FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昔、奈良方面から伊勢に向かう道があった。
旧伊勢本街道。 

今日はその一部を歩いた。
常夜灯や家並に、昔の面影が残って。

北畠氏は、南北朝から戦国時代の初めにかけて活躍。
信長に滅ぼされたので、戦国ドラマには出て来ない。

拠点は、伊勢に近いこっち方面だった。
居館跡に、北畠神社が建っていた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

ここは、津市美杉町。  津市の山奥。
駅の名前は、興津(おきつ)。  津の奥。

   ※ 余談  興津と云う駅は、静岡市の清水にもある。 
         Kさんの所にお邪魔する時、いつもその近くに停泊する。

s-18年4月6日 (2)    s-18年4月6日 (1)

上の方に、神社など。  下に、旧伊勢本街道。 近畿自然歩道として整備されている。

s-18年4月6日 (3)

まず北畠神社から。  こんな地図。    混み入ってるからよく見ないと・・・。

   ※ 神社のそばにAコープ。 久しぶりにお店を見た。 少しの買い物。

s-18年4月6日 (6)

この地域は、津市美杉町上多気(たげ)。  それで下の名前。
山の上に城跡もあるんで、城館跡と。

庭園が残っている。

s-18年4月6日 (5)

神社の隣に、レストラン。 名前は雪姫亭。  この地には雪姫伝説。

s-18年4月6日 (7)

  ※ こんなお話し。 姫をキツネが助ける。   ここからお借り

      ttttghjjjjj.jpg

s-18年4月6日 (8)

北畠神社。

s-18年4月6日 (9)

山桜のような桜。 花が個性的。  

木のそばに、触らないでとあった。 この桜の親の木が、雪姫が縛られていた桜か。
美しい花を咲かせている。   雪姫桜(?)

s-18年4月6日 (10)    s-18年4月6日 (11)

拝殿。  不思議なお面。

s-18年4月6日 (12)

横の方から本殿前に行けた。
右は、拝殿の外を見る。  神様になった気分(?)

s-18年4月6日 (20)    s-18年4月6日 (21)

北畠氏でまず力を持ったのは、北畠親房(ちかふさ)。
祭神は、3男の北畠顕能(あきよし)。

南朝を助けている。   長慶天皇の名が。  墓は嵐山に。 東北を旅している。
    
    嵐山を、少しだけ散歩。  天竜寺境内。  渡月橋。  法輪寺。  長慶天皇陵。~京都市~ 他 (2015/6/1) 

s-18年4月6日 (13)

南朝を助けた人を祀っている神社。  行ったことあるのはどこかな。
直ぐ思いつくのは2つ。   菊池神社は、菊池市に

井伊谷(いいのや)宮は、龍潭寺の隣に

   龍潭寺は、直虎・直政 ゆかりの寺。 井伊家の墓所。 庭園は小堀遠州作と。~浜松市~ 他 (2017/4/5)  

s-18年4月6日 (14)ppp 

※ 南朝と北朝に分かれていた時代は、南朝が正統と考えるので、上のように明治天皇は大事にした。
  そう云う事のようです。

ここは、北畠氏館跡庭園。   神社にお願いすれば、見学できるよう。

s-18年4月6日 (16)

誰が管理して、ずっと残っていたのでしょう。

s-18年4月6日 (18)

この様に見えた。

s-18年4月6日 (17)

貴重な庭のよう。

s-18年4月6日 (19)

本居宣長が来て歌を詠った。  意味は下のよう。(ネットから)

   君がいらっしゃらないで、古くなった池は心にある言いたいことを
   言わないとしても 恋しがってはいるでしょう(諏訪邦夫訳)

君は誰?  北畠氏か。

s-18年4月6日 (15)    s-18年4月6日 (4)

北畠顕家(あきいえ)の像。   若くして戦いで命を落とす。

   ※ 北畠親房(ちかふさ)の長男。  上に書いた、3男顕能(あきよし)の兄。

s-18年4月6日 (22)    s-18年4月6日 (23)

旧伊勢本街道に。  大きな常夜灯。

s-18年4月6日 (27)    s-18年4月6日 (28)

西に向かう道。   雰囲気が残っている。

s-18年4月6日 (25)

歩く人がいる。  道は上の方を。

s-18年4月6日 (24)

空き地にこの案内。  復元を考えている。

s-18年4月6日 (26)

行ってみる。

s-18年4月6日 (30)

ここは多気宿。

s-18年4月6日 (29)

橋を渡って、峠に向かう。
先ほどの本居宣長。  歌を詠んだ年ですね。

   ※ 彼は松坂の人。 彼の家系に小津安二郎がいる。  映画監督。   原節子を思い出す。 下に。

      和歌山街道、珍布(めずらし)峠を歩く。  小津安二郎。~松阪市飯高~  他  (2013/4/26)

s-18年4月6日 (31)    s-18年4月6日 (35)

桜が雪のように。

s-18年4月6日 (32)

少し行ったら家並みはお終い。

s-18年4月6日 (34)

戻って、橋の上から。

s-18年4月6日 (33)

水が流れて。

s-18年4月6日 (36)

桜はどこも、散り桜。

s-18年4月6日 (37)

この地域には色々あって退屈しない。

鉄道が出来てからは便利になった。
それまでは、大変。

今も、伊勢に向かう道は細い。
南に向かう道は、途中で切れてる。

【記事の紹介】   別の北畠氏の居館もあった。

   北畠具教の館跡。  伊勢神宮の別宮、瀧原宮。~大台町・大紀町~  他  (2013/4/28) 

【フクロウの鳴き声】 

夜になったら、道の駅には自分の車だけ。
近くでフクロウが鳴いた。

しばらくしたから、何フクロウなのか調べた。
下のだった。 フクロウ。

聴き始めて少ししたら、何かおかしい。
外でも鳴きだした。   ずっと鳴いてなかったのに。

仲間が鳴いたと勘違いしたのか、直ぐに鳴きだした。
YouTubeを止めても、少しの間鳴いていた。

いつかまた、山の中でやってみましょう。
北海道では、シマフクロウの鳴き声で。

面白いことを知りました。



【道の駅】    美杉

【明日の予定】     奥津駅周辺を歩いて、ミツマタの木の群落を見に。  花が咲いている。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2754-9a92e57f

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 北畠神社は北畠顕能の居館の跡に。 北畠氏館跡庭園。 旧伊勢本街道を歩いてみた。~津市美杉町~ 他 (2018/4/7)
  • 2018年04月07日 (土)
  • 04時38分16秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。