キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

中学生の頃、次郎物語をテレビで見た。
その話の作者が、下村湖人。

生家が神埼(かんざき)市にある。
柳川から、宙太さんの車で向かった。

彼の育った生家には、たくさんの資料や写真があった。
館長さんの説明を聞きながら見学。

その後、蓮池(はすいけ)城跡、佐賀県立美術館などに。
美術館では、青木繁の遺作「朝日」を見た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

神埼市は佐賀市の隣。

s-17年1月20日 (1)    s-17年1月20日 (2)

広い駐車場がある。

s-17年1月20日 (3)    s-17年1月20日 (4)

明治初期の建物。(増築部分も)
説明には、幼年時代を過ごしたとある。(4歳から16才ころまで)

s-17年1月20日 (32)    s-17年1月20日 (33)

土間の廊下が奥に続く。 右の部屋に受付が。  無料。

この建物は、次郎物語の第一部の舞台でも。

s-17年1月20日 (37)    s-17年1月20日 (41)

受け付けの部屋。 正面に下村湖人の写真。 写真のめがねは、後で見ることに。

s-17年1月20日 (34)    s-17年1月20日 (36)

次郎の像。 ここで、最後にお茶を御馳走になる。

s-17年1月20日 (35)

それぞれの部屋には、資料などが展示。

s-17年1月20日 (38)

右の写真に高橋惠子が見える。 1987年の映画。
映画は4作品。 それと、NHkのドラマ。

右の説明で、下村湖人のだいたいが分かる。
次郎物語は、彼の自伝的な小説。 成長する姿を描いて。

s-17年1月20日 (42)    s-17年1月20日 (43)

写真などが見える。

s-17年1月20日 (40)

直筆のノートなど。 几帳面。  先ほどの写真の眼鏡も。

s-17年1月20日 (44)    s-17年1月20日 (45)

家族の写真。  台湾時代があるんですね。

s-17年1月20日 (46)    s-17年1月20日 (47)    s-17年1月20日 (48)

庭には、咲き始めた梅が。  今年初めて見る。

s-17年1月20日 (49)    s-17年1月20日 (50)

上は、下の部屋から見た。  館長さんと宙太さん。 (宙太さんは柳川文芸クラブの編集長)

s-17年1月20日 (55)    s-17年1月20日 (51)

下は、最初の映画の人達。 1941年(昭和16年)。  下村湖人は右から3人目。
彼の右の女優は、村田知栄子(クリックしたらWikipedia)。 多くの作品に出演。
後の中央は、轟夕起子ですね。   ※ 右写真はは、左から轟夕起子・原節子・高峰秀子。hqdefault.jpg (Youtubeから)
左の方の女性は、杉村春子か(?)

s-17年1月20日 (53)    s-17年1月20日 (54)    s-17年1月20日 (59)

左は、台湾時代。  

2階への階段。  ※ 佐賀藩の支藩に蓮池藩があった。 陣屋が置かれていた。
             明治に入って払い下げがあり、その材料でこの建物をつくった。
             それで、この階段。

s-17年1月20日 (56)    s-17年1月20日 (57)

2階。 この造りなので、下の部屋の天井が高い。 

s-17年1月20日 (6)

階段は、右向こう。  若い頃の資料が。

s-17年1月20日 (7)    s-17年1月20日 (8)

作品を応募している。  右のは、22才の時。  内田夕闇は、ペンネーム。

  ※ 啄木の名前が見える。 20才。 この2年後でしょうか、函館に移って小樽・釧路へと。 
    右は、下に表記の作品。 (牧野は、盛岡の北の方。 生家から、そんなに遠くない)
          ノロッコ号に乗って、釧路の街へ。  幣舞橋、そして、石川啄木と小奴。~釧路市~ 他 (2013/9/2)

s-17年1月20日 (9)    s-17年1月20日 (9)m    s-takubokupppkki.jpg

こんな作品も。  彼の若い時。  右端は、亡くなる少し前。

s-17年1月20日 (10)    s-17年1月20日 (11)    s-17年1月20日 (12)

1964年~66年のNHKドラマ。   右は、加藤道子。 
             ※ 彼女は、1951年の第1回紅白歌戦 紅組の司会者。

NHKは、次郎物語には教育的な内容があるので、作ったのでしょうね。

右は、あらすじ。 1987年の出演者の名前が。

s-17年1月20日 (13)    s-17年1月20日 (14)    s-17年1月20日 (15)

