キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

大井沢の旧大日寺も、寒河江ダム近くの旧本道寺も、建物は残っていない。
火事で燃えたり、戊辰戦争で焼かれたり。

ところが、今日行く所は残っている。
ほとんど昔の寺の建物のまま、神社になって。

名前は、岩根沢三山神社。  さんざん神社。
建物は、旧日月寺本堂。  にちがつ寺。   今は、三山神社本殿。

その本殿が巨大。 建物はこれだけ。
中に、客殿や庫裏などみんな組み込んで。

向拝(玄関)の彫物も見事。

三山神社は、廃仏毀釈の難しい時代を器用に生き抜いていた。
そのことで、貴重な神仏混淆の歴史の財産が残った。

(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります。 改善に時間を)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

右地図に3つの山が見える。

s-17年6月3日 (2)    s-17年6月3日 (3)

月山への登拝口だけど、頂上までは遠い。

s-17年6月3日 (4)    s-17年6月3日 (1)

門前の家並みの向こうに見えている。   どかんとある感じ。  

s-17年6月3日 (55)

月山の登山口まで11㌔。  そこから頂上まで11㌔。
普通の登山より、厳しい。  修行の登山。

s-17年6月3日 (6)     s-17年6月3日 (5)

どう見たって神社の建物ではない。 寺。

   ※ もしかして、これは仁王門だったのか。  
     廃仏毀釈で、仁王像の置く部分だけ改修し無くした。(全くの予想。調べてない)

s-17年6月3日 (7)

本当の名前は長い。   寺時代は、月山神社の別当寺だった。
                     ※ 昨日まで見た2つは、湯殿山神社の別当寺だった。、

s-17年6月3日 (8)    s-17年6月3日 (11)

元は日月寺。  少しの改修で、廃仏毀釈を乗り切ったと。  

ここは、登拝口。   生まれ変わりの旅、とある。  月山に登るのは、そういう事なのか。

s-17年6月3日 (9)    s-17年6月3日 (10)

下は、月山朝日観光協会の資料。  分かりやすいので載せます。
建物は、複合建築と。  彫物の説明も。

s-17年6月3日 (56)     s-17年6月3日 (57)
本殿の正面。

s-17年6月3日 (12)

まるい虹梁(こうりょう)の下に、彫物。  見ごたえがあるので、最後に紹介。

s-17年6月3日 (13)

湯殿山の額。    見所は、賄(まかない)部屋のこと。

s-17年6月3日 (14)       s-17年6月3日 (15)

中は有料で500円。  ここから入る。

s-17年6月3日 (45)

受付で薄い紙をもらった。  体のあちこちに触れた。  ここに浮かべた。
もろもろの罪や汚れは、これで払われた。 すっきりした。

s-17年6月3日 (16)cccc 

本殿の方に。   神楽のお面の絵馬。

s-17年6月3日 (17)    s-17年6月3日 (18)

ここは大広間。  左奥は、客殿か。    神楽の舞。

s-17年6月3日 (19)    s-17年6月3日 (20)

本殿前から、外。  湯殿山とある。  寺時代の物か、どうでしょう。

s-17年6月3日 (22)    s-17年6月3日 (21)

本殿。   神様はここに。  昔は、ここに本尊を置いた。  
その本尊は、今どこかにあるのだろうか。   あるとすれば、羽黒山の出羽三山歴史博物館か。

s-17年6月3日 (23)

客殿や大広間を見る。   欄間(らんま)の彫刻。   
右は水行をしてるのか。   絵馬は願いが叶ったら奉納。

s-17年6月3日 (24)    s-17年6月3日 (25)

神楽で使うお面かな。    右は、雲流と書いてある。   

s-17年6月3日 (26)    s-17年6月3日 (27)

天台宗のお話の世界。

s-17年6月3日 (28)    s-17年6月3日 (29)

昔の写真。   こんなの見るの好き。
昔あった、三山線の終点駅。 間沢駅   ここから遠くない。

賑わった時代があった。

s-17年6月3日 (30)           s-17年6月3日 (31)


s-17年6月3日 (32)         s-17年6月3日 (33)

こっちは、賄(まかない)部屋。

s-17年6月3日 (34)

参詣者の食事は、ここで。   寝る間所は、大広間か。

s-17年6月3日 (35)

大黒柱に、大黒様。

s-17年6月3日 (36)    s-17年6月3日 (37)

反対側から。  恵比寿様も。   下に少しだけ、階段が見える。 行く。

s-17年6月3日 (38)    s-17年6月3日 (39)

向こうから上がってきた。   昔のカレンダー。

s-17年6月3日 (44)    s-17年6月3日 (41)

なまくら坊主に見える。  上から目線でいわれたら、せっかく持っていた気持が失せて行く。

s-17年6月3日 (40)

右の池にせり出した部分は、今も羽黒山にありますよ。

s-17年6月3日 (42)    s-17年6月3日 (43)

本殿前を再度。

s-17年6月3日 (46)

両側に獅子。

s-17年6月3日 (48)    s-17年6月3日 (47)

虹梁下は、このように。

s-17年6月3日 (52)

深い彫の龍。

s-17年6月3日 (49)    s-17年6月3日 (50)

メインはこれ。  故事による。  子供が大きな甕(かめ)に落ちた。
別の子供は、助けるために甕を割った。  出てくる子供が見える。  命の大切さの教訓か。

s-17年6月3日 (51)

50年間に225回月山に登った人の石碑。   奪衣婆(だつえば)が、「また来たらいいよ」と言った。

s-17年6月3日 (53)    s-17年6月3日 (54)

見事でしたね。  やっと残った建物。
写真などもあって、神仏混淆時代を垣間見ることが出来ました。

器用に(賢く)生き延びた、岩根沢三社神社の見学でした。

【今日の一句】   「 信じることで 強く生きた人たちがいた 」   生まれ変わるんだ、って。

【動画の紹介】   岩根沢太々神楽・倭姫舞      10分。   少しだけでも。



【道の駅】     にしかわ

【明日の予定】

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2440-b8655d1e

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岩根山三山神社は、月山への登拝口。 本殿正面に圧巻の彫刻。 元は日月寺。 全てが1つの建物に。~西川町~ 他 (2017/6/3)
  • 2017年06月04日 (日)
  • 07時51分41秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。