キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

せっかく五ヶ瀬町を通る。
浄専寺と三ヶ所神社を見ることに。

魅力は、行ってから探す。
そうしたら、それなりにあった。

九州だって、夜は気温が下がる。
昼間のうちに山を越えて、熊本県に。

途中を紹介。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

今日は、赤〇から赤〇まで。  明日は柳川まで。

s-17年1月18日 (1)    s-17年1月18日 (2)

国道503に入って来た。  この国道は途中で、林道のようになる。  通れない。

s-17年1月18日 (3)

道の駅高千穂を出発。 右の方に高千穂峡がある。  峡谷では、全国トップクラス。
                             (写真へのリンクは、全部自分の記事の写真に)

s-17年1月18日 (8)    s-17年1月18日 (9)

五ヶ瀬町に入って来た。  右写真で曲がる。 1㌔先が中心街。

s-17年1月18日 (10)    s-17年1月18日 (11)

浄専寺(じょうせんじ)。   いいこと書いてある。

  ※ 月と日とある。  月日のことか。  離れた心も、もどせないな。  
    人の命よの、「よ」がいい。  信繁は、出城の名前を聞かれて、「真田丸よ」って叫んだ。

s-17年1月18日 (25)    s-17年1月18日 (26)

高鍋町でも出会ったけど、九州広くで戦われた。   西郷軍は、薩摩に逃げるしかなくなって。

s-17年1月18日 (27)

三重塔があることだけは、知っていた。 楽しみ。

  ※ 説明に後藤孫太夫とあるが、後藤又兵衛とは関係ない。  あったら面白いのに。

s-17年1月18日 (28)    s-17年1月18日 (29)

本堂と三重塔。
右は、どうして写真が小さいかって。 それは、手すりからすべて、コンクリート。 悲しい建物。                       
さっきのいい言葉も、霞んできた。

s-17年1月18日 (30)    s-17年1月18日 (31)

大きな、エドヒガンの桜。  京都の八坂神社の後の、円山公園から苗を持ってきたと。

s-17年1月18日 (23)    s-17年1月18日 (24)

反対側から見たら、こう。 2ヶ月ほどしたら右のように咲く。  見事。 (町のHPからお借り)

s-17年1月18日 (32)    s-17年1月18日 (4)

下は、円山公園の枝垂桜。 これも、エドヒガン系。
こっちの方が、枝垂れ具合が弱い。 

右は別の木。 これはいっぱい枝垂れる。
これらの木も、2代目3代目たち。

s-17年1月18日 (5)    s-17年1月18日 (7)

どんなに小さくても、木造の三重塔の方がいい。
コンクリートで作ったら、50年しないうちに、廃墟の姿になる。
その後始末は、みんな末代の人達が。

となりに、三ヶ所神社。 (ここは、三ヶ所地区)

s-17年1月18日 (33)

正月の忙しさも終わって。  木挽(こびき)と云う焼酎をよく見る。 雲海酒造。 本社宮崎市。

s-17年1月18日 (34)    s-17年1月18日 (35)

何かないかなあって、横に来た。

s-17年1月18日 (36)

あった。  素晴らしい彫刻。 それと、右の方にある、脇障子の彫物。
          ※ 本殿の周りは廊下なんですね。 後への行き止まりに、脇障子。

s-17年1月18日 (37)    s-17年1月18日 (38)

いやな話を聞いた時は、耳を洗えばいい。

s-17年1月18日 (39)    s-17年1月18日 (40)

後に、小さな神社。  脇社って呼ぶんですね。

s-17年1月18日 (41)

うっすらと絵が見える。

s-17年1月18日 (42)    s-17年1月18日 (43)

中国のお話ですね。

s-17年1月18日 (44)    s-17年1月18日 (45)

三ヶ所神社のHPに、下の文が。

    伝承によると、当神社は昌泰年間(平安時代)頃に創建されました。

    江戸幕府第11代将軍 徳川家斉の時代になると、当時の延岡藩主の篤い信仰から、
    豊後の宮大工棟梁牧彦兵衛以下15名が招かれ、後の世に伝わる見事な社殿彫刻がほどこされました。

