FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

清水区に入って、興津に停泊している。
今日は、興津を散策。 散歩。

興津宿は、東海道53次の17番目の宿場だった。
その面影は、少しだけ。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

興津(おきつ)から北への道は、身延山への道。 身延道。  そして甲府に。

s-18年4月26日 (1)

印の周辺を歩く。

s-18年4月26日 (2)

車の近くに、公園。  ツツジが満開。  

s-18年4月26日 (6)    s-18年4月26日 (7)

車は左に見える。  店と公園のトイレがあるから困らない。

s-18年4月26日 (8)

興津駅は向こう。 ここに興津宿があった。  街中を国道1が。

s-18年4月26日 (9)

反対側。   富士山のすそ野だけ。   朝は、富士山の上が見えた。

道は、国道1のバイパス。

s-18年4月26日 (10)

遠くに伊豆。  天城峠は山の中。  天城山はその向こう。   海は駿河湾。

   旧天城トンネルを抜けて、湯ケ野温泉まで歩く。  河津七滝。~伊豆市・河津町~  他  (2014/5/29)
   天城山の魅力は、豊かな自然だった。 ツツジ、アサギマダラ、ヤマカガシ。~伊豆市~ 他 (2014/6/3)

s-18年4月26日 (11)

下は、裸足で歩くのかな。  図書館の方に行く。

s-18年4月26日 (12)    s-18年4月26日 (13)

徳間峠ってどこでしょう。

s-18年4月26日 (14)

興津川の上流から、南部町へ抜ける道にあった。
峠の部分は山道。   南部町からの道は、入ってきたことが。

   南部町の最恩寺まで歩く。  裳階(もこし)のある唐様式の仏殿。  ここは南部氏の領地だった。~南部町~ 他 (2016/4/18)

s-18年4月26日 (5)

県道はこうなって、少ししてお終い。

s-18年4月26日 (4)

徳間峠。   登山者でないと行けない。  下のサイトからお借り。

   山のにほひ、磯のかほり

昔、どんな人達がこの峠を使ったのでしょう。

s-18年4月26日 (3)

アヤメです。   今年初めて見る。

s-18年4月26日 (15)

どれもよく見える。

s-18年4月26日 (16)

交差点を真っ直ぐ行くと興津駅。

s-18年4月26日 (17)

桜の花が散って、実がなってる。  右は、ジャガイモの花。

s-18年4月26日 (18)    s-18年4月26日 (19)

興津駅。   右の店に、新茶と。   もう売ってるんですね。

s-18年4月26日 (20)

興津宿の左(西)はしに清見寺(せいけんじ)。

   清見寺の見学。 山門前に東海道本線。 家康が学んだ寺。 庭園。 山下清の絵。~静岡市清水区~ 他 (2016/4/7)

s-18年4月26日 (21)

地図があった。  もう一度さった峠を抜けて由比まで行ってみたい。 いい風景が。

   薩埵峠(さったとうげ)から、由比宿へ ~静岡市清水区~  広重作「雪の蒲原(かんばら)  (2011/11/8)

s-18年4月26日 (22)

国道1です。  この道に昔の興津宿が。  

子供たち3人が。 元気。 片側だけの補助輪。  初めて見る。 挨拶してくれた。

s-18年4月26日 (23)    s-18年4月26日 (24)

興津宿公園。

s-18年4月26日 (25)

宗像神社は九州ですね。 興津宮とあるのは、世界遺産の沖ノ島にある沖津宮のことかな。

    九州国立博物館で、特別展 宗像・沖ノ島と大和朝廷を見る。 国宝、初音の調度。 太宰府天満宮。~太宰府市~ 他 (2017/1/21)

  ※ この地は興津氏が支配していたので、興津になったという説も。

s-18年4月26日 (26)    s-18年4月26日 (27)

ここを行くと、耀海寺。

s-18年4月26日 (28)

1人だけ調べてみた。  松濤(まつなみ)という人は、確かに幕末に活躍していた。
でも仲間に殺された。

  ※ 自分の出世に邪魔と思ったら、殺すことがあった時代。
    大河に出て来る大久保利通も、自分より上と感じる者を殺した。

s-18年4月26日 (29)

こんなお堂が。 いじめは昔からあった。

今の日本の社会は、いじめの社会だなって感じるでしょうか。
学校で起きてしまうのは、自然な流れ。

s-18年4月26日 (30)    s-18年4月26日 (32)

東海道と身延道の分岐にあった。 火事で表面がはがれた。  修復してここに。

右はクワの実。  まだ赤い。  黒くなったら食べられる。 舌を赤くして食べる。

s-18年4月26日 (31)    s-18年4月26日 (33)

戻っている。

s-18年4月26日 (34)

波切不動があるので行ってみる。   列車がしょっちゅう通る。

s-18年4月26日 (35)

波切不動は山の上。   お腹が空いたので戻った。

s-18年4月26日 (36)

少し行って、左に。   真っ直ぐ3分ほど歩けば、清見寺。

s-18年4月26日 (37)

今日は、近くを散歩しました。
明日は、早くから動きます。

いい天気がまた続く。

【停泊場所】     興津のマックスバリュの裏。

  また、Kさんご夫妻からこんな差し入れ。 すこしのお酒で。

s-18年4月26日 (38) 
 
【明日の予定】    藤枝市に藤の花を見に行く。  蓮華寺公園藤まつり。
             清水のKさんご夫妻とその友人と私の4人で。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、8位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.      
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2774-3fb2bf1a

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 清水区興津を散策。 新興津緑地はツツジが満開。 遠くに伊豆半島。 興津宿は東海道の17番目。~静岡市~ 他 (2018/4/26)
  • 2018年04月27日 (金)
  • 04時39分10秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。