見学が終わって、受け付けの女性の方が、お茶を用意してくれた。
寒い日だったので、ありがたい。

館長さんにお礼を述べて、次の所に。

印は、蓮池城跡。  今は公園に。  赤〇は、下村湖人の生家。 近い。  左の〇は、佐賀県立美術館。

s-17年1月20日 (5)

蓮池藩跡の近くに、江崎グリコの創業者、江崎利一の生家跡。
生家は長い間、地区の公民館に利用された。(寄付)   今は新しくなって。

  ※ このサイトに、公民館時代の生家の建物が。   グリコの名前は下の理由で。(Wikipedia) 
  

       牡蠣(カキ)に含まれるグリコーゲンから「グリコーゲンの事業化」を思いついた。
       アメの中に、牡蠣エキスからとったグリコーゲンを入れた試作品を、つぎつぎと作るようになった。
       1921年4月、41歳の江崎は一家をあげて大阪に移住した。

佐賀一帯は、お菓子作りが盛んなよう。

s-17年1月20日 (16)    s-17年1月20日 (17)

蓮池藩跡に。  蓮池藩は、佐賀藩の支藩。  
お城は無く、陣屋が置かれた。 払い下げの材料で、下村湖人の生家が。

公園になっている。
 
s-17年1月20日 (18)

 ※ 今日は寒い一日。 時々、雪が舞った。

白と黒の混ざったカラスを見た。  宙太さんに聞いたら、カチガラスといった。
後で、美術館で剥製(はくせい)を見ることに。

s-17年1月20日 (19)    s-17年1月20日 (20)

そして、佐賀県立美術館。

s-17年1月20日 (28)

美術館だけど、ワラスボがいた。  恐ろしい顔。

s-17年1月20日 (21)    s-17年1月20日 (23)    s-17年1月20日 (22)

これが、カチガラスの剥製。 正式名は、カササギ。  普通のカラスより、小さい。

s-17年1月20日 (24)    s-17年1月20日 (25)

そして、展示場に。 岡田三郎助の作品がいっぱいあった。

見たかったのは、青木繁の「朝日」。 遺作。  唐津の海。  展示は、あと2ヶ月ほど。
明治を代表する画家。
     柳川ひな祭り。  青木繁、旧居。  石橋美術館で、青木繁の絵を見る。~柳川市・久留米市~ 他 (2015/3/1) 

s-17年1月20日 (58)

美術館の敷地の中に、佐賀の役の石碑。   指導者は江藤新平。
藩閥政治を進めたい、大久保利通らに鎮圧され、殺された。

   土佐の東の玄関口 甲浦 ~仏頂造りの家と、江藤新平が捕まった地 東洋町~   他  (2011/1/3) 
   佐賀城本丸御殿  神野公園(江藤新平像)  古賀政男記念館~佐賀市・大川市~  他  (2013/3/6)

龍馬や江藤新平、そして小松帯刀(たてわき)らが生きていたら、もっといい明治になった。(戦争の時代の幕開けでなく)

s-17年1月20日 (26)    s-DSCF0082ppp

道を挟んで佐賀城。

s-17年1月20日 (27)

宙太さんは、最後に干潟に連れて行ってくれた。   東与賀(ひがしよか)海岸。

秋に、シチメンソウが赤く染まるという。  初めて聞く名前。
一帯が公園として、整備されていた。

左は、全部シチメンソウ。 

s-17年1月20日 (30)    s-17年1月20日 (29)

干潟になっている。 遠くに、点のように鳥がいっぱい。  望遠のカメラは持ってきてない。

s-17年1月20日 (31)

宙太さんが、いい所に連れて行ってくれました。 何ヶ所も。
下村湖人と次郎物語について、初めて学びました。

寒い日は、早く通り過ぎて欲しい。

【次郎物語の紹介】     1995年の作品。



【停泊場所】    柳川市の簡保近くの駐車場。

【明日の予定】    宙太さんが大宰府の九州国立博物館に連れて行ってくれる。
             特別展 宗像・沖ノ島と大和朝廷。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 

スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2294-cc97c981

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 下村湖人生家の見学。 次郎物語。 佐賀県立美術館で青木繁の遺作を。 蓮池城跡、他。~神埼市・佐賀市~ 他 (2017/1/20)
  • 2017年01月21日 (土)
  • 06時20分37秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。