FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

江戸時代、20万の人が銀山に関わって暮らした。
900の間歩。(坑道)

山の中は、アリの巣のように坑道が張り巡らされていた。
掘る者、運ぶ者、水を出す者、空気を入れる者、坑道を直す者。

薄暗い穴の中での大変な仕事だ。
今日はそんなことを想像しながら、間歩に入ってみる。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

温泉津(ゆのつ)温泉から近い。  坑道はそっちの方まで伸びていたよう。

s-18年11月30日 (2)    s-18年11月30日 (1)

赤が世界遺産センター。  今日は右半分を歩く。  歩いて戻る。 ※ 今日の写真は昨日撮影。

s-18年11月30日 (53)    s-18年11月30日 (51)

昨日はここまでを紹介。   出発。

s-18年11月30日 (3)

道に人がいるとほっとする。 
〇のなかに右のが。  調べたら、獅子柚子(ししゆず)。   文旦の仲間。   食べられる。

s-18年11月30日 (4)    s-18年11月30日 (5)

家が途切れた。   変わったのが来た。   お客さんを2人乗せて。

s-18年11月30日 (6)    s-18年11月30日 (7)

右に、大森小学校。   ようこそ大森に またきてね ってあった。

s-18年11月30日 (8)

お寺は、右を100㍍ほど行った山の上に。  お地蔵さん、多くの人を見てきた。

右写真の石垣、変わってる。  みんな四角い。

s-18年11月30日 (9)    s-18年11月30日 (10)

間歩があっちこっちに。 

s-18年11月30日 (11)

こんな穴の中を、ず~っと入っていくのって不安。

銀を含んだ鉱石は、鉱脈にある。
鉱脈の枝のようなのは、支脈。   幅が30㌢ほどだと、説明に。

その支脈を掘っていく場合がある。  この穴は、どこまでも続くよう。

s-18年11月30日 (13)    s-18年11月30日 (12)

目的地まで3㌔だった。   あと少し。
山肌を見たら、石垣があちこちに。  名残の石垣。

ネコがいた。  タヌキかい、パンダかいって意地悪言ったら、睨まれた。

s-18年11月30日 (14)    s-18年11月30日 (15)

着きました。  龍源寺間歩。   410円。   

現在、157㍍の区間を公開。  奥は、まだまだある。

s-18年11月30日 (16)    s-18年11月30日 (17)

人の背の高さ。  大きな人は用心。   手彫りの跡。   横に穴。

s-18年11月30日 (18)    s-18年11月30日 (19)

広い道まで鉱石を持ち出すと、運ぶのが楽。         右写真に、怨霊・・・。

s-18年11月30日 (20)    s-18年11月30日 (21)

菜種油かそんなのを燃やして灯り。 大きなロウソクの明るさか。

s-18年11月30日 (23)    s-18年11月30日 (22)

こんな所で働けば、寿命は40歳かな。  

   ※ 江戸時代は子供時代を生き抜けば、50歳くらいまでは生きられたよう。

s-18年11月30日 (24)    s-18年11月30日 (25)

右に少し行ってお終い。

はるか昔、岩の割れ目を熱水が通った。
銀は重いので、置いて行った。  そこが鉱脈に。

s-18年11月30日 (26)    s-18年11月30日 (27)

この先は行けない。 

s-18年11月30日 (28)

ここを戻る。 新しい穴かな。   説明がいっぱい。  面白い。

s-18年11月30日 (29)

灯りはあちこちにあるのかな。   ランタンのようなのもあるのか。

s-18年11月30日 (30)    s-18年11月30日 (31)    s-18年11月30日 (32)

水・空気との戦い。

s-18年11月30日 (33)    s-18年11月30日 (34)    s-18年11月30日 (35)

生きる喜びは何だったのでしょう。 
食べることができ、日々生きられればそれで十分と考えたかも。 

s-18年11月30日 (36)    s-18年11月30日 (37)    s-18年11月30日 (38)

戻る時、こんな間歩を見て。  右の道を向こうから。 初めて通る。

s-18年11月30日 (39)    s-18年11月30日 (40)

山に入ってこれ。  清水谷精錬所跡。

s-18年11月30日 (41)

石見銀山世界遺産センターに戻る。  途中に羅漢寺。

岩の中に、右のような羅漢像がある。 ※ 写真は、県の観光サイトからお借り。
羅漢像は好きになれないな。  見学は有料。 500円。

s-18年11月30日 (42)    s-18年11月30日 (52)

途中山道を通って。 近道。

s-18年11月30日 (43)

世界遺産センターの見学。  300円。

鉱脈の発見は16世紀。 戦乱の時代。  銀の需要が世界的に高まっていた。

s-18年11月30日 (45)    s-18年11月30日 (44)

精錬方法は、灰吹方(はいふきほう)。

右の女性は、石を細かくして、銀を含んだ砂を取り出している。
重いから水を使えば、何とかなる。

集まった銀を含んだ砂を、鉛に溶け込ます。

男の人は、あるものの上で、銀が溶け込んだ鉛を高温で熱して溶かす。
その時、鉛だけがその器に浸みこむ。

銀が残る。  こんな仕組み。

s-18年11月30日 (46)    s-18年11月30日 (47)

この様に家は並んでいた。

s-18年11月30日 (48)

下の場所は今現在の写真。  行けないのかな。   右は精錬の作業。

s-18年11月30日 (49)    s-18年11月30日 (50)

石見銀山の最盛期の頃の、銀の年間生産量は、40㌧ほどだったよう。
                     ※ 今の値段なら、20~30億だろうか。 
ただ、江戸時代の銀の価値は、今の10倍以上はあったよう。
 
※ 一日の生産量は、おおざっぱに10㍑のポリタンクの大きさぐらい。
  それが、20万人の鉱山の生産量なんですね。

昨日今日と、夢の跡を歩いた。

【記事紹介】    鉱山町の重伝建地区は、他に1ヶ所だけ。  岡山県の吹屋。

   鯉が窪湿原  吹屋ふるさと村 ~岡山県、新見市・高梁市~   他  (2010/5/13)

全国の羅漢寺の総本山は大分県に。

   羅漢寺は山の中腹の洞窟に、埋め込まれるように。 3700体以上の石仏。 古羅漢。~中津市~ 他 (2016/12/8)

【今日の歌】  映像が美しいのを2曲。

つまさき坂  永井龍雲    

     ※ 最初に出て来る坂は、長崎のオランダ坂ですね

           グラバー邸 大浦天主堂 孔子廟 オランダ坂 ~長崎市~   他  (2010/3/11)



水鏡  鈴木一平     ※ 上もこれも、同じ人がアップ。



【道の駅】      ゆうひパーク浜田

【明日の予定】    浜田市の市街地に行く。

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

 【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
  【拍 手】   下に。
.
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2997-2b29486f

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 世界遺産、石見銀山を歩く。 龍源寺間歩の見学。 清水谷精錬所跡。 世界遺産センターの見学。~大田市~ 他 (2018/11/30)
  • 2018年11月30日 (金)
  • 21時33分59秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。