FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

寸又(すまた)峡は、大井川の支流寸又川に。
そこは、南アルプスの懐に入る感じ。

道は細い部分はあるけど、大丈夫。
バスも通っている。

夢の吊橋が目的地。
寸又峡温泉から歩いて。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

南アルプスに入っている。

s-18年4月18日 (1)

大井川の本流は、右に。  明日、井川に行きたい。   
変わった鉄道で。  急な斜面も登れる、アプト式。

s-18年4月18日 (2)

赤〇を歩く。

18年4月18日 (3)ppp 

寸又峡温泉の入り口。   温泉旅館がいっぱいある。

s-18年4月18日 (4)

1本の木に、赤と白の花。   梅だったかな??

s-18年4月18日 (5)    s-18年4月18日 (6)

真っ直ぐ行って右に。

s-18年4月18日 (7)

ここから山に。

s-18年4月18日 (8)

ダムがあるので、施設管理の道が。  

  ※ クマのことは書いてない。 いるけど、南アルプスには少ない。
    中央道で他と分断。 絶滅を避けられるでしょうか。

s-18年4月18日 (10)    s-18年4月18日 (9)

下に吊橋。  あそこへ行く道もある。   再度来ることがあったら、あっちへ。

s-18年4月18日 (11)    s-18年4月18日 (12)

斜面を水が流れている。   穴がいっぱい。  中に、タゴガエル。  姿は見えない。

くぐもった鳴き声。 穴の中だからか。

s-18年4月18日 (13)    s-18年4月18日 (47)

YouTubeから。  こんな鳴き声。



真っ直ぐ行く。   左から戻って来る。

s-18年4月18日 (14)

夢の吊橋が見えた。  〇に展望台。   後で行く。    少し手前にダム。

s-18年4月18日 (15)vvv 

寸又川の支流大間川に架かっている。  右は展望台。

s-18年4月18日 (16)    s-18年4月18日 (17)

恐る恐る渡っている。

s-18年4月18日 (18)

ワイヤーが細い印象。

s-18年4月18日 (19)

行ってみる。   寸又峡の説明。

s-18年4月18日 (21)    s-18年4月18日 (20)

自分も揺するし、前の人も。

s-18年4月18日 (22)

両側の細いワイヤー。   それに触れてると、少しは安心。

板は薄いし棒は細い。  そんなので心配が。

s-18年4月18日 (23)

大間ダム。

s-18年4月18日 (24)

吊橋がいっぱいあるけど、観光用のためだけではないんですね。

昔は、山の中にも人が住んでいた。 木材運搬の時代もあったし。  橋は必要だった。

s-18年4月18日 (25)    s-18年4月18日 (26)

横から。

s-18年4月18日 (27)    s-18年4月18日 (28)

この人たちは何をしているのか。

誰もいなくなったら、真ん中の男の人が吊橋の中央でポーズをとる。 様々な。
その写真を望遠で撮る。   三脚使って。  観光客が邪魔だなって思いながら待つ。

この人たちが邪魔だな。

s-18年4月18日 (29)

この後石段を300段ほど登った。   下は途中から。

s-18年4月18日 (31)    s-18年4月18日 (30)

※ 余談  石段の途中に休憩所。 そこに学生風の女性がいた。 少しだけお話し。
      久しぶりに見た、秋田美人の感じ。 ずっと出会ったことは無かった。

      下の写真は、どれも秋田美人。 
      典型的な秋田美人は、左の人。 少しうりざね。 この人に似ていた。  写真より少し唇薄く。 二重。

     img_4.jpg

上がってきた。  右に少し行ったら、展望台。

s-18年4月18日 (32)

ここです。

s-18年4月18日 (33)

東京芝浦とあったので、東芝か。 小型のジーゼル機関車か。

ダムの資材を運んだ。  木材を運んだ時代も。 人だって。  地図は意味が分からない。

s-18年4月18日 (36)    s-18年4月18日 (35)

あそこに大間ダム。

s-18年4月18日 (34)

飛龍橋の手前に来た。  今の季節に登るのは大変。

  ※ 余談  前黒法師岳の左隣に、黒法師岳。 2068㍍。
        この山の南に、2000㍍級の山はない。  最南端の2000㍍級の山。

登山道の途中に集落。 炭を焼いていたのか。  

s-18年4月18日 (38)    s-18年4月18日 (37)

飛龍橋。

s-18年4月18日 (39)    s-18年4月18日 (40)

夢の吊橋が見える。  さっきの人達撮影中。

s-18年4月18日 (41)

振り返って飛龍橋。    右は、冬も裸のヒメシャラ。

s-18年4月18日 (42)    s-18年4月18日 (43)

左にダム。   中国人の団体さん。 

s-18年4月18日 (44)

お話し。  上で紹介した2つの山が。  近くに、大きな岩があったのかな。

s-18年4月18日 (45)

戻って、さらに千頭駅に。   隣に道の駅。
明日ここから乗る。  10時19分発。

s-18年4月18日 (46)

山の中の新緑の空気は、格別ですね。

夏山の季節まではまだ遠い。
それまでに体重を落として、筋力を。 (体重はほぼ達成。 あとちょっとで、56㌔)

【道の駅】  奥大井音戯の里。

【明日の予定】      アプトラインを終点まで。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.       
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2766-272bdb63

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 寸又峡、南アルプスの山々が目の前に。 ゆらゆら揺れてスリル満点の夢の吊橋。 寸又峡温泉。~川根本町~ 他 (2018/4/18)
  • 2018年04月19日 (木)
  • 07時04分43秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。