キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

磨崖仏(まがいぶつ)は九州に多い。
その磨崖仏が、岩部山(いわぶやま)にあると云う。

江戸時代に、ある和尚が動いて作り上げた。

三十三観音の形で、山のあちこちに。
花を探しながら行ってくることにした。  

(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

もう少し北に行くと、上山(かみのやま)市。

s-17年5月27日 (3)    s-17年5月27日 (4)

岩部山の下に、国道のトンネル。   黄色〇に駐車場。  
左の〇辺りに、下りてきた。  3時間かかって。

s-17年5月27日 (5)

山道とある。  現在地にあった案内。

s-17年5月27日 (1)    s-17年5月27日 (2)

駐車場。 左を行くけど、直ぐに山道に入る。

江戸時代、飢饉とかがあって大変。
人々を救うため、金毛(きんもう)和尚さんが動いた。    説明はこの後、少しずつ書きますね。

s-17年5月27日 (7)    s-17年5月27日 (6)

西国三十三観音を彫った。   33から見て行く。  これは金毛和尚さん。

s-17年5月27日 (8)

山には巨石がごろごろ。   さっそく。

s-17年5月27日 (9)

三十三番。 華厳寺。  表情が残っていますね。   
      西国33ヶ所の満願霊場、谷汲山 華厳寺。  広い境内と、たくさんのお店。~揖斐川町~  他  (2014/5/7)

s-17年5月27日 (10)    s-17年5月27日 (11)

石切り場があった。 三十三観音とは別。  ※ 落石で立ち入り禁止。 なので、写真の出所は書けない。

s-17年5月27日 (12)

平成5年作。   やわらかな表情。

s-17年5月27日 (13)    s-17年5月27日 (14)

和尚さんは、西国33の寺に行ってきた。  観音様の絵を描いてきた。
それを元に、彫った。 

三十一番。    ※ 中には顔が見えないのも。 そんなのは飛ばして。
賑やかに手がいっぱい。

s-17年5月27日 (16)    s-17年5月27日 (17)

ヒメサユリの季節。   たくさん見た。

s-17年5月27日 (18)    s-17年5月27日 (19)

上がってきました。   トンネルは頂上の真下を通っている。 ここは手前。

s-17年5月27日 (20)

二十八番。   微笑んでるのが分かりますね。 ほっとする。

s-17年5月27日 (21)    s-17年5月27日 (22)

ここを登る。   上にのんびりしている観音様が。

s-17年5月27日 (23)    s-17年5月27日 (24)

二十七番。   如意輪観音とある。
          ※ 円教寺にはいつかは行かなければと。 和泉式部が助けられた寺。   

s-17年5月27日 (25)

右写真は、中川駅の辺り。 駅から歩いてこられる。

s-17年5月27日 (27)    s-17年5月27日 (28)

和尚さんは、彫るのは専門の人に頼んだんですね。 地元の人も、それを助けた。

頂上付近。  雨は落ちて来ない。

s-17年5月27日 (29)

二十六番。  キリッとした表情。   武将のよう。
         根日女物語の玉丘古墳  兵庫フラワーセンター  一乗寺三重塔 ~加西市~  他  (2011/12/6)

s-17年5月27日 (30)    s-17年5月27日 (31)

二十五番。   高い所にある。  行けない。   足場を組んで、彫りましたね。

s-17年5月27日 (33)

千手観音。  それぞれの手は、何が得意かは決まってるよう。

s-17年5月27日 (34)    s-17年5月27日 (32)

二十三番。   突然現れた。   凝灰岩。   ノミの跡が見える。

s-17年5月27日 (35)    s-17年5月27日 (36)

上もそうだけど、雨のあたりにくい所に多い。   岩がかぶさって来る感じ。

s-17年5月27日 (37)

正面から。  千手観音。   口元が欠けている。 表情に影響してますね。

s-17年5月27日 (38)    s-17年5月27日 (39)

向こうから来た。   穴があった。   ライトはいつも持っている。

s-17年5月27日 (43)    s-17年5月27日 (40)

二十番です。  やっと撮影   ※ 京都の善峯寺だけど、遠かった。
    綱吉の母 桂昌院が再建した善峯寺は、アジサイの寺でもあった ~京都市~  紫陽花(アリス)  他  (2912/6/26)     

