キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

アポイ岳は、花の百名山。
小さいけど、花で知られる山。

以前は、8月と9月に登っている。
今回は7月。    どんな花があるでしょう。

浦河のTさんの車で向かった。

(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります。 改善に時間を)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

日高山脈が海に沈む近くに、アポイ岳。

s-17年7月11日 (1)    s-17年7月11日 (2)

のんびり花を見る。   頂上には行かない。

s-17年7月11日 (3)

中央に、アポイ岳。 810㍍。   海抜60㍍位から登る。   標高差、750㍍。

  ※ 北海道で一番高い旭岳は、ロープウェイの駅から登ると、標高差690㍍。
    頂上までの苦労は、似た感じ。

s-17年7月11日 (20)

ここは地球上の貴重な場所として認められている。   蛇紋岩の山として。

s-17年7月11日 (21)

クマは、知床のようにたくさんはいない。

s-17年7月11日 (22)

音を出して、クマ除け。

s-17年7月11日 (23)

海沿いは霧があって、涼しかった。
登り始めると、暑い暑い。   水は用心して2㍑持った。

山裾の道は、なだらか。

s-17年7月11日 (24)    s-17年7月11日 (25)

樹林帯は花が少ない。  花にとっては、とにかく光なんですね。  
川に日本ザリガニがいると書いてあった。  帰りに見つけることに。

右は、 エゾシャクナゲ。

s-17年7月11日 (26)    s-17年7月11日 (4)

五合目の小屋に着いた。  右奥に、頂上。
蛇紋岩の岩。  
    ※ カンラン岩の山とも云われる。   カンラン岩は、地表では蛇紋岩に変化。

s-17年7月11日 (27)    s-17年7月11日 (28)

シジミではなかった。  シロオビヒメヒカゲ。  北海道、中東部に。  絶滅を心配するほどではないよう。
右は、サマニオトギリのつぼみか。

s-17年7月11日 (6)    s-17年7月11日 (5)

まだ花は、本格的でない。   ここでお弁当。  Tさんの奥様がおにぎりを作ってくれた。
汗をかくから、梅干しをいっぱいにして。   

s-17年7月11日 (29)

サマニオトギリ。   この山の固有種。   オトギリソウは以前紹介している。

  ※ 鷹の傷を治す秘薬がこの花であることをもらした弟を兄が切り殺した。
    その時の血しぶきが、葉や花に黒点として残ったという、恐ろしい由来。

ここのには、黒点は無い。  

s-17年7月11日 (30)

下方面。   白いのは山小屋。

s-17年7月11日 (31)

アポイハハコ。   アポイ岳の固有種。   ※ 固有種は、その山一帯にしかない。

s-17年7月11日 (7)    s-17年7月11日 (8)

白っぽいのはみんなアポイハハコ。  花は咲いてない。

DSCF8331ppp.jpg 

アポイハハコの花。

s-17年7月11日 (32)

黄色はキンロバイ。   これはあちこちで見る。

s-17年7月11日 (9)

黄色のサマニオトギリと、イブキジャコウソウ。
イブキジャコウソウは、この時期、どこにでもあった。

s-17年7月11日 (10)

登山者が下りてくる。   本州からの人も多い。

s-17年7月11日 (11)

アポイアザミ。   これもここだけの花。   固有種。
紫が濃い感じか。 

s-17年7月11日 (12)    s-17年7月11日 (15)

いくつもの花が。   花畑。
黄色は、サマニオトギリ。  紫はイブキジャコウソウ。   中央に、アポイハハコも。

黄色で背の高い花がある。   エゾノカワラマツバ。  この花は後でも。

s-17年7月11日 (13)

美しい。  ヒメエゾネギ。
北海道のみに分布し、アポイ岳、幌尻岳、大平山など亜高山から高山の蛇紋岩地や石灰岩地に生える。(花図鑑から)

ネギ坊主みたい。

s-17年7月11日 (14)    s-17年7月11日 (18)

右上まで行ったら、馬の背。  キンロバイ。  小さな木。

s-17年7月11日 (33)

左上には、イブキジャコウソウ。

そして、下の方にうすむらさきの、ヒメエゾネギ。

s-17年7月11日 (36)

ヒメエゾネギ。   他にない花。

s-17年7月11日 (34)    s-17年7月11日 (35)

サマニオトギリの拡大。

s-17年7月11日 (37)    s-17年7月11日 (38)

チングルマの花が終わって、このように風になびいて。

s-17年7月11日 (39)    s-17年7月11日 (40)

下を見たら、霧が出てきた。

s-17年7月11日 (41)

もう少しで、馬の背。    今回は、あの辺りでお終い。
Tさんが、この辺でいいかなって。

s-17年7月11日 (42)

少し行って、8合目か。

s-17年7月11日 (44)    s-17年7月11日 (45)

上の説明では、右端が吉田山か。   Tさんは少し前、向こうを縦走している。

s-17年7月11日 (43)

上で少し紹介した、エゾノカワラマツバ

s-17年7月11日 (19)

戻ります。   5合目小屋。

s-17年7月11日 (46)    s-17年7月11日 (47)

小鳥がいた。   何だろう。   コヨシキリかなと思うけど、自信が無い。

s-17年7月11日 (16)    s-17年7月11日 (17)

一気に下山。    ザリガニさがすの、忘れてしまった。

s-17年7月11日 (48)

着きました。

s-17年7月11日 (49)

この後は、三石の道の駅の温泉に。
戻って、また焼肉。   写真の整理があるので、早めに終了。

自分が登ってない月は6月。 
いつか、6月に北海道に来なければ。

湿原も6月には、多くの花が。

【記事の紹介】  

   ハヤチネウスユキソウは、早池峰の岩場に咲く孤高の花。 雨に濡れ、凛と咲いていた。 花の個性。~花巻市~ 他 (2017/7/2)

   世界ジオパークのアポイ岳に。  花が残っていた。  ミヤマワレモコウ、ヒダカミセバヤ、チシマセンブリ、他。~様似町~ 他 (2015/9/24)
   カンラン岩のアポイ岳は、高山植物の宝庫だった ~様似町~   他  (2010/8/8)  
 
【停泊場所】     Tさんの家の前。

【明日の予定】     苫小牧に近づく。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
【拍 手】 .
.   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2479-6accd8ad

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • アポイ岳、7月の花たち。 アポイハハコ。 サマニオトギリ。 ヒメエゾネギ。 キンロバイ。 シロオビヒメヒカゲ。~様似町~ 他 (2017/7/11)
  • 2017年07月12日 (水)
  • 10時54分04秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。