FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日は奈良井宿の南半分。
中を見学できる建物がある。

奈良井宿を過ぎたら、鳥居峠。
木曽路の一番の難所。

そんなことがあって、奈良井宿は木曽路の中で一番大きく発展した。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

今は鳥居峠のずっと南まで長野県。
昔は、鳥居峠の北が信濃(信州)。  南は、美濃。  鳥居峠は国境だった。

s-18年10月10日 (2)    s-18年10月10日 (1)

全ての道が狭い谷に集まっている。

s-18年10月10日 (3)

この辺りから。

とうぶきは商品でしょうか。   コロポックル見たい。   
                   ※ フキの下の人。  その①  その② 

s-18年10月10日 (4)    s-18年10月10日 (5)

水場が何ヶ所もある。   

s-18年10月10日 (6)

ここを行くと、右に郵便局。  住民の駐車場も。
真っ直ぐ行くと、神社。

s-18年10月10日 (7)

神明宮。

s-18年10月10日 (8)    s-18年10月10日 (9)

数軒の店を見学。   欲しいものは無かった。  漆器、お六櫛、曲げ物など。

s-18年10月10日 (10)

最後にここに入ることに。

s-18年10月10日 (11)

突き当りで、右に曲がって、直ぐに左に。  ここで右に行く。

s-18年10月10日 (12)

長泉寺。   

s-18年10月10日 (13)

家光の時代から、お茶壺道中が。  宇治の茶を江戸に運んだ。
長い行列。   幕府の権威を示すことが目的。

ここは、その宿泊所に。

s-18年10月10日 (14)

本堂の天井に龍の絵。   端から端まで長く。

s-18年10月10日 (15)    s-18年10月10日 (16)

初めて知ることが書いてある。
童謡の「ずいずいずっころばし」の歌詞に、「茶壺に追われて とっぴんしゃん」ってある。

茶壺の行列には、小さな失礼も出来ない。
子どもがちょろちょろするのは、もってのほか。

だから、茶壺の行列が来たら、戸をぴしゃんと閉めて、息を殺して行き過ぎるのを待つ。
そんな内容だった。 考えたこともなかった。

s-18年10月10日 (17)    s-18年10月10日 (18)

道が曲がる鍵の手に来た。   地図が。

s-18年10月10日 (19)    s-18年10月10日 (20)

面白い雑貨を見るのは楽しい。
曲げわっぱの気に入った弁当箱は、見つけられなかった。

s-18年10月10日 (21)

ここが奈良井宿の南の端。   高札場。  決まったことが張り出される。
道は鳥居峠に続く。

   奈良井宿から、鳥居峠を越え、薮原宿まで歩いた。~塩尻市・木祖村~  他  (2012/11/10)

s-18年10月10日 (22)    s-18年10月10日 (23)

鎮神社(しずめじんじゃ)。  病気や崇(たた)りを鎮める。

s-18年10月10日 (24)

戻る。   昔はどこの家の屋根にも、石が乗っかっていた。

s-18年10月10日 (25)    s-18年10月10日 (26)

ここの見学。   上問屋(かみといや)資料館。  300円。

s-18年10月10日 (27)

昔、宿場には旅をする人を助ける、馬や人がいた。
それを仕切ったのが、問屋(といや)。  

ここは手塚家で、庄屋もやっていた。

s-18年10月10日 (28)

パンフをいただいたけど、見てない。 説明を読む。
奥に長い家。   中間に、中庭。  明り取りの意味も。

s-18年10月10日 (29)    s-18年10月10日 (30)

山岡鉄舟の書があったら見たいなと、歩いていた。
その10秒後、あった。

  ※ 幕末の動乱時、将軍慶喜(よしのぶ)の考えを、駿府(静岡)にいた西郷隆盛に伝えたい。
    大きなその役は、山岡鉄舟に。

    鉄舟は、薩摩・長州そして幕府からも信頼されていた。
    手紙を読んだ西郷と幕府には、考えのずれがあった。

    それをその場で埋めたのは、鉄舟。
    歴史は、大政奉還へと大きく動いていく。

  ※ 鉄舟は、最後の仇討をした男に剣の指南をした。 
     テレビドラマになっている。   遺恨あり 明治十三年 最後の仇討

         秋月は、山里の城下町。  秋月城跡。  日本最後の仇討、臼井六郎。~朝倉市~  他  (2014/3/25) 

「山 色 健」  3字で木曽路の情景。

s-18年10月10日 (31)

奥の庭。    ※ 中学生の女の子たちも5人ほどいた。 何かの勉強。
          ここに入る少し前、小さな公園にいた。

          滑り台に乗って遊んで。 楽しそうだ。

s-18年10月10日 (32)    s-18年10月10日 (33)

明治天皇が泊まっている。  この部屋に。

s-18年10月10日 (34)

戻って、簾越しに。

s-18年10月10日 (35)    s-18年10月10日 (36)

箱階段で二階に。   別の階段もある。   昔の記録。

s-18年10月10日 (38)    s-18年10月10日 (37)

二階の天井は低い。  幕末に建てたので、割と窓が大きい。

s-18年10月10日 (39)    s-18年10月10日 (41)

巖谷一六(いわやいちろく)という人の書。  

     ※ 調べてみたら、富士山の歌の作詞者は、この人の子どもでした。(頭を雲の上に出し・・・)
       巖谷小波(いわや さざなみ)

s-18年10月10日 (40)    s-18年10月10日 (42)

欧米からの人に時々会う。

s-18年10月10日 (43)

屋根の上で、この家を守っている。

   ※ 江島(絵島)事件の江島と同じ。  絵島が流された地は、ここから遠くない高遠。
     武田勝頼の母の諏訪御料人の墓も、高遠でしたね。   

s-18年10月10日 (44)

車はここに。 

s-18年10月10日 (45)

町並みをここまで残せたなんて、驚きですね。
見所十分の、重伝建地区、そして宿場町でした

【道の駅】    きそむら

【明日の予定】    木曽川の源流に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、7位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2944-a25e71d5

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 奈良井宿を歩く、その2。  お茶壺道中と、ずいずいずっころばし。 上問屋資料館。 山岡鉄舟の書。~塩尻市~ 他  (2018/10/10)
  • 2018年10月11日 (木)
  • 07時43分16秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。