FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

大河木曽川、その源流はどこでしょう。
自分は今、木祖村にいる。

源流は、木祖村の奥と知った。 
鉢盛山から流れて来る。

簡単に行ける場所ではない。
雨模様の天気なので、木曽川源流ふれあい館に行ってみた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印がふれあい館。 ダム資料館でもある。
緑〇まで行ってきた。

赤〇が木曽川の源流点。
上流部分は、昔、味噌川と呼ばれた。

オレンジ〇に味噌川山。
ダムの名前は、味噌川ダム。  ダム湖は、奥木曽湖。

s-18年10月11日 (2)    s-18年10月11日 (1)

木曽川源流ふれあい館。(味噌川ダム防災資料館)

s-18年10月11日 (4)

   ※ 余談  このような施設は国交省関係の役人の天下り先としてつくられる。
         そうなんだけど、熱心な職員がいる所は展示等が充実している。 ここもそうだった。

資料室への通路。   木曽川の中。

s-18年10月11日 (5)    s-18年10月11日 (6)

源流域の自然。

s-18年10月11日 (10)

大河、木曽川。   長さは7番目。

  ※ 質素な名前。  上流域は木曽地方だから、これでいいか。
    素敵な名前の川がある。 変な名前の川もある。 最後に紹介しますね。

s-18年10月11日 (9)    s-18年10月11日 (27)

木曽川源流の碑が、ずっと上流にある。  源流点よりは下に。
  ※ 一番知りたいのはその場所なのに、どうして地図がないのでしょう。

新しい碑をつくったので、古いのはここに。

s-18年10月11日 (11)    s-18年10月11日 (12)

許可をもらって林道を行って、登山道を歩くと着くよう。
右の写真を見たら、源流点はもう少し上と分かりますね。

右写真の左下に、源流点の場所。
行った人のサイトに地図が。  小さいけど。 ※ ネット上に、地図はこれだけ。

s-18年10月11日 (13)    s-ggghjkl.jpg

水があって人の手が入らないと、自然は豊か。

s-18年10月11日 (8)    s-18年10月11日 (7)

ダムより上流か。

s-18年10月11日 (14)

ニッコウイワナは、80㌢まで大きくなる。   見てみたい。
大きな淵(ふち)があったら、そこの主。   釣りキチ三平の世界。

斑点が違いますね。

s-18年10月11日 (15)    s-18年10月11日 (16)

色んな鳥。   右上にモモンガ。

s-18年10月11日 (17)

ムササビだ。   動物園でも、見たことない。   どこかで見られるだろうか。
モモンガのような可愛さではないか。

s-18年10月11日 (18)    s-18年10月11日 (28)

味噌川ダム。

ロックフィルダム。  石などを積んで。  中央に水を通さない粘土。
原始的な造りに感じるけど、最新式。

ダムの両側が、強い岩盤でないときこのダムに。

s-18年10月11日 (19)

この辺の川は細かった。 一人前の木曽川でない。
そんなことで、未だ木曽川でないという意味で、未曽川。  いつの間にか、味噌川。  こんな説が。

ダムの上。

s-18年10月11日 (20)

ダム湖は、奥木曽湖。  
天気が良ければ、源流点のある鉢盛山が見えるそう。(ふれあい館の人の話で)

s-18年10月11日 (21)

ジャランからお借りした写真。 遠くの山かな。

s-18年10月11日 (3)

下の木祖村の集落。

s-18年10月11日 (22)

奥に行く。   この橋でお終い。

s-18年10月11日 (29)    s-18年10月11日 (30)

ダム湖は右奥にまだ続く。  ダム湖の右に、林道。(ゲートがある)

源流点まで、直線で約8㌔。   遠くない。

s-18年10月11日 (23)

向こうにダム。   雨なので、車の中から。

s-18年10月11日 (24)

山を下りてきた。   自分の目でやっと木曽川を近くに。   上流方向。
ダムが出来る前は、もっと水量は多かった。

この一帯に、まとまった集落。  店がある。  明治の頃は、小木曽村。   

s-18年10月11日 (25)

下流方向。  この後は、たくさんの川を集めて大河になっていく。

s-18年10月11日 (26)

【川の名前について】  素敵な名前の川と、変わった名前の川を紹介。

① 素敵な名前。

    四万十川(しまんと川)   九頭竜川(くずりゅう川)  天竜川  

    渡良瀬川(わたらせ川)   千曲川(ちくま川)   姫川   風連川(北海道)

② 変わった名前(全部北海道に)

    ヤリキレナイ川  ※ これが一番でしょうか。
               ヤリキレナイ川 ~夕張川の支流 全長5㌔㍍  由仁町~  他  (2011/8/11)

    オカネナイ川(音威子府村)  ワルイ川(長万部町)  
    オモシロナイ川(面白内川 雨竜町)   ハッタリ川(根室市)

③ おまけ(北海道)

    ポンキキン川(津別町) オサラッペ川(旭川市) モサラマン川(雄武町) ポー川(標津町)

【道の駅】    日義木曽駒高原

       木曽町日義は、木曽義仲が育ち、旗揚げした地だった。 また、巴御前の生地でも。~木曽町~  他  (2012/11/12)

【明日の予定】     この近くか、南下。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2945-ed582a9f

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 木曽川源流ふれあい館。 味噌川ダム、どうしてこの名前。 源流点は8㌔先、鉢盛山の下に。~木祖村~ 他 (2018/10/11)
  • 2018年10月12日 (金)
  • 10時47分33秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。