キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

歩いて楽しい温泉地は、滅多にないかな。
各旅館が1つにまとまって、初めて出来るんですね。

銀山温泉以外には、黒川・由布院、草津温泉あたりでしょうか。

銀山温泉は、いいですよ。 今回は3回目でしょうか。
今は、カジカガエル鳴く季節。

(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります。 改善に時間を)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

尾花沢市の山奥に。

s-17年6月6日 (1)

下は、尾花沢市からお借り。
    
芭蕉は中尊寺から、赤〇の道を通って尾花沢へ。  下の国道347なら寄ったかも。
また、西行が銀山温泉に来ていたら、間違いなく来ましたね。

s-17年6月6日 (3)    17年6月6日 (2)pppp

日帰り客用の駐車場は、造成中だった。
今までは、ただの空き地。    今日は、工事してない部分に。  

坂を3分ほど下って、ここに。

s-17年6月6日 (4)

不思議な雰囲気の建物。

s-17年6月6日 (6)

昔は銀山だった。   大正ロマンを目指したと。  
右は、昭和初期の銀山温泉。(温泉のHPから)  今の雰囲気に近い。

s-17年6月6日 (5)    s-17年6月6日 (35)

写真中央に、銀山山神社。  芭蕉のことが。  もしかしたら来てるかなって(願い)。
芭蕉は尾花沢から、山寺に向かったんですね。

s-17年6月6日 (7)cccc     s-17年6月6日 (8)

そぞろ歩いている。 衣装は借りられるよう。  

s-17年6月6日 (9)

いい雰囲気。 神社が見えますね。    手前の女性は、魚にエサをやっている。   ニジマス。

s-17年6月6日 (10)    s-17年6月6日 (34)

上の写真のホテル。 2階3階部分。    鏝絵(こてえ)が並んでいる。
窓に腰かけて、ビールを飲んでみたい。

s-17年6月6日 (11)

橋が続く。   この橋の上で、花笠踊りをするときが。   このように。(以前撮影)

s-17年6月6日 (12)

もっと早くから駐車場を整備して、日帰り客を大事にしていれば、たくさんの若い人たちが来ましたね。
人が少ない。 でも、取り組み始めた。

s-17年6月6日 (13)

右を読むと、銀山温泉の特徴が分かります。

s-17年6月6日 (14)    s-17年6月6日 (15)

能登屋旅館。   巨大。 おしんの舞台になったんだったかな。

s-17年6月6日 (16)

奥に、大正ロマンの香りする散歩道。

s-17年6月6日 (17)

若い人が、一番大事な客。 今日はたくさんお金を落とさなくても。

s-17年6月6日 (18)

考えてみれば、中国人を見ない。 もしいても、少ない。
信州では見た。 新潟の見学から見なくなった。

いないからしっとりしてるけど、少し寂し。
みんな東北を飛び越えて、北海道に行くのか。(そう云う声はある)
九州も京都も、中国人の方が多い。

s-17年6月6日 (19)    s-17年6月6日 (23)

さらに奥に。   お蕎麦屋さん。

s-17年6月6日 (20)

そして滝。   銀山跡はこの上に。   今回は行かない。   前回の記事で紹介。

s-17年6月6日 (21)    s-17年6月6日 (22)

戻って。

s-17年6月6日 (25)    s-17年6月6日 (24)

カジカガエルが鳴く。   探しても見つからない。  

17年6月6日 (26)mm 

今3時。    宿泊の観光客は、間もなく入ってきますね。

s-17年6月6日 (27)

上の写真の右上。   これが気になる。
    
      「 銀の光に  みちびかれ  山の地に存す 」

梁田(やなだ)という人が、1600年頃この地に入っている。
ここは「やなだ」屋。    子孫でしょうか。

s-17年6月6日 (28)

日帰り専門の湯。 かじか湯。   300円。

s-17年6月6日 (30)    s-17年6月6日 (29)

風情が無いというか、何か物足りない。 若い女性なら、この雰囲はいや。
他の客はいなかった。  

s-17年6月6日 (32)    s-17年6月6日 (33)

戻っている。 左に、空き地がある。 あそこに立派な共同湯をつくればいい。
大正ロマンあふれる雰囲気で。

若い人は、それを目指して遊びにくる。 そして、いつかは泊まってくれる。
将来のために、今から若い人を大事にしないと、バラ色の未来はないような・・・。

   ※ その通り取り組んだのが黒川温泉でした。 今は、多くの人が。

若い人がいっぱい。 みんな感じのいい人ばかり。

s-17年6月6日 (31)

銀山温泉には、また来ていいですね。
暗くなってから来るか、別の銀山温泉の顔を見に。

その時は、新しい駐車場が出来ていますね。

【今日の一句】  「 銀の湯に そぞろ歩けば カジカ鳴く 」

【記事の紹介】  大正ロマン薫る、銀山温泉。  温泉街で、そぞろ歩き。 白銀の滝、銀鉱洞。~尾花沢市~ 他 (2014/6/18)

         奥の細道と尾花沢 芭蕉と義経  他 (2009/06/29)
         山刀伐峠  封人の家  他  (2009/06/30)

【動画紹介】    花笠おどり20160507/Traditional rural folk dance    



【道の駅】    尾花沢

【明日の予定】      山に中に棚田を見に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、7位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2443-e0256b8b

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 大正ロマン漂い、そぞろ歩きの似合う銀山温泉。 「銀の光にみちびかれ 山の地に存す」~尾花沢市~ 他 (2017/6/6)
  • 2017年06月07日 (水)
  • 05時39分30秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。