FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

奈良井宿は、木曽路の11宿の中で最も標高が高い。
夜になると涼しい。

昔の雰囲気の家並みが、800㍍ほど続く。
重伝建地区の中では、一番長いような。

  ※ ここと高山が、特に大きな重伝建地区でしょうか。
    
2日間で見るので今日は半分。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

塩尻市の南部にある。

s-18年10月9日 (2)    s-18年10月9日 (1)

道の駅は駐車場としても使える。   便利。  ※ 妻籠のように、有料駐車場の所も。

s-18年10月9日 (3)

木曽の大橋を渡って。

s-18年10月9日 (6)

奈良井川。   松本市で梓川に合流。   梓川は犀(さい)川に。

s-18年10月9日 (7)

戦国時代から集落はあった。

s-18年10月9日 (8)    s-18年10月9日 (9)

右に、奈良井駅。  ここが奈良井宿の北の端。

上がっていく道が、旧中山道。

s-18年10月9日 (10)

古い道が残っている。   杉並木。

s-18年10月9日 (11)    s-18年10月9日 (12)

二百地蔵。  道路工事とかで、ここに集まった。   二十三夜塔が多い。

s-18年10月9日 (13)

ほんのり微笑んで。   二百地蔵の左隣に、八幡宮。

この場所は、奈良井宿の北東の端。 鬼門と呼ばれる。
守るために八幡宮が。

s-18年10月9日 (14)    s-18年10月9日 (15)

戻って、奈良井駅。  
木曽路はすべて山の中。    藤村の言葉。 彼の実家は、馬篭(まごめ)に。

s-18年10月9日 (16)

駅舎の中。   中央本線。

s-18年10月9日 (17)    s-18年10月9日 (18)

全体図。    左に行けば、鳥居峠。

s-18年10月9日 (19)

今日は、右半分。

s-18年10月9日 (20)

出発してすぐだけど、上がってきた。   専念寺。
大きな白い石は、うなり石。

夜泣き石のように、声を出す。
なぜかは、分からない。

   ※ 風が石のすき間に入り込んで、音を出す。
     そう考えられる。 隙間を何かで埋めたら・・・。

s-18年10月9日 (22)    s-18年10月9日 (21)

こんな通り。

s-18年10月9日 (23)

漆器店が多い。  

s-18年10月9日 (24)

喫茶店。  いい雰囲気。

s-18年10月9日 (25)

花筏(はないかだ)というお店。
花びらが川面に浮かんで、花筏。

花との出会いとある。  花はいい。

子どもの髪をとかして、愛情を。

s-18年10月9日 (26)    s-18年10月9日 (27)

法然寺。  お堂に細長いお地蔵さま。

この寺の裏山に、奈良井氏の居館跡がある。 城跡か。

s-18年10月9日 (28)    s-18年10月9日 (31)

この道を上がる。 水場に戻って。

s-18年10月9日 (29)

道を間違ってこの道に出た。

歩くのが楽しいので、ずっと向こうから来た。
煙の所に人。   教えてくれた。

この道は、明治23年に出来た明治新道。
昔からの中山道は、車が走れない。

物を運ぶために、この道を。  バスは無理だったよう。
ずっと行けば、鳥居峠に。

s-18年10月9日 (30)

地図ではこう。   赤〇は、旧中山道。
オレンジ〇が、明治新道。

s-18年10月9日 (4)

下のように。 明治新道は、傾斜が緩い。

s-18年10月9日 (5)

一度戻って、探し直し。  見つけた。

奈良井氏は木曽氏の家臣なのか、この地から離れたら名前が出て来ない。(ネット)

s-18年10月9日 (32)    s-18年10月9日 (33)

戻ってきた。   門が見える。

s-18年10月9日 (34)

今度は大宝寺。   マリア観音がある。

  ※ 拝観料100円と分かり、右の店でおやきを買ったて100円をつくった。
    受付に人はいない。   箱だけ。

s-18年10月9日 (35)

右が受付。

s-18年10月9日 (36)    s-18年10月9日 (38)

墓地の奥にあった。
s-18年10月9日 (39)    s-18年10月9日 (40)

子どもが持っている棒の先が十字。 それで、マリア地蔵尊。

  ※ 九州では、マリア観音は時々見る

      天草キリシタン館。  祇園橋付近、川は血に染まった。~天草市~ The Wedding の日本語訳  他  (2013/2/9)

    こんなのも

      大江天主堂。  天草ロザリオ館。  五足の靴。  お万ヶ池の伝説~天草市天草町大江~  他  (2013/1/26)  

s-18年10月9日 (41)    s-18年10月9日 (42)

本堂の裏に庭がある。

s-18年10月9日 (37)

間もなく紅葉が。

s-18年10月9日 (43)    s-18年10月9日 (44)

寺の上に、奈良井義高の墓。   墓の字は読めなかった。

s-18年10月9日 (45)    s-18年10月9日 (46)

何軒かお店を見学。
いいなと思ったのは、まげわっぱのお弁当箱。無題bbbvghjjkk

高いので買えない。
漆を塗って、木の雰囲気の無いものはつまらない。

明日も見学。 気に入って安いのがあればいい。

s-18年10月9日 (47)

奈良井宿の見学は何度目か。
今回は、通り以外も見学。

明日、自分の知らない物を見つけたい。

【道の駅】     奈良井

【明日の予定】     奈良井宿の後半を歩く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2943-5804083b

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 奈良井宿は木曽路最大の宿場町。 漆器・曲げ物・お六櫛のお店。 マリア地蔵尊。 二百地蔵。~塩尻市~ 他 (2018/10/9)
  • 2018年10月10日 (水)
  • 09時18分25秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。