キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

栗駒山の紅葉情報を調べた。
とても、評価が高い。

紅葉の百名山かも知れないと期待して。
  
  ※ 栗駒山は、花の百名山、新花の百名山、日本二百名山。
  ※ 紅葉の百名山と云うのはないけど。

東京から来た2人連れの方に、ワンポイントのように写真に入っていただいた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

3つの県の、県境の交差点に。

s-17年10月9日 (1)

正確には、岩手県と宮城県の間に。  登山道は、北からと南から。

s-17年10月9日 (2)

今回は北から。   須川温泉から。   昨年、南から花の季節に登った。

s-17年10月9日 (3)

人人人、広い駐車場は満杯。 前日から行くと安心。  ※ トイレ付き駐車場。
お湯は温泉で使っても余る。  川になって流れている。  川の足湯。

s-17年10月9日 (4)    s-17年10月9日 (5)

こうですからね。   栗駒山はお祭りのよう。   紅葉祭り。

硫黄の匂いがプンプン。   秋が深まってるのに、暑すぎる。 プンプン。
今日の登山は、まるで、夏山に登って紅葉を見る。

s-17年10月9日 (6)

状態がいいですね。   来てよかった。

s-17年10月9日 (7)

小高い所から、下が見えた。  湿原を通って行く。
頂上は右の山の上に。  上の方はまるいので、頂上は少し奥。  見えない。

  ※ 頂上から少し離れたら、こっちが見えた。

s-17年10月9日 (8)

名残ヶ原。   沼の名残で、今は湿原か。  人がアリさんのように。

s-17年10月9日 (9)

上の写真の湿原に入った。
どこかで前の2人と話した。  写真の了解をいただく。

前の人は、いろんな山に登ると、後の人が教えてくれた。
穂高とかにも行きそうな雰囲気だった。

  ※ 後ろ姿のいい2人組に出会うことは滅多にない。
    以前八甲田でお願いしたことが。  九重山の小さな女の子も。

  ※ 先日黒岳などを一緒した2人は良かったですね。

s-17年10月9日 (10)

地図があった。 人がいっぱいで、斜めから撮影。 
下から上の方に行っている。

稜線に出たら、左に行って頂上。

s-17年10月9日 (11)

黄色が主役の紅葉でしょうか。

目の前に小さな谷。  小川を渡る。  大雨の時は、渡れませんね。

s-17年10月9日 (12)    DSCF9484pppppp.jpg

谷の向こう。    

s-17年10月9日 (13)

少し登って振り返るとこう。  湿原が見える。

s-17年10月9日 (14)

人がいっぱい歩いている。

s-17年10月9日 (15)

暑いから1枚脱いだ。 Tシャツの上に、長袖のシャツを着て。
2人連れの左の人は、半袖になった。  自分は右の人と同じ。

ここは地獄谷。  左端の2人は、誰かにこの後注意された。

  ※ 亜硫酸ガスが出てるので、柵から入るなって注意書きがあった。

s-17年10月9日 (16)

地獄谷を登り切った。

s-17年10月9日 (17)

昭和湖に着いた。  

s-17年10月9日 (19)

美味しそうに飲んでいる。  右手を腰にやると、もっと美味しそう。

s-17年10月9日 (18)

ガス爆発とあるけど、具体的には水蒸気爆発のよう。 御嶽山の爆発と同じ。
   ※ 大量の地下水がマグマと接触して。

半分まで来た。

s-17年10月9日 (20)    s-17年10月9日 (21)

けっこうな登りが続いてここに。 稜線に出たら、左に。

s-17年10月9日 (22)

美しい紅葉は一瞬に終わる。
明日から、天気の関係で登れる日はない。

3連休最後、今年最後の紅葉見学日和。
花の季節は長いから、きっと、これほどは混まない。

s-17年10月9日 (23)

馬の背のようなところに出た。   天狗平。   おばちゃんたちは元気いっぱい。 口も。

s-17年10月9日 (24)

あそこまで行ったら頂上が見えるかな。 風景はどう変わるかな。  そんな楽しみが。

s-17年10月9日 (25)    s-17年10月9日 (26)

右に転んだら、何とかとまれそうだけど、転がり出したらお終い。

  ※ 小さな子が親から離れて、ロープのそばにいた。
    危なっかしくて見ていられない。 誰かが親を探した。

    自分は、少し離れた所にいた。 バランスを崩したら、すぐにつかまえるつもりで。
    うっかり声はかけられない。 振り向いた瞬間転んだら大変。

s-17年10月9日 (27)

頂上直前で、下が見えた。  苦労して登って来たら、この風景がご褒美。

s-17年10月9日 (28)

あそこから来た。

s-17年10月9日 (40)

いい景色だねって、みんな見る。

s-17年10月9日 (29)

反対側。   先週後半の寒さで、赤がくすんだ。

s-17年10月9日 (30)

