キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

大柳川渓谷の入り口に、十谷集落。   ※ おおやながわ じっこく
そこに着いたら、見覚えがあった。

5年前に、一度来ていた。
今回は、集落の写真を多くすることに。

行ってない場所も見つけて。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

真下をリニアが通る。

s-18年5月2日 (1)

国道から南アルプスの麓に入る。

s-18年5月2日 (2)

右から一気に上って、山の中腹の棚に。

s-18年5月2日 (3)    s-18年5月2日 (4)

国道から入った。

s-18年5月2日 (42)

富士川町五開地区。  ここに五開小学校はあった。

  ※ 今日行く十谷集落には、五開小学校十谷分校があった。
    今は、分校も五開小学校もない。

s-18年5月2日 (43)

五開地区を過ぎて、谷は深くなっていく。

s-18年5月2日 (44)

急な坂道が続き、着いた。

s-18年5月2日 (45)

車はここに。  広い駐車場を忘れていた。  ここにはバス停とトイレが。

s-18年5月2日 (5)

鈴鹿神社。

s-18年5月2日 (6)    s-18年5月2日 (7)

赤〇を歩いた後、集落の中を。  右のような石畳の道。 ここは行かない。

s-18年5月2日 (9)    s-18年5月2日 (8)

この道を下って谷に。

s-18年5月2日 (10)

ずいぶんと下った。   新緑。

s-18年5月2日 (11)

吊橋の上から。  川は大柳川。  それで大柳川渓谷。

s-18年5月2日 (12)    s-18年5月2日 (13)

次から次と橋。 夜の雨で少し滑る。

s-18年5月2日 (14)

滝が出てきた。 下への道は通行止め。

s-18年5月2日 (15)    s-18年5月2日 (16)

大きな滝。   雨渕の滝。

s-18年5月2日 (17)

滝の上に滝つぼ。

s-18年5月2日 (18)

滝は続いて。

s-18年5月2日 (19)

何が棲んでいるのかな。   滝を下ったら、戻って来られない。

s-18年5月2日 (20)

イワナとかがいるのか。  放流はヤマメかも。

この先は通行止め。 

s-18年5月2日 (21)    s-18年5月2日 (22)

上の車道を歩いて戻ってきた。

髙いと分かりますね。 遠くの下から上がってきた。

s-18年5月2日 (23)

こんな温泉民宿が。 向こうから来た。

s-18年5月2日 (24)

左の道を来た。   どんな言葉が人の心を傷つけるでしょう。

「お前さえいなかったら」 こんなのは厳しい。
「すべて あなたのおかげ」 これはいいね。

「がんばるは なんて言うなよ 草の花」 こんな俳句が、昔あった。

5日は立夏。   今日は、夏も近づく八十八夜。

s-18年5月2日 (25)    s-18年5月2日 (26)

行ってみたい道。   今年はバラも早いのかな。 バラ祭りはもっと後なのに。

s-18年5月2日 (27)    s-18年5月2日 (28)

集落の中を歩きだしている。   長屋門の家。   何で栄えた時代があったのでしょう。

s-18年5月2日 (29)    s-18年5月2日 (30)

ナマコ壁ですね。

s-18年5月2日 (31)    s-18年5月2日 (32)

向こうから来た。  左に何かが。

s-18年5月2日 (33)

五輪塔に六地蔵。  たまに見ますね。

左に蚕神(かいこがみ)

  ※ 余談  この集落は昔は、巨摩(こま)郡十谷村。
        巨摩は高麗(こま)で、高麗(こうらい)のこと。

        高麗は朝鮮。 蚕(かいこ)は朝鮮から伝わった。
        十谷集落は、養蚕(ようさん)で栄えた時代があったのか。

s-18年5月2日 (34)

少し歩いたら、広場に出た。  小学校の跡地っぽい。
調べたら奥の建物は、小学校の校舎だった。

s-18年5月2日 (35)

校歌の碑があることを期待したらあった。

五開小学校十谷分校 閉校記念

s-18年5月2日 (36)    s-18年5月2日 (37)

全文読めた。

  山また 谷の ほそ道に
  父 母 兄 姉の 血は通う
  不動の滝の 心もて        ※ この滝は、本校のある五開地区にある。 途中見た。
  うまず たゆまず 一筋に     ※ 倦まず弛まずと書く。 飽きたり気を緩めたりしない。
  進む われらが五開校

    昭和五十六年三月三十一日。 (1971年)

※ 自立の心を持って生きなさい。 そう言ってる感じ。
  教育の本質は、自立を育むこと。 自分の力で生きられるように、ですね。

※ 分校の校歌は無く、分校だから本校の校歌を歌うんですね。  右の花は、オダマキかな。

s-18年5月2日 (38)        s-18年5月2日 (39)

戻ってきた。 

s-18年5月2日 (40)    s-18年5月2日 (41)

車で戻る途中、富士山が見えた。

s-18年5月2日 (46)

※ 5年前来た時、お世話になった家があった。
  家の前のにぎやかさが無くなっていた。

    滝と吊り橋が連続する、大柳川渓谷。  天空の秘境、十谷集落。~富士川町~ 他 (2013/6/3)

自分にとっては、渓谷より集落に魅力を感じました。

【記事紹介】

   果無集落は、世界遺産小辺路に。 そこはまるで天空の郷。 道は果無峠に向かって。~十津川村~ 他 (2018/3/13)
   西椎屋の風景は、宇佐のマチュピチュ。 椎屋神社の大銀杏。 戻って来た大龍寺の梵鐘。~宇佐市~ 他 (2016/12/10)

   深い谷の急斜面に、家と畑と曲がった道がへばりつく、下栗の里。~飯田市~  夢ではダメ。  他  (2012/11/3)

【今日の歌】  今日は八十八夜。   茶摘みが始まる季節。
           最近は温暖化で、2週間ほど茶摘みが早くなっています。
           静岡市では、4月の20日すぎには新茶が売っていました。
茶摘み



NSP 八十八夜 (Live)



【道の駅】    にらさき

【明日の予定】     この近く。  行きたいとこがあっても、混むので、むずかしい。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、5位。 旅行全体、10位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.      
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2780-87d358aa

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 滝と吊橋が続く大柳川渓谷。 十谷集落は高く狭い土地に。 道は石畳。 五開小学校十谷分校跡。~富士川町~ 他 (2018/5/2)
  • 2018年05月02日 (水)
  • 22時11分09秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。