キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

赤湯温泉に着いたはずだけど、温泉はどこだろう。
間違ったか。

ヤフーの地図で調べた。 地図に赤湯温泉は無い。   グーグルも同じ。
情報誌に大きくあるのに、地図にない。 不思議。 初めて。

赤湯駅ならある。

赤湯温泉のHPを見たら、来ている。  
大丈夫と考え、まず観光案内所に。
    
(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

どっちの海にも、同じ距離。   米沢から15㌔ほど。

s-17年5月26日 (1)    s-17年5月26日 (2)

このように赤湯温泉って書いてない。  実際は駅前広く赤湯温泉。
温泉旅館は散らばっている。   印は案内所。   車は古い公民館の駐車場に。

s-17年5月26日 (3)    s-17年5月26日 (37)

ここで地図をいただいた。    

s-17年5月26日 (6)    s-17年5月26日 (35)

足湯がある。   正面にポスター。 右はカレンダーだった。
後で行く神社の周りは、烏帽子山公園。   桜の名所。

昔ここには、舛形神社があったと説明に。

s-17年5月26日 (36)    s-17年5月26日 (5)

赤湯温泉は、赤湯からみそラーメンで有名な店が。
行ってみた。

とてもしょっぱいラーメンだった。 全部は食べられなかった。
               (全国のラーメンの中では、トップクラスの塩分)
麺はうどんのように太く。

s-17年5月26日 (7)

※ ラーメン離れが、無いわけでない。
  塩分と油が多いので、体には優しくない食べ物の印象が、広まっている。
  自分も月に一度は食べない。 昔はしょっちゅう。

  食べ物を客に提供する店は、食べる人の健康を考える時代になりつつある。
  そんな風に考えます。

※ 上の店は、塩分を減らしたら、スープの良さが引き立つ、そう感じました。
   
烏帽子山八幡宮に向かう。       石段の途中にシャクヤク。 雑草に混ざって。

s-17年5月26日 (8)    DSCF2626ppnmkpp.jpg

町並み。  温泉旅館は散らばっている。  15軒ほど。
正面遠くに高畠町。  この後、そっちの道の駅に行く。

s-17年5月26日 (9)

向こうから来た。  

s-17年5月26日 (11)

この辺りに、5軒ほど集まっている。   後で、ここを歩いてみることに。

s-17年5月26日 (10)

烏帽子山八幡宮。   大きな石の鳥居。   日本トップクラスとある。

    ※ 大きいと云われるのは、どこも高さが10~11㍍でしょうか。
    ※ 何が大きいのかを書かないで、日本一と云ってる所がある。

右の表現がいいですね。    

s-17年5月26日 (12)    s-17年5月26日 (13)

烏帽子山八幡宮 拝殿。  案内所の所に以前あった舛形神社は、拝殿の右後ろにあった。 境内社として。

新しいですね。

s-17年5月26日 (14)    s-17年5月26日 (15)

大きな石に、板碑(いたひ)の磨崖仏。   読めなかった。

s-17年5月26日 (16)    s-17年5月26日 (17)

一番上の石に、反りをつけるのは、難しかったのでしょうか。

石の柱は、山の上からここまで何とか。  どうやって立てたのでしょう。
大変な技術のよう。  継ぎ目なしですから。

  ※ 自分の想像ですが、南の国モアイ像のように、穴を掘って差し込んだ。
    穴の深さは石の高さの半分ほど。

    土を盛ってから、上の石を載せた。
    全部終わって、土を取り除く。

どんな方法でも、大変な作業でしたね。

s-17年5月26日 (18)

温泉街を歩く。  女湯はどうして高いのでしょう。
丹波館。    ※ 赤い湯か。  丹頂鶴がいたのか。  この地方には、ツルの話が多い。

s-17年5月26日 (21)    s-17年5月26日 (22)    s-17年5月26日 (23)

立派です。   左右と正面にも。  米沢の上杉の殿様の温泉は、ここにあったのか。

s-17年5月26日 (24)    s-17年5月26日 (25)

うこぎ垣根。  この地方に多いよう。   直江兼続が関わっている。

s-17年5月26日 (26)    s-17年5月26日 (27)

変わった物が無いか探した。   井戸があった。

s-17年5月26日 (29)

共同井戸ですね。   今は飲めない。

s-17年5月26日 (30)

昨日も出会った、イザベラ・バード。  彼女は赤湯温泉では、下のことを書いている。(Wikipedia)
褒めちぎっている。

   山形県南陽市の赤湯温泉の湯治風景に強い関心を示し、置賜地方を「エデンの園」とし、
   その風景を「東洋のアルカディア」と評した。

s-17年5月26日 (28)

※ イザベラバードは感情の動きの激しい人なのか、下のようなことも書いている。他の場所で。(Wikipedia)
  めちゃくちゃな内容。  日本人をかなり下に見ている。

     「日本人の黄色い皮膚、馬のような固い髪、弱弱しい瞼、細長い眼、尻下がりの眉毛、
      平べったい鼻、凹んだ胸、蒙古系の頬が出た顔形、ちっぽけな体格、
      男たちのよろよろした歩きつき、女たちのよちよちした歩きぶりなど、・・・・」
      
井戸の後ろの方に、月夜塔があった。  初めて見る。  ネットで調べても、分からない。
月夜の明るさになるのか。  普通は常夜灯ですね。

s-17年5月26日 (31)

街並みを歩いて。 ここは米沢牛。  発展には外国人が関わっているよう。  右は温泉旅館。

s-17年5月26日 (32)    s-17年5月26日 (33)

この道は、赤湯温泉大通り。  少し行ったら案内所。 右に入って、赤湯元湯。

s-17年5月26日 (34)

向こうから来て、ここが元湯。   200円。    

  ※ 他に3軒の共同湯。 どこも100円。  缶ジュースより安いが、キャッチコピー。 汗にはお風呂。

s-17年5月26日 (19)    s-17年5月26日 (20)

市のHPからお借り。  源泉が2種類。 
薄く濁った感じが成分の良さを感じさせる。

男湯は、これとは左右逆。

s-17年5月26日 (4)

今までは、魅力がはっきりしなかったために、行ってなかったのかなと。
湯がいいので湯治で発展してきた温泉地なのかなと、感じました。

桜の頃は、大変な人のようです。

【道の駅】   たかはた

【明日の予定】   山に入ります。   信仰の道でもあるので、磨崖仏が。  クサリ場があって。  赤湯温泉の7㌔程北。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、7位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2430-ed404ba4

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 赤湯温泉を歩く。  温泉旅館は街に散らばって。 赤湯元湯。 大きな石の鳥居。~南陽市~ 他 (2017/5/26)
  • 2017年05月27日 (土)
  • 09時46分07秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。