FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

いそがしい一日。
そして、これ以上ない嬉しい一日に。

羽生の演技は、オリンピック2連覇がかかっている。
藤井聡太が羽生(はぶ)に勝って次にも勝てば、歴史に残る大偉業。

昨日の記事に、沙羅ちゃんの時のようには緊張しないと書いた。
理由は、2人とも、相手が誰だろうが勝ちそうな予感がしていたから。

大舞台でプレッシャーにつぶされる雰囲気がないから、そう感じた。

フィギュアはテレビで、将棋の2試合はYouTubeで実況を。
寺の見学は、そのすき間で。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

今治市から本州に行く橋。  しまなみ海道。

ここは高縄半島。  上の方に先っぽがある。  明日、行ってみようかなと。

s-18年2月17日 (2)    s-18年2月17日 (1)

ローソンの左から入る。 道は大丈夫。   

s-18年2月17日 (3)

延命(えんめい)寺。   山門だけど、雰囲気が違う。

s-18年2月17日 (5)

今治城が壊されるとき、譲り受けた。

  ※ 城なんか壊してしまえという時代でも、どうしてと思う人たちはいた。
  ※ 今治城のどこにあった門かが知りたい。  城門だから、外の塀のどこかかなと。

  ※ 今治城を調べたら、まだ見学していなかった。 どうしましょう。

s-18年2月17日 (6)

扉があるので、寺の門ではないですね。

s-18年2月17日 (8)kkk     s-18年2月17日 (7)
   
寺の中に神社。 お稲荷さん。 向こう隣りに薬師堂。

s-18年2月17日 (9)

正面に本堂。

s-18年2月17日 (10)

本堂。  大師堂はどこでしょう。 見えない。

s-18年2月17日 (11)    s-18年2月17日 (12)

左のずっと上にあった。

s-18年2月17日 (13)

来る途中、何人にも歩いているお遍路さんに会った。   大きな願いがあるのか。

s-18年2月17日 (14)

延命寺の開基の行基の供養塔。

s-18年2月17日 (15)    s-18年2月17日 (16)

再び本堂に。

s-18年2月17日 (17)

本堂には変わった本尊が。  お不動様が何かをかぶっている。 頭の上に宝冠を。
これが珍しい。  写真はあっても秘仏。  ※ いよかんネットからお借り。

s-18年2月17日 (4)

お遍路さんの休憩所か。

s-18年2月17日 (18)

越智孫兵衛という人の墓。 農民のために働いた。  命を犠牲にした義民ではない。

  ※ この地方では、越智と云う名前を聞く。  越智郡とかもあったり。
    鶴姫の恋人も越智だった。

       鶴姫伝説 ~瀬戸内のジャンヌ・ダルク~      他  (2009/12/20)

s-18年2月17日 (19)    s-18年2月17日 (20)

これは何だ。   映画か。

s-18年2月17日 (21)

こんなの。  映画『空海-KU-KAI-』予告編

   ※ 余談。  上の写真に阿部寛。  安倍仲麻呂を演じている。  同じあべ。
            仲麻呂は遣唐使として中国に。

            いよいよ日本に帰れる日、下の歌を詠んだ。
               「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出(い)でし月かも」  ※ 東大寺に上あたりの風景。

            百人一首にある。  誰でも知っているかな。
            しかし、船が難破して日本には戻れなかった。   以来ずっと唐に。 



いい形の本堂。

s-18年2月17日 (22)

正面に納経所。

s-18年2月17日 (23)

薬師堂と山門。

s-18年2月17日 (24)

駐車場を挟んだ向こうに、もう1つの鐘楼。

s-18年2月17日 (25)

出発の時、車の中から。  ツブラジイという木。  初めて見る。 スタジイならどこかで。

  ※ シイ(椎)の木。  円ら椎と書く。  円らは円らな瞳の円ら。 まるい、と云う意味。
    ドングリがまるい。 ドングリの背比べしたら、はっきり負ける。

s-18年2月17日 (26)    s-18年2月17日 (27)

15分ほどで急いで写真を撮影。   

あわただしい見学でした。

【その他】  羽生は金を取ると言って取った。
       滑りが美しいこともあって、1人だけ別世界にいた。

       勝つための作戦は、完璧だった。

       宇野は最初に転んだ。  夢は消えた。 宇野は思わず、心の中で笑った。(本人のことば)
       力が抜けた。  その後はうまく滑った。  肝っ玉が大きいと感じた。

       藤井聡太は国民栄誉賞の羽生に完勝。
       決勝でも勝って、朝日杯優勝。 

       2週間前5段になったばかり。 一気に6段。
       藤井聡太の前では、羽生竜王も霞んで見えた。

       羽生(はにゅう)の演技は、みなさん見てると思うので、藤井聡太の羽生戦を少し。
       アユムという人の解説が自分は好き。

         ※ 自分は羽生竜王にそんなに魅力は感じていない。 昔から。
           テレビに出てる加藤一二三は、ずっと昔から嫌い。
           藤井9段が好き。 

       藤井6段は、他の棋士と全く別な将棋を指す。 魅力はそこに。
       見栄とか無いから、プレッシャーにおたおたしない。(謙虚さは師匠から)
       
羽生善治竜王 藤井聡太五段 朝日杯準決勝ハイライト



   ※ 余談   自分も中学から高校まで将棋に夢中。 (アマチュアの4段で棋力は頭打ち)         
          大学に入ってマージャンを覚え、将棋はヤメ。 
          将棋は自分の人生を若干狂わせた。 

          枕元には、山頭火と花と詰将棋の本。             

【道の駅】   今治湯ノ浦温泉。

【明日の予定】  半島の先っぽに。 合併する前の波方町を紹介。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2704-392ced53

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 四国霊場第五十四番札所、延命寺。 山門は今治城の城門。 越智孫兵衛の墓。~今治市~ 羽生が金。 藤井聡太羽生に勝つ。 (2018/2/17)
  • 2018年02月18日 (日)
  • 10時42分54秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。