キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

小林市に向かっていた。
国道に、クルソン峡の案内があった。

案内があるということは、道がいいかも知れない。
行ってみるか、となった。

途中に、めがね橋の案内。
行ってみたら、一度見ていた。

山奥に向かった。
道が不安になって、途中で戻った。
ただそこは、九州で2番目に大きな、川内(せんだい)川の源流近く。

後で知ったが、クルソン峡の入り口だった。
昔は奥にキャンプ場があったが、今はやってない。

戻る時、黒木家住宅を見た。
説明に、難しい歴史が書いてあった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

川内(せんだい)川の河口は、薩摩川内市に。 源流は、白髪(しらが)岳。

s-17年1月6日 (1)    s-17年1月6日 (2)

地図にやっと見える道。

s-17年1月6日 (3)    s-17年1月6日 (4)

赤〇まで行った。 途中に山神社。  オレンジの〇は、立石林業の会社。

s-17年1月6日 (5)

国道から入ったら、めがね橋の案内が。 少し走ったら、駐車場に。
めがね橋という、眼鏡(めがね)橋。 変わってる。

ただ、正式名は月の木川橋。 トロッコが昔走っていた。

s-17年1月6日 (9)    s-17年1月6日 (10)

※ ここのトロッコが、どうやって引っ張っていたかは、分からない。
  小さな機関車なのかも。  四国の馬路(うまじ)村では、こんなのだった。(以前の記事から)

※ 追記  分かりました。 林野庁のHPで。 こんなの。 形式は分からない。 見た目、ディーゼル機関車。

k_14.jpg 

ここは線路跡。 真っ直ぐ行って左にカーブして橋が。  そして、右のように。

s-17年1月6日 (11)    s-17年1月6日 (12)

これを見て、橋の上からの風景を見て、来たことあると感じた。

s-17年1月6日 (13)    s-17年1月6日 (14)

※ 上に、月乃木川拱橋とある。  拱橋は、きょうきょう。
  これについては、以前調べたのを載せます。

     ※ 拱橋は、アーチ橋の意味だそう。
       それで、拱の意味は何でしょう。   これは、手を拱(こまね)くの、拱。
       何もしないで、行動できない時、手を拱いていた、と使いますね。
       手を拱く時の、手の姿を、拱手(きょうしゅ)と云う。
       右の写真。 無題pppkpp (中国のあるサイトから、お借り)
       ということでした。  

     ※ そういえば、ブルースリーが、試合の前こんな手をしたことがあったような。

以前来た時は、向こうからだった。
 
この後、向こうの山奥に入っていく。

s-17年1月6日 (15)

反対側から。  欄干が低いから、真ん中を歩く。   この上をトロッコが走った。

s-17年1月6日 (16)

右写真は、以前撮影。   立派な大きな石橋。

s-17年1月6日 (17)    s-17年1月6日 (7)

途中の撮影は無しで、目的地に向かった。 (車載カメラを準備してなかった)
道が不安になって来た。 離合できる場所が少ない。
 
Uターンできる場所がやっとあった。 先には行かない。

s-17年1月6日 (18)

川内川がこのように。 1㌔上流は、きっと小川。

s-17年1月6日 (19)

後で知るけど、この辺りから谷は深くなって、クルソン峡に。

 ※ クルソン峡の長さは10㌔と云われる。(Wikipedia)
   ここから白髪山まで直線で10㌔程。(カーナビで)

クルソン峡は、狗留孫峡とも書く。
この峡谷に、狗留孫仏誕生窟があるので、上の名前が。  Wikipediaでは下のように。

   過去七仏の一人「拘留孫」が生まれたとされる場所。1,300年前から修行者の姿があったと伝えられる。 

s-17年1月6日 (20)    s-17年1月6日 (21)

少し下流。 向こう岸に、動物の足跡。

s-17年1月6日 (22)    s-17年1月6日 (25)

青でなくどうして、緑っぽいのでしょう。   エメラルドグリーン。   魚の姿は見えない。
 ※ 九州には宇佐市とか一部にしかいないオオサンショウウオが、ここにはいる。

s-17年1月6日 (23)    s-17年1月6日 (24)

戻る途中、山神社。

s-17年1月6日 (26)

お供え物が。 豆腐は上を破って。 食べられるように、飲めるように。
1升ビンは、地元の芋焼酎。  

s-17年1月6日 (27)    s-17年1月6日 (28)

サザンカ。  少し行って案内板。 来る時、気付かなかった。  

自分は赤〇近くまで。  奥には色々ある。

s-17年1月6日 (29)    s-17年1月6日 (30)

集落に出てきた。  猫がいた。 動かない。  よけて通った。  右に、黒木家住宅。

s-17年1月6日 (31)

車を停めて振り返る。  猫はまだいる。

s-17年1月6日 (32)

陸軍少佐 黒木親慶(くろきちかよし)の住宅とある。
ロシア白軍(はくぐん)のセミヨノフ将軍と、関わりがあると。

  ※ ロシア革命の後 ソ連が生まれるが、ソ連の軍は赤軍。
    白軍は、赤軍に反対する立場の軍(反革命勢力)。

セミヨノフ(セミョーノフ)は、立場が不利になり、アメリカ、日本を転々としながら反ソ活動を継続。

下の説明に、彼を匿(かくま)う目的でとあるが、実際ここに来たかは、確認できない。

s-17年1月6日 (33)

黒木親慶の写真は、ネット上で見つからない。
ただ、下の写真の左の人間かと思われる。  真ん中は、セミヨノフ。 
              ※ 写真は、黒木親慶君追悼伝記 。 カラーミィショップからお借り。

s-17年1月6日 (6)

下は、セミョーノフ。 右は、赤軍に捕まった時の写真。 目の表情が変わった。 絞首刑になる。

s-17年1月6日 (8)    s-17年1月6日 (37)

赤軍と白軍の争いは、ロシア革命後のソ連内部の勢力争いでしょうか。
白軍は、農民支持を得られず、負けることに。

外からは、このように見える。  中の見学は出来ない。

s-17年1月6日 (35)    s-17年1月6日 (34)

玄関。 右は、みやざきデジタルミュージアムからお借り。

s-17年1月6日 (36)    s-17年1月6日 (38)

余談  映画監督の黒木和雄は、黒木親慶の孫。

下の映画に、上の建物が登場する。
映画『美しい夏キリシマ』



黒木和雄はこんな人。
映画 『映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い』予告編



下も、彼の作品。
父と暮せば(予告) いいですよ。  これがあって「母と暮らせば」が生まれた。 母と暮らせば(予告)(YouTube)



クルソン峡の最奥には行けなかった。
ただ、川内川の最上流部の雰囲気は分ったでしょうか。

黒木家住宅と云う、思わぬものに出会いました。

【今日の一句】 「 川内川 137㌔の水の旅は クルソン峡から 」

【道の駅】    えびの

【明日の予定】  小林市に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2280-89d06244

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 川内川源流のクルソン峡に。 月乃木川拱橋(めがね橋)。 黒木家住宅は大正初期の歴史を秘めて。~えびの市~ 他 (2017/1/6)
  • 2017年01月06日 (金)
  • 22時43分08秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。