    牧彦兵衛は京都九条家出入りの名工と伝えられています。

彫刻などは、江戸時代になんですね。
京都の九条家の建物は、御所の左下に。 茶室が残っている。   橋から見たらこう

東天紅(とうてんこう)はいなかった。   右のように鳴く。

s-17年1月18日 (46)   

奥宮がある。  道とか調べないと行けない。

s-17年1月18日 (47)

五ヶ瀬町を走っている。   右の方に滝がある。  滝つぼが広い。
道が細く見えた。  行かなかった。

s-17年1月18日 (12)

国道から、入って来た。   橋は、夕日の里大橋。

s-17年1月18日 (49)

下は深い谷。   横からは少ししか見えなかった。 

     ※ 橋桁も橋脚も、コンクリートで一体に。 ラーメン橋。

s-17年1月18日 (50)    s-17年1月18日 (48)

戻るときこの案内。 こっちからも行ける。  道は細い。 近くに駐車場があったら、行った。
右写真は、町のHPから。    滝つぼの直径は、80㍍程。 滝の裏にも行ける。

いつかは行かなければ。

s-17年1月18日 (13)         20150531_152617.jpg

熊本県に入った。  最初の集落、山都町馬見原(まみはら)。

椎葉は宮崎県。  向こうからこっちに来たことがある。
    ※ 震災の時。 1週間ほどで、遠野に着いた。  情報を集めながら。

熊本県に入っても川は、五ヶ瀬川。 五ヶ瀬川の上流は、再度宮崎県に入る。

s-17年1月18日 (14)    s-17年1月18日 (15)

分水嶺は越えた。  真っ直ぐ行く。  

高森町には、湧水トンネル公園
    (水でトンネル工事あきらめ。 完成してたら、高千穂と高森は鉄道でつながっていた。)

s-17年1月18日 (16)

年末に、鹿児島のAくんと通潤橋は見た。    地震の被害で近づけない。

s-17年1月18日 (17)

車道の橋の向こうに、石橋の霊台(れいだい)橋。  

  ※ 大きさも美しさも兼ね備えて。 自分は、この橋が日本一の石橋と思っている

s-17年1月18日 (18)    s-17年1月18日 (19)

美里町に入ったけど、今どの変なんだろうと思った。

  ※ 問題です、今どこにいるでしょう。 答は右に。

DSCF0187ppp.jpg     s-17年1月18日 (20)

美里町の中心街を過ぎて。  左に石橋。  熊本県は、石橋をどの町も大事にしている。

s-17年1月18日 (21)

新しく出来た道の駅。   道の駅の店は大きい。   デコポンの発祥は、この近く。  高い。

s-17年1月18日 (22)

お寺と神社に、見所はありました。

九州をたてに走ると、遠いなって感じる。
でも、左右に横断すると、すぐに海に出る。 近い。

明日は北上です。

【記事の紹介】    八戸でも、いい彫刻の神社を見ている。 似ている。

     櫛引八幡宮。  国宝、赤糸縅鎧(おどしよろい)。  メドツは、皿のない河童。~八戸市~ 他 (2014/10/1)

【今日の歌】   いつかある日    最近白い山は見ていない。
                     今の季節、穂高に入っている人はいるでしょうね。   命がけで。
                     画像の人は、プロでしょうか。



【道の駅】    うき

【明日の予定】    荒尾干潟を見学。   冬鳥がやってきている。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

荒尾市には、少女詩人・海達公子(かいたつきみこ)の文学碑が多くあります。荒尾市民がこぞって建てています。彼女は、北原白秋が認めた詩人です。

Re: タイトルなし


初めて聞く名前です。
童謡っぽい詩も書くんですね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2292-f894673d

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 高千穂から宇城市まで走る。 五ヶ瀬町浄専寺の枝垂桜は京都から。 三ヶ所神社の彫刻。~五ヶ瀬町他~ 他 (2017/1/18)
  • 2017年01月19日 (木)
  • 10時41分50秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。