中にタヌキでもいたら大騒ぎ。

s-17年5月27日 (41)    s-17年5月27日 (42)

十九番。  これも手がいっぱい。    33番まで彫るのに、3年ほどかかった。  1つ、1ヶ月か。  冬は?

s-17年5月27日 (44)    s-17年5月27日 (45)

十七番。  厳しい表情だ。

s-17年5月27日 (46)    s-17年5月27日 (47)

高い所に。   十六番。   京都の清水寺。

s-17年5月27日 (48)

清水寺の千手観音の写真は、一番右。 この像を和尚さんは絵に描いてきた。  そして下の像。 似てますね。
      東山で、闇に浮かぶ夜桜を。  清水寺、他。  夜には、花散らしの雨が・・・。~京都市~ 他 (2015/4/4)

s-17年5月27日 (49)    s-17年5月27日 (50)   pic_03.jpg

岩の上からの風景。

s-17年5月27日 (51)    s-17年5月27日 (52)

十五番。   那智の観音寺。  ふくよかな表情。

s-17年5月27日 (53)    s-17年5月27日 (54)

十四番。 三井寺。(この春、門まで)   手を膝についてるのは、如意輪観音かな。   さっきもあった。

s-17年5月27日 (55)    s-17年5月27日 (56)

十一番。  醍醐寺。   静かな表情。  大きな岩。
       醍醐寺の境内は、450㍍の山の上まで広がっていた。~京都市~  僕が僕であるために(尾崎豊)   他  (2012/5/4)

s-17年5月27日 (57)    s-17年5月27日 (58)

和尚さんは、遠い関西を歩き回った。   それだけでも、大変。

ここを登らないと、ちゃんと見られない。  5㍍程か。
岩につかまって登る。 ただ凝灰岩だから、滑らない。  行くしかない。

左は、ちゃんとしていた。    雨が当たると、よくないみたい。

s-17年5月27日 (59)     s-17年5月27日 (60)

上の左。   十三番、石山寺。   まったく傷んでいない。 
           石山寺。  日本最古の多宝塔・源氏の間・珪灰石。~大津市~  他  (2013/11/14)

s-17年5月27日 (61)

狭い所に。  十番。  三室戸寺。   岩が前のめり。  雨が当たらないから、像は完璧。
      宇治を歩く。  興聖寺。  宇治上神社。  三室戸寺。  宇治十帖。~宇治市~  他  (2014/4/26)

s-17年5月27日 (62)    s-17年5月27日 (63)

人々は、1つ1つまわって手を合わせた。  それで心おだやかになるのか。

九番。 興福寺南円堂。    興福寺と猿沢池を、少しだけ歩く。~奈良市~ 他  (2013/6/28)
場所がこうなので、風化してきた。

s-17年5月27日 (64)

大きく削ってへこました。   そこに磨崖仏。    12番。   正法寺。

s-17年5月27日 (65)    s-17年5月27日 (66)

山を下りてきた。

s-17年5月27日 (67)    s-17年5月27日 (68)

今日の最後。  

s-17年5月27日 (69)

二十九番。  松尾寺。   馬頭観音。 真ん中の頭の上に馬。 珍しい。

s-17年5月27日 (70)    s-17年5月27日 (71)

下りてきました。   岩部山トンネル。  巨岩が見える。

s-17年5月27日 (72)

和尚さんは、人々の心を救うしかできない。
それで、造ったのでしょうか。

   ※ 信玄でも上杉鷹山でも、暮らしを良くしたいとなったら、具体的に何かをしましたね。
     そこが、宗教との違いでしょうか。

しかし、心がすさむと何をしてもうまくいかない。
そう言う面で、価値はあったのでしょうね。

 ※ 余談ですが、後半になって、道は荒れていた。 道が分からない所もあった。
   最後は、草の茂った所から出てきた。  誰にも会わない。

【道の駅】   白鷹ヤナ公園    

【明日の予定】  北に向かうか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2431-9811c5e5

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岩部山三十三観音は、巨岩に彫った磨崖仏だった。 江戸時代に金毛和尚が。 ヒメサユリ咲いて。~南陽市~ 他 (2017/5/27)
  • 2017年05月28日 (日)
  • 10時06分04秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。