キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

古い敷石の道を復活させて、未来に残すことに、どんな意味(意義)があるのでしょう。
深い森の中に、黒沢峠敷石道は続いていた。

この越後米沢街道は、明治の中頃まで使われた。
街道には多くの峠があり、十三峠と呼ばれた。  その1つが、黒沢峠。

長く土や葉に埋もれていた古道は、地域の保存会によって復活された。
自然の中を、歴史を感じながらの、楽しい道に。

昔、峠を越える人々は、何を思って歩いたのでしょう。
歴史に名を残した、多くの人も通った道。

(写真をクリックして一瞬で大きくならない時が。 再度開き直したら大丈夫な時があります)
     ※     ※     ※     ※ ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

国道の入り口には案内が。  数㌔入る。

s-17年5月25日 (2)    s-17年5月25日 (3)    s-17年5月25日 (4)

スタート地点まで車で行ける。 グーグルの地図には、歩ける道は出る。 登山道など、点線で。

s-17年5月25日 (1)

米沢から見たら、越後に行くので越後街道。
越後側から見たら、米沢に行くので米沢街道。

それで、越後米沢街道と呼ばれる。 (地図は小国町のHPからお借り)

s-17年5月25日 (61)

自分は、道が不安だったので、少し手前の広い駐車場に停めた。
黒沢峠祭りをするので、いろいろある。

s-17年5月25日 (6)

上の道は林道で、敷石道は右に入る。   頂上まで40分。  ※ 車で来た道は、旧街道か。

s-17年5月25日 (8)    s-17年5月25日 (9)

敷石道の整備などがある。 そのためにここ。   昨年の祭りのポスター。

s-17年5月25日 (10)    s-17年5月25日 (59)

街道は江戸時代前からあったけど、敷石が敷かれたのは、江戸時代の遅くに。 
明治の中ころまで使われた。

   ※ 青苧(あおお)は、カラムシと呼ばれる繊維を取る植物。
     元々は、上越地方でつくられた。 上杉景勝が米沢に移封になった時に持ってきた。
     米沢で盛んになって、逆に越後に。 今は、昭和村だけで栽培。(以前行っている)

人も馬も通った。  兼続も、良寛さんも西郷さんも。

そして、イザベラ・バードというイギリスの女性も。 
旅記録作家の感じ。 明治11年の夏に通った。  北の方の金山町で彼女の碑を見た

点線を歩く。
s-17年5月25日 (11)    s-17年5月25日 (12)

イザベラ・バードの写真。   ※ 最後に、彼女の黒沢峠の文を紹介。

wwwe34.jpg     wwwr555.jpg       ppphuuuuu.jpg

さあ出発。  ここから敷石道。

s-17年5月25日 (13)    s-17年5月25日 (14)

少しして石切り場。  岩は谷に転がっている。 そんなのを使ったのか。

s-17年5月25日 (15)    s-17年5月25日 (16)   

敷石だと、雨が降っても歩ける。  今日は時々小雨。
濡れた石は滑る。  砂岩かなって感じる。

ただ草鞋(わらじ)をはいてたら滑りにくい。  ※ 今も釣り人は使う時が。

s-17年5月25日 (18)     s-17年5月25日 (19)  

人は真ん中を歩く。  すり減っている。

s-17年5月25日 (20)    s-17年5月25日 (21)

人は2本足だから、上手に石の上に足が置ける。  4つ足の馬や牛も、上手に歩くのか。

s-17年5月25日 (22)    s-17年5月25日 (23)

クマの恐怖はきっとあった。  ※ 自分は対策している。 鐘など。

s-17年5月25日 (24)

どうしてこんな形に。

s-17年5月25日 (25)    s-17年5月25日 (26)

一里塚に着いた。 こんもりした土。   直江兼続が整備したとある。

s-17年5月25日 (27)    s-17年5月25日 (28)

ブナの森は、空気がさわやか。 鳥が鳴いて。  クマの糞はない。

s-17年5月25日 (29)    s-17年5月25日 (30)

