キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

梅の最後に季節になっている。
あと2ヶ所見て、お終いに。

梅小路公園は、列車から何度も見ている。
梅と桜の季節には、行ったことが無い。

ネットの情報では、まだ咲いている。
行ってみることに。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

丹波口駅から歩く。 

s-ttt113.jpg  s-ttt2225.jpg

南に向かう。   線路沿いから1本東に。   角屋。  桶屋と呼ばれる料亭だった。

s-17年3月11日 (5)    s-17年3月11日 (6)

幕末の志士も、ここを利用したんですね。

久坂玄瑞(さかげんずい)は、禁門の変で御所にて討死。

s-17年3月11日 (7)    s-17年3月11日 (8)    s-17年3月11日 (9)    s-17年3月11日 (10)

七条通を渡って着いた。

s-17年3月11日 (11)

緑の館。  朱雀の庭がある。  有料なので歩かなかった。 外から見ただけ。

どうして朱雀の庭の名前なのかは、この時考えなかった。

s-17年3月11日 (15)    s-17年3月11日 (12)    s-17年3月11日 (13)

公園の中に翁施設が2つ。  鉄道博物館と水族館。  どっちも行ってない。(料金が高い)

s-17年3月11日 (16)    s-17年3月11日 (17)

中央は広い芝生。   京都水族館の左半分。

s-17年3月11日 (18)    s-17年3月11日 (50)

京都駅側に、梅林園はある。   そっちに向かっている。  

紅梅と白梅。   花は元気。   勢いがある。 

s-17年3月11日 (19)    s-17年3月11日 (20)

まだつぼみの木がある。  これだから、梅を楽しめる期間は長い。

s-17年3月11日 (21)    s-17年3月11日 (22)

水族館の全体。   2012年に出来た。

新しいわりに、人気は高くない。
つくった段階で、レベルは普通。   料金は2050円。

中国人の観光客に助けられているかな。  
雨で行く所が無くなったら、いつの日か行ってみます、

s-17年3月11日 (24)

梅林円。

s-17年3月11日 (23)    s-17年3月11日 (25)

白梅の木に紅梅の枝が。   珍しくは無いのかな。

s-17年3月11日 (28)    s-17年3月11日 (27)

4人家族がいた。 子供は、小学生の女の子と入学前の男の子。

女の子がお父さんからカメラを借りた。
桜の花を撮った。  ポーズが様になっていた。

お父さんは、ほめた。
男の子は直ぐに、ぼくも写真を撮りたいと言った。

s-17年3月11日 (29)       s-17年3月11日 (30)

線路沿いを歩く。  手前は山陰線。   何度通ったか。
その向こうは、東海道本線。   今通っている。  その向こうに、新幹線。

s-17年3月11日 (31)

列車が好きな人は、ここで見る。 暖かい日は、お弁当を食べながら。

s-17年3月11日 (32)    s-17年3月11日 (33)

オオサンショウウオ。   水族館で展示している。

京都府では、絶滅危惧種。
府内にいることはいるんだが、現在どこにいるかは、はっきりしないよう。(府のHPから)

s-17年3月11日 (34)    s-17年3月11日 (35)

京都鉄道博物館。 ここも行ったことが無い。  ここもいつかですね。

s-17年3月11日 (37)    s-17年3月11日 (38)    s-17年3月11日 (51)

七条通。   適当な小路を歩いて戻る。

s-17年3月11日 (39)    s-17年3月11日 (40)

輪違(わちがい)屋。    説明には置屋と。  高島屋とは関係ないけど、瓦に高島屋のマーク。

s-17年3月11日 (41)    s-17年3月11日 (43)    s-17年3月11日 (42)

ここに、島原歌舞練場があった。 記念碑。

  吉井勇の歌  「宝暦のむかしの夢は見は見つれ 夜半の投節聴くよしもなし」

    ※ 投節を聞いてみたが、YouTubeにはない。
    ※ この辺一帯は島原と云われる遊郭街だった。
      吉井勇は、そこを舞台にした、不夜庵物語を書いている。

s-17年3月11日 (44)    s-17年3月11日 (45)    s-17年3月11日 (46)

丹波口の駅のすぐ近く。  楊梅(ようばい)小路。  向こうが東。

ここの発掘で、初めて朱雀(すざく)大路の正確な場所が分かったと。
朱雀大路は、平安京の南北の中心の道。

だいたいのことは、元々分かっていた。

s-17年3月11日 (47)    s-17年3月11日 (48)

〇の場所。     ※ 地図は(株)まぼろし、からお借り。

s-17年3月11日 (1)mpp     s-17年3月11日 (4)ppp     s-17年3月11日 (3)pp 

大きな地図です。   全部読めます。

s-17年3月11日 (49)ppp

最初に朱雀の庭を見たけど、あそこも朱雀大路が通っていた場所ですね。

梅小路公園は、一度はと思っていて、やっと見学できました。
京都の町の小路は、適当に歩いていても、何かに出会いますね。

【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】  梅宮神社   写真は撮り終っています。 ただの神社ではありませんでした。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2345-d1cfae6d

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 梅小路公園の梅林。 朱雀の庭。 途中に料亭角屋。 朱雀通り近くを歩いていた。~京都市~ 他 (2017/3/11)
  • 2017年03月12日 (日)
  • 13時26分46秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。