キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

四ケ村(しかむら)の棚田は、棚田百選。
少しは期待できますね。

大蔵(おおくら)村に来てるのに、四ケ村の棚田。
意味は、4つの地域にまたがってる棚田。 (明治の頃、その4つは村かな)

今日は失敗。  狭い道を走っていて、ヘビの後半分をひいてしまった。
まだ生きていて、こっちを見て口を開いた。

たくさん歩いて、珍しいトンボやチョウに会いました。
また、雨が降るよと鳴く、アマガエルにも。

(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります。 改善に時間を)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

大蔵村には、肘折(ひじおり)温泉がある。  最後に紹介。
葉山と月山の麓に。

s-17年6月7日 (1)    s-17年6月7日 (2)

人の場所、印の場所に車。

s-17年6月7日 (5)    s-17年6月7日 (3)

道の案内通りに行ったら、右の黄色に入った。
細い道に入ったら、案内はどこにもない。  

ひどいな~と思って、戻った。  
別の場所に、展望台の案内。 四ケ村の棚田とはないけど、入ってみた。

印に車。  赤〇を歩いた。

17年6月7日 (4)ppp 

この道には、駐車場が何ヶ所も。   走りやすい。

s-17年6月7日 (13)

遠く。  川の向こうにも。  右写真の家並みから、入ってきた。

s-17年6月7日 (14)    s-17年6月7日 (15)

別の場所から。  オオハナウドの花でしょうか。   右写真は、右方句。

s-17年6月7日 (16)    s-17年6月7日 (17)

さらに進んで。   下に少しだけ道。  駐車場があるけど、地滑り関係の場所。

s-17年6月7日 (18)

崩れやすそうな山が、あちこちに。  だから道の工事が多い。

s-17年6月7日 (19)

大分入って来て、小さな山の上に。

s-17年6月7日 (20)    s-17年6月7日 (21)

奥の方の風景。    耕してない所もある。   左向こうに、砂防ダム。   最後に行く。

s-17年6月7日 (22)

この写真の中央に展望台。  あそこに車を。   左にも、もう1ヶ所展望台。

s-17年6月7日 (23)

下に道が見えた。  右奥で、行き止まり。  Uターン出来なくて、青〇までバックで戻る。
脱輪には細心の注意を払って。   案内がある道だけど、間違いの道。
行くとき、どこで戻れるか考えていた。       ※ 入り込んだ時の車載カメラの写真。DSCF3373mpppp.jpg  〇は後で行く駐車場。
そんな時に、ヘビに気付くのが遅れた。 道は、車の幅しかない。 

Uターンできる場所を探しにこっちに歩いてきたとき、ヘビを見た。
死んだと思っていたけど、その時だけ口を開いた。   目に焼き付いた。  悪いことした。

s-17年6月7日 (24)kkkk    s-17年6月7日 (6)

左の方。    狭い道が見える。

s-17年6月7日 (25)

展望台に停めた。

s-17年6月7日 (27)

展望台に、このように。  右のように火を灯すときがある。 (山形県のHPから)
幻想的。   人を引き寄せるものは、花と灯り。  人は、虫と一緒。

s-17年6月7日 (26)     s-17年6月7日 (44)

さらにこっちにも展望台。   絵を描いてる人がいた。

s-17年6月7日 (30)  s-17年6月7日 (29)

奥の方。   この一帯は、全部歩くことに。

s-17年6月7日 (28)

クマ出没の注意は、ずっと手前の集落の入り口に。 準備はして。  
タニウツギがまだ咲いている。

最初左に行く。   

DSCF4334kkkkfffffff.jpg    s-17年6月7日 (31)

ここに出た。  先への道は無い。

s-17年6月7日 (32)

戻って、右の道を行く。

下にトンネルと橋。  
さらに行くと、小さな建物。   地滑りを感知する機器が入っているのかなと。

s-17年6月7日 (33)    s-17年6月7日 (35)

ここから砂利。   晩に分かるが、左の道はトンネルに。  その先は?
クマがいそうだから、戻る。

s-17年6月7日 (34)

戻って来て、田んぼの中の細い道を。  カエルがいっぱい鳴いている。

s-17年6月7日 (36)

水の中で泣いてると思っていた。  この中のどこかにいると、この写真を撮った。

s-17年6月7日 (37)vvvvv 

草の方も一応見てみた。 いた。 こっち見てる。  鳴きやんだ。
アマガエル(雨蛙)だ。    小さい割には、声が太い。

s-17年6月7日 (8)    s-17年6月7日 (9)

※ こうやって鳴く。(YouTubeから)



調べてみたら、アマガエルは雨が降りそうになると鳴く。
確かに今日は、午後から雨模様。  夕方からは、必ず降る。

だから自分は今日、珍しく昼前から動き始めた。  天気予報みたいなカエル。

戻って、車を停めた横の道を下る。

s-17年6月7日 (38)

シオカラトンボと思っていたら、違った。  シオヤトンボ。 塩屋蜻蛉。  初めて知る。
尻尾の先の黒が小さい。 胴体の部分の色も違う。

  ※ 塩屋って何だろうと調べてみた。  塩をつくる小屋。 
    小屋には、吹きだした塩がくっ付いている。  

塩屋みたいに白いので、シオヤトンボ。  ふ~ん、ですね。

s-17年6月7日 (7)    s-17年6月7日 (43)

最初入った道を、奥に行く。 通行止めの先に。   アマガエルがいた。  今度は尻向けて。

この時、2人の女性が来た。   何しに来たのと聞いた。 「みず」をとりにと言った。
湧水ですかと聞いた。  山菜の「みず」と言った。  どれが「みず」か教えてもらった。

s-17年6月7日 (39)    s-17年6月7日 (10)

砂防ダムに出た。

s-17年6月7日 (40)

これがみず。  水っぽい所に生えるよう。  アクが少ない。    晩に食べた。   クセの無いさっぱりした味。
調べたら、葉は食べないよう。   天ぷらならいいのかな。

これは、若いので、葉っぱも食べられた。

s-17年6月7日 (41)    s-17年6月7日 (42)

こんなチョウを、時々見た。   初めて見る。
最後にやっと写真が獲れた。  別カメラで。 7㍍先。

ウスバシロチョウ。  アゲハの仲間のよう。  絶滅を心配する県も。  

s-17年6月7日 (12)    s-17年6月7日 (11)

棚田は、歩いていても不審に思われない。
それがあるから、棚田は好き。

今は、棚田が一番美しい季節。 
生き物が増えて、命みなぎる楽園になっていく。

最後に、ヘビさんごめんね、です。

【今日の一句】 「 あまがえる 夜には雨よと グッグッグッ 」

【記事の紹介】   肘折温泉  地蔵倉 ~大蔵村肘折~  他  (2011/10/14)

【道の駅】   尾花沢

【明日の予定】   雨のよう。  歩かなくていい所。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2444-d971fd4a

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 四ケ村の棚田は、ほたる火の里に。 蛇の呪い・・。 雨蛙と目が合った。 シオヤトンボの塩屋?。~大蔵村~ 他 (2017/6/7)
  • 2017年06月08日 (木)
  • 07時43分12秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。