開けた所に出た。  何かが。

s-17年5月25日 (31)

茶屋の跡。  中央奥に、石碑があった。  何かの像が彫ってあったのか。 縁取りが特徴。 

s-17年5月25日 (32)    DSCF2502ppkpp.jpg

説明。  上杉斉憲(なりのり)は米沢藩12代藩主。  名君と。 13代が最期の藩主だから、1つ前。
右写真。  明治に入って撮ったのか。 景勝の直系。 (直系は今に続いている。 宇宙関係で著名な人も)

s-17年5月25日 (33)    s-17年5月25日 (5)

茶屋の土台石が残っている。  旅人は茶屋で一休み。    カタツムリと遊んで。

s-17年5月25日 (34)    s-17年5月25日 (35)    s-17年5月25日 (36)    s-17年5月25日 (37)

さらに進んで、右に谷。  ヤマフジ。  ここで一息。  旅人は、鳥の声や花に心いやされて。

s-17年5月25日 (38)    s-17年5月25日 (39)

この道は米沢に向かっている。  海の物を背にしている人も。 
牛追い唄とかはなかったのか。 クマを追い払うためにも。

チゴユリが咲いて。

s-17年5月25日 (40)    s-17年5月25日 (41)    s-17年5月25日 (42)  

見えた。  頂上かな。

s-17年5月25日 (43)

黒石峠の頂上。  426㍍。  ここまで来たら後は下り。  旅人は、きっと一休み。
左に行けば、旧道。  最初の場所に着く。

s-17年5月25日 (44)    s-17年5月25日 (45)

少し下ってみた。 荒れ気味なので、行かない。

s-17年5月25日 (46)

旧道。   少しだけ行ってみた。  敷石道の下りの風景を撮る。

s-17年5月25日 (47)

戻る。    茶屋跡に。
小国町は、ワラビの畑がどこにでも。 夕方、道の駅でアク抜きしたのを買った。 美味しかった。

s-17年5月25日 (48)    s-17年5月25日 (49)    s-17年5月25日 (60)

この様な形の石も。 斜面が緩いと、これで十分。    滑るのは下る時。  一里塚。

s-17年5月25日 (50)    s-17年5月25日 (51)

下りの人は、越後に向かう。  家族を米沢に残してきた人も。
中には、好きな人が越後で待ってる人も。 足取り軽くなる。

s-17年5月25日 (52)

石はこの様にも。  どれ1つ持つのも大変。   完成したら、長く使える。 旅人は助かる。

アヅマヒキガエルか。 大きい。 ジャンプの瞬間を撮った。 
あわててボケた。 右にいる。 自慢できる格好ではない。

s-17年5月25日 (53)    s-17年5月25日 (54)   s-17年5月25日 (55)

里が近づくと一安心。   ミツバは、豆腐の味噌汁に。 味が濃く無農薬。

s-17年5月25日 (56)    s-17年5月25日 (57)

着きました。

s-17年5月25日 (58)

今の時代、遠い先人の人達の汗は、何で感じ取れるでしょう。
何も残ってない町だってあります。

敷石道を歩いて、先人の苦労や知恵が学べます。
昔を大事にすることが、今の大事にし、良くすることにつながります。

黒沢峠敷石道保存会の人達が取り組む意義は、そこにあると思うでしょうか。

敷石道は、地域の自然に親しむ道でもあります。
ずっと残るといいですね。

※ イザベラ・バードの黒沢峠の記事は、ここにあります。 7月12日です。(日本語訳が2つ出る。後が正確か)

【今日の一句】 「 あの山の向こうには 家族が そして・・・」

【道の駅】        いいで(飯豊町)

【明日の予定】   雨の予報。 どうしましょう。  27日からは、いい日が続く。 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、8位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】 .
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2429-6bcab9cf

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 黒沢峠敷石道は、越後米沢街道 十三峠の一つ。 保存会が埋もれていたのを復活。 茶屋跡など。~小国町~ 他 (2017/5/25)
  • 2017年05月26日 (金)
  • 10時37分33秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。