月25日 (17)

再び地図が。  食料品のお店はないようだ。 湯治はしにくい。

   ※ ある情報だけど、湯治客はたくさんのお金を使わない。
     そんなことで、ここの温泉は昔より湯治客を大事にしなくなったよう。
     寂れた原因の1つは、そこにあるとも。

s-19年2月25日 (18)    s-19年2月25日 (19)

ここにも共同湯。

s-19年2月25日 (20)    s-19年2月25日 (21)

栄えた時代があった。 ※ 実は自分は30年ほど前に来たことがある。 石畳は人でいっぱいだった。

s-cvfggg.jpg

上がってくると、大きな旅館とかが目立つ。 石畳から離れたところにも。
実は、湯平は宿泊料金が高くないようだ。 しかも、値段以上の内容。

湯布院や黒川温泉で遊んで、宿泊はここにする。 そんな人も多いようだ。

s-19年2月25日 (22)    s-19年2月25日 (23)

再びの発展のカギは何でしょう。 若い人を大事にするはもちろんですね。
外国から来る客を、どう取り込むか。 それがポイント。

何をすれば、魅力と感じてもらえるか。
プロの人の知恵を借りて、考えてみたらどうでしょうね。 もう始めているかも。
※ 京都は宿が足りないんですから。

右に、感じのいい旅館。

s-19年2月25日 (24)    s-19年2月25日 (25)

石畳の道が終わって。 少し行って右に寺。 寺の石段の上に大根。

s-19年2月25日 (26)    s-19年2月25日 (27)

上に来ました。 赤いネコヤナギ。  名前は、赤芽ネコヤナギ。(調べて知った)

s-19年2月25日 (29)    s-19年2月25日 (28)

戻る。  少し前に通った旅館。 山頭火の句。  句を作ったり、芭蕉の本を読んでいたようだ。(最後に日記を紹介)

s-19年2月25日 (30)    s-19年2月25日 (31)

女性2人旅。  そして共同湯に行く2人。 あと、最後に2人会ってお終い。

s-19年2月25日 (32)    s-19年2月25日 (33)

この湯に入ります。 銀の湯。

s-19年2月25日 (34)    s-19年2月25日 (35)

さっきの2人も入っていた。 ずっと声が聞こえた。
シャワーはない。 湯がきれいなら、それでいい。  一人で独占。 これが理想。

s-19年2月25日 (38)    s-19年2月25日 (36)

すっかり温まって出たら、こんなのが。  
      ※ 猫は注意したらふてくされる。それがめんこい。 そんなとこにいて、いいのかって、言った。(臼杵で)

s-19年2月25日 (40)    s-19年2月25日 (39)

人ごみはいや、という人は湯平温泉がいい。
湯だって悪くないし。

共同湯をはしごする。 そんな楽しみも。

【山頭火の日記】  昭和5年です。 この時のコースは下に。 関連ブログもいくつか。

   八代を出発して、人吉、都城、宮崎、鵜戸、飫肥、美々津、竹田、湯平、湯布院、山国、下関、
          糸田、香春町、福岡、大牟田、熊本 など。

     山頭火が愛した、日奈久温泉。  宿泊した木賃宿、織屋。  ばんぺい湯、他。~八代市~ 他 (2014/12/8)
     源泉かけ流し・炭酸泉で人気の、長湯温泉 ~竹田市~  鈴木一平「水鏡」  他  (2012/4/2)
       
     志布志の歴史を散歩  山頭火句碑  ダグリ岬 ~志布志市~  さくら(森山直太朗)  他  (2012/3/14)     
     糸田は、山頭火が緑平さんを頼り、また陽水が育った町だった。~福岡県のほぼ中央、糸田町~  (2010/4/25)
      
     高座右寺 山頭火遊歩道 鏡山大神社 ~香春町を歩く~   他  (2010/4/23)
    
11月10日・11日の日記です。 気持ちよく過ごしている。

s-19年2月25日 (43)     s-19年2月25日 (42)

【今日の動画】    1982 寅さん、面白い場面。沢田研二・田中裕子 出演 第30作 「花も嵐も寅次郎」

              ※ この後、2人は8年ほどして結婚。



【道の駅】   ゆふいん

【明日の予定】      湯布院温泉を。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/3083-bac0f725

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 湯平温泉は坂道の石畳が魅力。 古くから湯治で栄える。 山頭火が。 共同湯。 田中裕子はここで・・。~湯布院町~ 他 (2019/2/25)
  • 2019年02月26日 (火)
  • 00時35分59秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。