FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

札内川の上流に行ってみる。
変わった名前の滝やダムがある。

日高山脈の懐深くに入っていく。
そんな感じ。

日高山脈は、多くの遭難があった山。
その歴史を日高山脈山岳センターが伝えていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

日高山脈は南の襟裳岬で海に沈む。
  ※ 北海道の背骨は、北の枝幸の神威岬で海に沈む。(先日行きました)

s-17年9月11日 (1)

日高山脈の最高峰幌尻岳が、左上に見える。  長く歩く。

s-17年9月11日 (2)

滝周辺には遊べる施設が。

s-17年9月11日 (3)

道の駅中札内にいる。   花でいっぱい。

s-17年9月11日 (5)    s-17年9月11日 (6)

中札内村のマスコット。  ピータン。   ひよこのピーとピョウタンの滝のタン。

奥にそば屋さん。 店の看板が無い不思議な店。  建物は開拓資料館だったかな。  
評判の店。 今日は休み。

s-17年9月11日 (7)

さあ出発。  正面の道を真っ直ぐ。

   ※ 余談   近くに六花亭の六花の森がある。  お店も工場も。
          包装紙は、坂本直行(なおゆき・ちょっこう)でしたね。

          坂本龍馬は直柔(なおなり)ともいう。
          彼には姉が2人。  いちばん上は千鶴。  2人の子供。

          次男が北海道に。 直寛(なおひろ)。 彼の孫が、包装紙の直行。

s-17年9月11日 (45)

日高山脈は氷河に削られたからか、ギザギザの山並み。

s-17年9月11日 (46)

上札内かな。    右には行ったことがある。  

s-17年9月11日 (47)

30分ほどで着いた。  右奥に日高山脈山岳センター。

s-17年9月11日 (12)

自然の中で遊ぶ感じ。

s-17年9月11日 (8)    s-17年9月11日 (9)

発電のためにダムをつくった。  昭和29年のこと。  次の年、大雨の土砂で埋まった。

日高山脈の説明。
カムイビランジの花のことが。 ビランジはマンテマの花ですね。

カラフトルリシジミには、去年も今年も会っていない。 一昨年の十勝岳麓が最後

s-17年9月11日 (10)          s-17年9月11日 (11)

滝は、虹大橋から見える。   右手の上流側に。

s-17年9月11日 (13)

確かに自然の滝ではない。 でも、ダムの中に巨大な岩。 
これが無ければ、誰も滝とは呼ばないですね。

この岩を利用してダムをつくった。

s-17年9月11日 (14)

流れる面がガタガタか。 水が滑らないので、白くなる。   
これもいいですね。     ※ 大分県の白水ダムの水も白かった

s-17年9月11日 (15)

橋の下流。  遠くの左にバンガロー。  吊橋も奥に。   橋の下に釣り人。  反対側に。

s-17年9月11日 (16)    s-17年9月11日 (17)

橋の下に行ける道は見つかった。  長靴はいて後で行く。

山岳センターが閉まったらこまるので、先に見学。   自分の後の方に変な木。

s-17年9月11日 (19)    s-17年9月11日 (18)

シカが迎えてくれる。

s-17年9月11日 (20)

登山に関する展示も。  昔の雰囲気。   日高山脈には変わった名前の山。  覚えられない。

s-17年9月11日 (21)    s-17年9月11日 (22)

自然豊か。   モモンガとエゾフクロウは特にめんこい。

s-17年9月11日 (24)    s-17年9月11日 (25)

日高山脈。 右奥の高いのが、幌尻(ぽろしり)岳。

s-17年9月11日 (23)

反対側から。  中央右上に、幌尻岳。   百名山。

s-17年9月11日 (26)

何度も遭難が。   今年もありましたね。  川に流された。

クマに襲われたのは有名。  旭川のMさんはこの時近くにいた。
山が好きだったのに、山はやめた。 最初に旭岳に連れて行ってくれたのはMさんだった。

s-17年9月11日 (27)    s-17年9月11日 (29)

クマは自分が手を付けたものは、自分の物だとする考え。
それを知っていたら、死なないで済んだ。

s-17年9月11日 (30)    s-17年9月11日 (31)

彼らは日高山脈の縦走中だった。  ちょうど中間あたりに来た。
紫の丸の沢でテント。 

最後に襲われたのは赤〇。 助かった2人は青〇まで来る。 そこに砂防ダムの工事現場。
車で中札内の駐在所に。   ※ 詳しくは、Wikipediaに

s-17年9月11日 (4)ppp 

長靴をはいて橋の下に。 手前の浅い所は渡れる。  

s-17年9月11日 (32)

少しだけ。



橋の方から釣り人2人。

s-17年9月11日 (33)

始まった。   本命はヤマベか。  何かが釣れた。  奥様が。

s-17年9月11日 (34)

カジカ。 可愛い。   頭以外は、おまけ。

s-17年9月11日 (35)

自分を釣ってしまった。  奥様。

s-17年9月11日 (36)

橋の上から。   大物は釣れない。

  ※ ここは釣りやすいから誰でも来る。  
    クマがいそうな支流の奥とかに行くと、いっぱい釣れる。

s-17年9月11日 (37)

札内川の奥に向かった。   ダム湖の一番奥まで来たら、通行止め。

s-17年9月11日 (48)

そこから見たダム湖。   とかちリュウタン湖。   空から見たら龍に見えるそう。
上の地図で見たら、確かに、何とか。

s-17年9月11日 (38)

戻る途中でダムを。  札内川ダム。  アーチでなく直線。
重力式コンクリートダムですね。

コンクリートの重さと両側の岩で、ダムの強さを。

  ※ 岩が頑丈ならアーチ式に。   少ないコンクリートで。   黒部ダムのように。
    岩が全く信用できなかったら、岩や粘土を幅広く積んだロックフィルダムでしたね。

s-17年9月11日 (39)    s-17年9月11日 (40)

どのくらい土砂が埋まったのでしょう。

s-17年9月11日 (41)

深い谷。

s-17年9月11日 (42)    s-17年9月11日 (43)

戻る。   放牧された牛たち。

s-17年9月11日 (44)

今日の道は、日高山脈の中心部に、東側から一番深く入れる道ですね。
そのことを、初めて知りました。

自分はアポイ岳で十分かな。
幌尻岳には行けない。

【記事の紹介】   襟裳岬で、日高山脈は太平洋に。 フンベの滝。 黄金道路。~広尾町・えりも町~  他  (2013/9/8)
          フンベの滝  黄金道路  豊似湖  襟裳岬 ~広尾町・えりも町~   他  (2010/9/16)

          六花の森は、北海道ガーデン街道の南の端。 坂本直行記念館。~中札内村~  他  (2013/9/5)
          十勝平野は、風景がいい。 道の駅なかさつない。 豆資料館。~中札内村~  他  (2013/9/6) 

【道の駅】     なかさつない

【明日の予定】     真鍋庭園を予定。 雨が降ったら、北上か。 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2540-66e01be8

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • ピョウタンの滝はダム湖が埋まって滝に。 岩を抱き込んで不思議な魅力。 日高山脈山岳センター。~中札内村~ 他 (2017/9/11) 
  • 2017年09月12日 (火)
  • 10時50分50秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。