キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

鳥海スカイラインは、鳥海山の中腹まで。
そこは登山口でも。   いい風景を見に行ってくる。

反対側に下りたら、秋田県。
道の駅 象潟(きさかた)でのんびり。

芭蕉の句に出てくる、中国の美女「西施」の像を見る。
 「 象潟や雨に西施がねぶの花 」

どうして芭蕉はこれが作れたかを、考えてみる。

(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります。 改善に時間を)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

道の駅鳥海から象潟まで。
s-17年6月11日 (1)    s-17年6月11日 (2)

国道7から、鳥海ブルーラインに入った。
正面に鳥海山。  雲の中。  ・・・。

s-17年6月11日 (37)

大物忌神(おおものいみのかみ)社の中ノ宮。  自分の後に大平山荘。

s-17年6月11日 (9)

神社に着くまで。  少し。



ブルーラインの一番高い所。   鉾立(ほこだて)登山口。

s-17年6月11日 (3)

雲の中を走って、着いた。

s-17年6月11日 (39)

食堂はやっている。   8年前の秋、ここから登った。
頂上まで早くて4時間。  普通は5時間か。  朝から晩まで歩いた。  

駐車場の広さが、鳥海山の人気を表している。  苦労の大きい山だけど。

s-17年6月11日 (40)

鉾立までの動画。



以前撮った写真を紹介。  山はこう見える。

s-17年6月11日 (4)

頂上直下に、大物忌神(おおものいみのかみ)社。
山荘もある。  トイレもお店も。

みんなここで食事。  天気のいい日は、お祭りのように賑やか。

s-17年6月11日 (33)

20分ほどで頂上。 頂上から、もう1つの高い所を。   活火山だから、岩だらけ。

水の多くは、流れないで地下に。  湧水となって、恵みの水に。
下に、にかほ市。 象潟はそこに。

s-17年6月11日 (34)

鳥海山のすそ野は、日本海まで。    どこから見ても、姿のいい山。
車を停めて、写真。

s-17年6月11日 (10)

新潟県との県境方向。

s-17年6月11日 (12)

にかほ市。  向こうにこの後、行く。

s-17年6月11日 (13)

何かがあったので、見学。   右の地蔵さん。   ほっぺのふくらみは、飾りか。

s-17年6月11日 (14)    s-17年6月11日 (16)

昔は下から登って来た。 上の方に、霊峰神社があった。    
昭和30年頃には、まだあった。

距離が書いてない。  行けない。  晩に調べたら、700㍍程。

s-17年6月11日 (15)

上の説明にある金峰神社。  奈曽の白橋のそばにある、奈曽の白滝。
        奈曽の白滝 元滝伏流水  芭蕉追記   他  (2009/09/23)

s-17年6月11日 (6)    s-17年6月11日 (5)

山を下りて来たら、タヌキに会った。  逃げて行った。  キツネのようにこっちを向かない。

s-17年6月11日 (17)    s-17年6月11日 (18)    20081202192546_20170612104655e3c.gif

振り返って鳥海山。   海まで坂道。

s-17年6月11日 (19)

着きました。   道の駅象潟(きさかた)。  施設の大きさでは、日本トップクラス。  左奥、ず~と。

DSCF4641pppgggppp.jpg    s-17年6月11日 (20)

展望台から。   北方面。   日本海の荒波。  いつも。

s-17年6月11日 (23)

これが象潟の風景。    1804年に、土地が隆起した。
それまでは、海。    松島のように、島がいっぱいあった。   芭蕉はそれが見たくて来た。

西行も来ていたし。

s-17年6月11日 (24)

右の方。  芭蕉は、船に乗った。

s-17年6月11日 (25)

この風景だった。

s-17年6月11日 (28)    s-17年6月11日 (29)

さらに右。   森の中に蚶満(かんまん)寺。  ※ 記事は最後に紹介。
晴れてたら、右の写真。 

新幹線は、スーパーこまち。   秋田県は、何でも小町。 米だって銀行だって。
    小町伝説の里、湯沢雄勝(おがち)。  小町堂、他。~湯沢市~  他  (2013/7/9)

s-17年6月11日 (26)    s-17年6月11日 (30)

右遠くに島。  来年か再来年には行く。  下に、白い像。   西施像。

s-17年6月11日 (27)

芭蕉が、西施(せいし)を詠ったので、これがある。

  「象潟や雨に西施がねぶの花」   象潟での代表作。

西施の説明が。  敵国を滅ぼすために送られた。 「傾城(けいせい)」を調べると彼女の名が。

s-17年6月11日 (21)    s-17年6月11日 (22)

大変な美女。  洗濯していた彼女の足を、魚が見た。 見とれて、泳ぎを忘れた。
右は、Wikipediaの説明。   分かりやすい。

s-17年6月11日 (36)    s-17年6月11日 (35)

上の説明では、少し足りない。  相手の国を滅ぼして戻って来た。
でも、自分の国が不安だからと、殺された。  ※ 生き延びた話もあるけど。

s-17年6月11日 (7)

自分が分からないのは、どうして芭蕉は、上の歌を作れたか。
それが知りたく、調べてみた。

下は、奥の細道の、象潟での原文。
「雨も又奇也」とある。

これは、芭蕉が考えた言葉ではなく、中国の漢詩にある。

s-17年6月11日 (32)

下は、あるHPの解釈。  赤で囲まれた中国の漢詩に、「雨も又奇也」がある。
芭蕉は、この漢詩を知っていた。

s-17年6月11日 (31)

その漢詩が、下の。   一番上が原文。  その下は、読み方。  最後に、現代語訳。
なんてことない、西施が出てきている。

芭蕉は、ここ来る前から、象潟は中国の「西湖」に似ていると思っていた。
西施が、悲運の美女であることも知っていた。  心を寄せて。

たまたま雨だったので、「象潟や雨に西施がねぶの花」が生まれた。

  ※ 余談  自分の想像。 芭蕉はもし雨だったら、上の句にするんだって決めていたかも知れない。
        最上川の「五月雨を・・・」だって、そうかもしれない。
        中尊寺の「・・ふり残してや 光堂」だって。
   
s-17年6月11日 (8)

芭蕉は、誰よりも博識だったんですね。
だからつくれた。  やっと分かりました。

いつか鳥海山にもう一度登りますね。

【今日の一句】  「 感性だけでは つくれない句が・・」

【記事の紹介】  象潟や 雨に西施が ねぶの花   他 (2009/09/21)
         蚶満寺のある象潟は、奥の細道の最北の地。 雨に西施がねぶの花。~にかほ市~ 他 (2016/9/8)

         快晴の鳥海山でした。   他  (2009/09/20) 
         明日鳥海山へ   象潟    他  (2009/09/19)

         「象潟さんぽみち」を歩きました。  蚶満寺 追記   他  (2009/09/22)

【道の駅】   象潟

【明日の予定】   鳥海マリモを見に行く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2449-ff494015

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 鳥海ブルーライン。 雲の中を走る。 「象潟や雨に西施がねぶの花」、芭蕉はすべてを知って。~にかほ市~ 他 (2017/6/11)
  • 2017年06月12日 (月)
  • 10時32分51秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。