FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

8年前、蔵王山に登った。
そして、御釜を見た。

でも、それは濃い霧の中で一瞬だった。
再度その場所からお釜を、そして花を。

山の頂上でも、25度はあった。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

前回は、上の青〇から。  今回は赤〇から。 ※ ロープウェーが安くないのでそうした。

s-18年5月7日 (2)    s-18年5月7日 (1)

レストハウスまでの少しの道が有料。   400円ちょっと。  駐車料金みたいな感じ。

赤〇が蔵王山の頂上。

   ※ 正確には熊野岳の頂上。 蔵王山は広くまとめての名前。 蔵王連山。
     そうなんだけど、百名山でも熊野岳を蔵王山と呼んでいる。

s-18年5月7日 (5)    s-18年5月7日 (4)

レストハウスの後に刈田岳頂上。

s-18年5月7日 (6)    s-18年5月7日 (7)

線の中が火口。  大きい。   噴火の可能性あり。
昔噴火して、火口に水。   御釜。

避難小屋に行って熊野岳に。

s-18年5月7日 (8)

見えました。   御釜はこうです。   赤〇に避難小屋。   黄色〇にただ行ってくる。

s-18年5月7日 (9)

赤〇に頂上。   黄色〇は避難小屋。   さあ行くぞ。

s-18年5月7日 (10)

下への階段。  行ってみるか。

s-18年5月7日 (11)

イワカガミとミネズオウ。   最近こればっかり。  感動が無くなった。

s-18年5月7日 (12)    s-18年5月7日 (13)

青と云うより、グリーン。 

  ※ 美しいけど、一切経山から見た五色沼の美しさには敵わない。 少なくとも今日は。

s-18年5月7日 (14)    s-18年5月7日 (15)

突然の噴火で、お釜の水が天に吹きあがったら、命は危ない。
レストハウスはシェルターっぽくないけど、大丈夫か。

  ※ 640㍍は、若い時なら2分で十分。  今は・・・。

s-18年5月7日 (16)    s-18年5月7日 (17)

正面と云う感じ。  今は通行止めだけど、以前は向こうも歩けたよう。

s-18年5月7日 (18)

向こうから来た。

s-18年5月7日 (19)

思い出した。   8年前に来た時、風が強かった。 風速15~20㍍。
突風が来た時、飛ばされそう。

正面の石の後から写真を撮った。
霧が濃かった。  動くのを待った。

s-18年5月7日 (20)

霧が一瞬消えた。 8年前に撮った写真がこれ。

s-18年5月7日 (3)

今回は、これ。   同じ場所からと分かりますね。

s-18年5月7日 (21)

登っていくと、避難小屋。  ここはシェルター。

途中、コマクサを見つけた。   花はまだ。

s-18年5月7日 (23)    s-18年5月7日 (22)

確かにシェルター。  使えるのは、緊急の時だけ。
外に、碑があった。

大正7年10月23日、仙台二中(現在の仙台二高)の修学登山パーティーが蔵王連峰の馬の背付近で遭難し。
生徒7名・教諭2名が亡くなる。  この近く。

10月の末になると、厳しい天気の日があるんですね。
大雪山系のトムラウシでの遭難は、7月。 みんな凍え死んだ。

山の天気は恐ろしい。
  ※ 今の時代は山の天気予報がある。  それを無視しなければ、大事故は起きにくい。
    予報はABCがあって、Aの時だけ行くと決めればいい。

s-18年5月7日 (24)    s-18年5月7日 (25)

熊野岳頂上が。

s-18年5月7日 (26)

熊野神社。(蔵王山神社)

s-18年5月7日 (27)    s-18年5月7日 (28)

8年前は、向こうから来た。  左にロープウェーが見える。 
あれの向こうのロープウェーに乗って。(見えてない)

s-18年5月7日 (29)    s-18年5月7日 (30)

熊野神社。  狛犬は、厳しい冬を乗り越えて。  隣に、役行者(えんのぎょうじゃ)の像。

  ※ 余談  昔この一帯の山は、刈田峰とか呼ばれていた。
        役行者が、吉野の金峯山寺から蔵王大権現をこっちに。(別の物だけど)
    
        いつの間にか、一帯は蔵王と呼ばれるように。
        金峯山寺はこんな寺。(数年前)

        蔵王権現は、こんな像。 名前も姿も、強烈な印象。(三仏寺の。数年前に)  

s-18年5月7日 (31)    s-18年5月7日 (32)

木がないから、ハルゼミは石にへばりついて鳴いていた。

戻る。  コケモモ。
避難小屋を真っ直ぐ通り過ぎた。 右への道は行けない。  行けたらお釜を一周できる。

s-18年5月7日 (33)    s-18年5月7日 (34)

正面に何かが。  人が見えた。  行ってみる。

s-18年5月7日 (35)

コマクサがあちこちに。  花のつぼみ。  あと2週間か。  全体は3週間。

  ※ 岩手山のコマクサ。  群落。 アップ。 (2010年7月27日)

s-18年5月7日 (37)    s-18年5月7日 (36)

御釜がこのように。   何の花かな。 

s-18年5月7日 (38)    s-18年5月7日 (39)

見えてきた。   コマクサがあちこちに。   小さなのもいっぱい。  増えているんですね。

s-18年5月7日 (40)    s-18年5月7日 (41)

岩の上から反対方向。   東方面。  ここで弁当を食べた。

s-18年5月7日 (42)

これを見ながら戻る。 急な斜面から離れて歩く。

s-18年5月7日 (43)

こんな感じで群落。   7月に来たら見事。

右もそうだけど、厳しい環境の中で生きている。

s-18年5月7日 (44)    s-18年5月7日 (45)

戻ってきた。

s-18年5月7日 (46)

刈田岳の頂上に、刈田峯神社。(奥宮)  下の遠刈田温泉にも刈田峯神社が。(蔵王大権現を)
明治以前は、蔵王大権現社があった。 

ミネザクラが散りだした。

s-18年5月7日 (47)    s-18年5月7日 (51)

上から全体を。  

s-18年5月7日 (50)

イワカガミとコケモモ。  そして、ハクサンチドリ。

s-18年5月7日 (48)    s-18年5月7日 (49)

平日と云うこともあって、登山者は少ない。
登山しなくても、お釜が見られるからか。

火山の風景が広がっていた。
コマクサが逞しく生きていました。

【記事紹介】    火山の風景なら雌阿寒岳。

   雌阿寒岳頂上は巨大噴火口の縁に。 元祖メアカンキンバイ・メアカンフスマ。 阿寒湖とオンネトーが。~足寄町~ 他 (2017/8/2)

【道の駅】     天童温泉

【明日の予定】    この近く。   立石寺か山形市内のあるお寺。 雨なら寺か。
                ※ 立石寺の石段は1015段。  運動を兼ねて3回は・・。
                ※ 山形市内のお寺には、悲しい歴史。 秀吉関係。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2817-4af07cf7

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 蔵王山に登る。 御釜の色はエメラルドグリーン。 コマクサの群落、つぼみが少し。~上山市・蔵王町他~ 他 (2018/6/7)
  • 2018年06月08日 (金)
  • 08時44分03秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。