FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

1947年9月、9歳の美空和枝を載せた路線バスは、本山村を出発し、現大豊町の大杉駅に向かっていた。
左の谷底には、吉野川の支流穴内川が見えている。
少し先の坂を下って、橋を渡ったら駅。 もうすぐだ。

その時、前から突然トラックが来た。 
バスは避けることが出来ず、衝突。
そのはずみで、谷の方に横転。 
谷底に転落と思われたバスは、かろうじて大きな桜の木に引っ掛かった。

後ろの方に立っていた美空和枝は、大人の下敷きになり、またガラスの破片で左手首を大きく切った。
鼻血を流して気絶し、瞳孔も開き仮死状態になった。
しかし、たまたま村に居合わせた医師に救命措置をしてもらった。
そのお陰で、その夜、意識を取り戻すことが出来た。


大豊町の大杉の位置。
一度来ているが、写真が小さいので、撮り直した。


道の駅から400㍍の所に、八坂神社がある。 その境内に大杉はある。
その直ぐ近くに、美空ひばりの歌碑。

11年5月27日 (1)

正面に大杉が見える。 左に行ったら、歌碑。

11年5月27日 (9)

左が南大杉。 根元の周囲が約20㍍。    高さ、約60㍍。
右は北大杉。   〃    16.5㍍。   〃  57㍍。
国の特別天然記念物。

この人達に写真を撮ってほしいと言われた。
撮った後、私のカメラでも適当に撮るからねと言ったら、みんな上を向いた。

11年5月27日 (2)

3000年だそう。
パンフレットには、歴史の鼓動が聞こえてくるようです、とあった。

11年5月27日 (3)

大杉があったから、ここの神社を建てた。
こう考えるのが自然だけど、スサノオノミコトが植えたという伝説がある。

11年5月27日 (4)

神社の下に、ひばりの歌碑があった。

11年5月27日 (5)

左は、遺影碑と呼んでた。 歌が流れる。
「川の流れのように」「龍馬残影」「悲しき口笛」の3曲。  ※ 龍馬は、ここの大杉を見に来ている。

11年5月27日 (8)

ひばりは、バス事故の治療の後、日本一の歌手になれるようにと、八坂神社にお願いした。
そして、15歳の時、お礼にやってきた。 下の写真は、その時の物。

11年5月27日 (6)

中村メイコ夫婦が書いた。 ひばりの歌は永遠に眠らじ、とある。

11年5月27日 (7)

神社への石段があって、そこを下りると、ここに来る。 旧道からの神社への入り口。
ひばりは、ここで写真を撮った。

11年5月27日 (10)

ここでの事故は、1947年。 「悲しき口笛」は2年後。
ここに来たのは、1952年。 その年、「津軽のふるさと」「りんご追分」を出している。
もう認められている。

11年5月27日 (11)



いろんな情報は、料金所の人からいただいていた。
バスの事故現場に向かった。 川は、穴内川。 右に、大杉駅が見える。

右奥に役場が見えている。 
旧道は、国道の左上を通っており、事故があった場所は、役場の正面の少し向こう。

11年5月27日 (12)pp

バスは、この駅に向かっていた。

11年5月27日 (13)

左に行ったら、旧道。  役場の上が見えている。

11年5月27日 (14)

私は、向こうから来た。 バスは、手前から向こうへ。
バスが横転したのは、この場所。 昔はもっと狭い道。
国道から見たら、左の看板の字が読める。 少し向こうの木は、桜の木。(後で植えたと思う)

11年5月27日 (15)

国道からは、このように。

11年5月27日 (16)

ひばり食堂があったので、入ってみた。

11年5月27日 (17)

他のお客さんに運ばれて来るのを見て、びっくり。
さすが、大杉の町。 何もかも、特大。
私は、半年ぶりのカツ丼。 半分ちょっと食べておしまい。

11年5月27日 (18)

駅に渡る橋の上から撮影。 
当時は水量も多く、崖も急だったため、桜の木に引っ掛からなかったら、全員助からなかったと言われている。

11年5月27日 (19)

旧道を戻った。
後で知ったのだが、この旅館の斜め向かいに、昔、別館があった。
事故当日の夜、ひばりはそこに泊まったという。

11年5月27日 (20)

ひばりは高知の病院に入院したとあるが、地元の病院にもいたそう。
これは、料金所の人が言った。
ひばりの母親は、近くの子供たちに、和枝が退屈するから、病院に遊びに行ってね、とお願いしたそうだ。
行った人がいるんですよ、と教えてくれた。

11年5月27日 (21)

梅雨の季節に入り、カニさんは元気。

11年5月27日 (22) 

ひばりは、事故の後、「大杉のように」なれますようにとお願いした。
再度来た時は、歌手として成長できたお礼を言って、「日本一の大杉のように」と、お願いした。
この時はもう、日本一は、ひばりの視界に入っていた。

大杉のあるこの地は、
ひばりが、助かったことに感謝し、将来への気持ち(覚悟)を固めた地であったように思う。

   ※ 参考文献は、Wikipediaの他に、『ひばり自伝』美空ひばり、『美空ひばり』竹中労 等。
     そして、料金所の方。
   ※ ひばりは、音丸と云う人の公演の、前座として同行していた。    音丸(wikipedia)
     母親がお願いした。



【道の駅】  貞光ゆうゆう館

【明日の予定】  天気次第

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は7位、 旅行全体で23位です。 放浪の旅は44位です。    
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

美空ひばりの歌碑

美空ひばりのエピソード、興味深々で拝見しました。運があったんですね、彼女は。動画のサービス、ありがとうございました。大杉も見え、歌碑からは歌が流れ、しばし、ひばりの歌に酔いしれました。もう一度、お礼に訪ねてきたところがいいですね。いい話でした。
 「津軽のふるさと」は流行歌にかかわらず、オペラ歌手も選んで歌いますね。やはり叙情歌として、完成された歌のせいでしょうか。いつも思うのですが、歌詞が感動的です。これからも末永く歌われていくことでしょうね。

Re: 美空ひばりの歌碑

ひばりの魅力である歌の表現力は、子供の頃に完成している感じがします。
魅力を具体的に語るのは難しいですね。
誰か教えてほしいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/251-fe75efcf

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 日本一の大杉と、美空ひばりのバス事故 ~大豊町~  他  (2011/5/27)
  • 2011年05月27日 (金)
  • 23時58分29秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。