頂上まであと少し。 あふれた人が坐っている。

s-17年10月9日 (31)

着きました。

s-17年10月9日 (37)    s-17年10月9日 (36)

別の方から。  神社もある。   彼女たちは、右で食事。

  ※ 2人は、反対側に下りる。   バスと新幹線で戻る。
    自分は名刺を持って来なかったので、サイト名をメモして渡した。

    写真はたくさん撮った。 それをDVDに入れて何らかの形で、渡すことも。
    
この後、2人の記念写真を標識前で撮影。
お礼を言って別れる。

s-17年10月9日 (32)

彼女たちは向こうに下りる。  右遠くに白い建物。  あそこが登山口。

  ※ 昨年、向こうの稜線を上って来て、下に見える登山道で戻った。
       花の百名山、栗駒山に。  東栗駒コースに花畑が。  ヒナザクラ、タテヤマリンドウ、オノエラン他。~栗原市~ 他 (2016/6/21)

s-17年10月9日 (33)

向こうの方に、鳥海山は見えているのかな。  左の方に姿のいいのが。 あれかな。

s-17年10月9日 (35)

食事をして、戻る。

  ※ ポットにお湯を持ってきた。  ミニカップラーメンを食べた。 
    滅多に食べないせいか、美味しくない。

    山の頂上で食べる暖かくて美味しい食べ物は何でしょう。
    それを見つけて今度持ってくる。   

    味噌汁。 汁粉。 コーヒイ。 イカ。 燗酒。 ・・・。         ※ 肴(さかな)は、あぶったイカでいい。

s-17年10月9日 (38)

あっちに戻る。

s-17年10月9日 (39)

真っ直ぐ行って右に。

s-17年10月9日 (41)

まだまだ登って来る。

  ※ そう云えば、2歳くらいの子を背負って登って来た女性がいた。

s-17年10月9日 (42)

下山でなければ、発見できない風景も。

s-17年10月9日 (43)

下に昭和湖。

s-17年10月9日 (44)    s-17年10月9日 (45)

昭和湖。

s-17年10月9日 (46)

地獄谷。   

s-17年10月9日 (47)

振り返るとこう。

s-17年10月9日 (48)

名残ヶ原に戻って来た。  右の2人に、今から頂上に行けますかと聞かれた。
無理だよって伝えた。  時間も、装備も。  普通の靴だった。

   ※ 今日のこの山の登山条件は、午後3時頃まではA。  夕方までB。 その後C。
     この時、1時半。  黒い雲が北の方から近づいてきた。

s-17年10月9日 (49)

花に詳しい人は、これを見て、夏の様子が思い浮かぶでしょうね。
 ※ 中央右辺りの白ぽいのはキンコウカかな。 kinnkoukaiiikkkk.jpg  

s-17年10月9日 (50)

朝見た風景。

s-17年10月9日 (51)

上の右。 左の谷が地獄谷ですね。

s-17年10月9日 (52)

無時に、戻って来た。

s-17年10月9日 (53)

お湯はここから。
温泉は人でいっぱいだから行かない。

  ※ 鳴子温泉の古渡部(ふるとうべ)温泉の共同湯に行くと決めていたし。 200円。

s-17年10月9日 (54)

いい紅葉を見ることが出来ました。
登って大正解。

東京からのお2人は、素敵な雰囲気で写真の中に。
無時に着いたことでしょう。

こんな天気の日は、しばらくやって来ない。
来週、回復してくれないかな。

信州須坂には、来週末に。

【記事の紹介】

   須川温泉は栗駒山の麓に。 白濁の大露天風呂。 シラタマノキ湿原。 消える赤滝。 須川湖は火口湖。~東成瀬村~ 他 (2017/6/17)
   自立の道を選んだ小さな村、東成瀬村。 神社の屋根を必死に支える力士像。 斎藤実が遺した田子内橋。~東成瀬村~ 他 (2017/6/16)

【今日の歌】    いつかある日     
                 
             原詞: ロジェ・デュプラ   訳詞: 深田 久弥    作曲: 西前   四郎 

                       ※ 西前 四郎という人は「冬のデナリ」という本を書いている。
                         デナリは、マッキンリーのこと。
                       
                         植村直己が遭難した山。 デナリでは多くの遭難者。
                         見つかってないのは、彼だけ。

                       ※ 穂高のことを思ったので、この曲を。   久しぶり。



【道の駅】     天童温泉

【明日の予定】    蔵王に行って戻って来るか。  時間がなかったら、天童の温泉街を。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                               ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2568-7a824cbe

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 紅葉の栗駒山に、多くの人が。 中腹は赤く染まって。 須川温泉から頂上を目指す。~東成瀬村他~ 他 (2017/10/9)
  • 2017年10月10日 (火)
  • 10時25分33秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。