キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

九州の滝は、変わっている。
山奥にあるとは限らない。 天から降って来ない。

滝の下流にも上流にも、田んぼがあったり。
どう見たって広い平地なのに、その真ん中に、落とし穴のように滝。

今日の滝も、似た感じ。
ただ、規模が大きく、甌穴(おうけつ)群があった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

霧島山の麓。

s-17年1月10日 (1)    s-17年1月10日 (2)

周辺が公園になっている。

s-17年1月10日 (3)

お店があって、駐車場。 

s-17年1月10日 (4)

都城の広い地図。

都城に来ると、道も駐車場も道の駅も、どこもゆったりとしている。
都城自体が、広い広い盆地の中にあるからか。

s-17年1月10日 (5)    s-17年1月10日 (6)

下に行く。  案内地図は、分かりにくい。

s-17年1月10日 (7)    s-17年1月10日 (10)

加久藤カルデラの名前が、また出てきた。 
えびの市の方で、古代に巨大噴火があった。

そっちから高温の火砕流が、木々を燃やして流れてきた。
ここはそれが固まった台地。

s-17年1月10日 (8)    s-17年1月10日 (9)

下に行く。   豪快な音は聞こえている。 どっちにあるかは分かる。   正面下の感じ。

s-17年1月10日 (11)

小さな滝。   女滝。  向こうからの用水路の水が、ここで下に落ちる。
下の川より高い位置に、続きの用水路がある。

神社があって、田んぼの水を確保する苦労が。

s-17年1月10日 (12)    s-17年1月10日 (13)

最初の展望台。   見えてる。  ここの用水路は、北前用水路と。

s-17年1月10日 (14)    s-17年1月10日 (15)

殿の前で酒をこぼして、滝つぼに。 

恋人が岩に悲しみを書いた。  また会う時の目印に、って。
見つけられるか。

右は、甌穴群の説明。 日本の中でも、屈指の物のよう。(地元は世界一と)

s-17年1月10日 (16)    s-17年1月10日 (18)

こうです。  九州の滝は、ミニナイヤガラ、の滝が多い。
水が上からと云うより、普通の場所から下に落ちる感じ。

s-17年1月10日 (19)    s-17年1月10日 (20)

向こうから来た。   水は向こうに。   少し行って、女滝になって落ちる。

s-17年1月10日 (21)

下に吊橋。


s-17年1月10日 (22)

途中まで来た。  男滝が見える。   用水路のあふれた水が落ちている。

s-17年1月10日 (23)

ここに飛び込んだら助からない。 滝つぼの水流が、複雑のよう。

s-17年1月10日 (24)

赤い字は、滝右岸の岸壁とあった。

  ※ 車で写真を拡大して、調べた。  分からなかった。
    場所が分かったら、別のカメラで撮影するつもりだった。

s-17年1月10日 (36)    s-17年1月10日 (37)

滝は、100年で1㍍程は後ろに下がるのでしょうか。



下流。  滝が見える。 用水路は、茂った木の、直ぐ下辺りを。

s-17年1月10日 (25)

橋を渡って、滝の上に来た。 

s-17年1月10日 (26)    s-17年1月10日 (27)

固い岩盤。  あちこちに穴。   甌穴群。

s-17年1月10日 (28)    s-17年1月10日 (29)

こんな川底は、他では見たことが無い。   沈下橋を渡って。

s-17年1月10日 (30)

ここで用水路に水が入っていく。  左に。  取水口。

s-17年1月10日 (31)    s-17年1月10日 (32)

水は向こうから。  溢れた水は下に。  用水路を傷めないためにするんですね。

s-17年1月10日 (34)

男滝になって流れ落ちる。

s-17年1月10日 (35)    s-17年1月10日 (33)

今日の滝は、滝百選。
滝百選をすべて見ることは、可能でしょうか。

関之尾滝は、九州の滝だなって感じました。

【今日の一句】 「 土木工事は 今の100倍の汗と苦労で 」   何せ機械がなかった。

【その他】   火星から見た、地球と月。  合成写真でない。 (ネット上にあった)

月が地球に近いなと感じて、調べてみました。
月が地球の真横にあったら、写真に撮った時の距離は、この6倍ほどに離れる。

この写真は、どういうことかと云うと、後の方にあったとすれば、真後ろから10度ほど横に。 ほんの少し。
前の方にあったとしても、ほんの少しだけ横に。

火星からの距離が大きいので、前でも後でも、月の大きさは変わらない。
地球の何が写ってる方分かっている。  詳しくは右に。ggggggg_20170111114951bbb.jpg

すごい時代になりましたね。

xcvvfdfff.jpg


【道の駅】  山之口

【明日の予定】    近くの人形浄瑠璃の人形館と、武家屋敷の道。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2284-9724e74c

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 関之尾滝は高さ18㍍、幅40㍍の巨滝。 悲しい伝説。 滝の上流には大規模の甌穴群が。~都城市~ 他 (2017/1/10)
  • 2017年01月11日 (水)
  • 10時11分43秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。