キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

家康に勝てないと分かった時、信繁の願いはどう変わったでしょう。
それは、世話になった秀吉の夢を、ゼロにしないことか。

つまり、秀頼の命を守ること。
そんな気がする。

可能なのか。
信繁も家康も、影武者をいっぱい使っていた。
負けたときどうするかは、冬の陣のあとに、きっと考えた。

では、どこに落ち延びるか。
可能性が一番高いのは、薩摩の島津。
元々、徳川には従順でない。 江戸から遠い。

宇喜多秀家も、関ヶ原の後かくまっている。
桜島の近くに。
   宇喜多秀家の潜居跡。  島津にかくまわれて、最後は八丈島に。  死罪を免れたのは?~垂水市~ 他 (2016/1/6)

お梅や大八は、伊達政宗に頼んだ。(家臣の片倉重綱に)
同じように、秀頼のことを考えてもおかしくない。
信繁は、秀頼に付き添う。

      ※ 余談  信州上田の観光大使に真田徹と云う人がいる。
          この人は、上に書いた大八の子孫。 13代目。 信繁から数えて14代目。 直系。

信繁と秀頼が生き延びた可能性が、5㌫あれば十分。
今日は、薩摩の伝説を追ってみた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

信繁の墓と云われる所は、南九州市 頴娃(えい)町 牧之内 雪丸。

s-16年12月30日 (1)    s-16年12月30日 (2)

場所が正確に分からない。 途中3人に聞いてやっとたどり着けた。
下の地図は、後で分かった。

2つの県道があって、印の場所。

s-16年12月30日 (3)

どの道も、車は通れる。 〇から入るのがいいか。
墓の近くは、雪丸地区。 雪は降らない。 幸村が、なまったと云われる。

s-16年12月30日 (4)

グーグルの地図に、道は表示された。
案内の〇の場所で、初めて幸村の墓の案内が。 それまでは、雪丸地区の案内が続いた。

お店の電話番号をカーナビに入れたら、行けると後で分かった。
青〇に駐車場。 赤〇が墓。  自分は、案内の近くから歩いた。

s-16年12月30日 (5)

案内の地点の、少し南から撮影。 赤〇に案内が。

s-16年12月30日 (6)

この様に。  駐車場まで、800㍍。

s-16年12月30日 (7)    s-16年12月30日 (9)    s-16年12月30日 (8)

分岐点には、必ず案内があった。

s-16年12月30日 (10)    s-16年12月30日 (11)

知覧(ちらん)茶の畑。  土地の人に、知覧茶ですかと聞いたら、そうですよと。(ちらんちゃ、とは言わなかった。?。)
あと少し。

s-16年12月30日 (12)    s-16年12月30日 (13)

風車が見える。 右にもいくつか。 最初に聞いた人は、風車の下の方と言った。 遠くから見て。

s-16年12月30日 (14)    s-16年12月30日 (15)

振り返って開聞(かいもん)岳。 三角の山。 3度ほど登っている。  百名山。

s-16年12月30日 (16)

右に駐車場。  正面に案内小屋(杖の小屋)。

s-16年12月30日 (17)

信繁を演じた堺雅人が、5月2日に来ていた。
100㌫伝説と分かっていたら、きっと来ない。

s-16年12月30日 (18)    s-16年12月30日 (41)

山の下のお店で、関係するお土産が売っている。

s-16年12月30日 (19)    s-16年12月30日 (20)

ここから400㍍ちょっとあるので、杖。   
新聞記事。  読みにくいけど。  ここを整備したことが書いてある。 

s-16年12月30日 (21)    s-16年12月30日 (42)

幸村の子を身ごもった女性は、大川に嫁いだとある。 その家は後に、真江田を名乗ったと。
大川は、頴娃町の海岸近く。 大川駅がある。

  ※ このことについては、後ほどまた。

s-16年12月30日 (22)    s-16年12月30日 (23)    s-16年12月30日 (24)

この道を行く。 少し先に案内。

s-16年12月30日 (25)    s-16年12月30日 (26)

右写真。  少し行って、左前方に登る。

s-16年12月30日 (27)    s-16年12月30日 (28)

着きました。  小さな墓。 文字は無い。

s-16年12月30日 (30)    s-16年12月30日 (29)

まるい小石がいっぱい。 昔、大川の浜からお賽銭代わりに持ってきた。

説明があるけど、写真に撮ると読むのは大変。 一応資料として。
薩摩伝説は、いろんな資料にあると書いてある。

s-16年12月30日 (31)    s-16年12月30日 (34)

信繁は焼酎が好きだった。
  ※ 九度山から上田に、焼酎を送ってほしいと、手紙を送っていた。

誰かが、六文銭。

s-16年12月30日 (33)    s-16年12月30日 (32)

上に書いた山川の話だけど、生れた子の子孫が今もいる。
その子孫の方が書いた記事がある。

    ※ 詳しくは、江戸時代の真田幸村の子孫に。 この記事のあるサイトは、真田家全体について詳しい。

ppplpppkkk.jpg 

別方向から。   墓の近くに、住んだ屋敷があったよう。

  ※ 秀頼は、鹿児島市谷山に。  そこに墓がある。

s-16年12月30日 (37)    s-16年12月30日 (36)

ここに住んだとすれば、何を願っていたのでしょう。
秀頼と会うことはあったのか。
その辺は、調べても分からない。

徳川の世が不安定になるのを待ったのか。



この道を戻る。

s-16年12月30日 (38)

小屋に着いた。  信繁も見たであろう開聞岳。

s-16年12月30日 (39)    s-16年12月30日 (40)

別の人達がやって来た。

s-16年12月30日 (44)

天気がいいので、歩くのは楽しい。  今年は明日でお終い。

s-16年12月30日 (43)

可能性を感じさせてくれる墓だったでしょうか。
いつの日か、歴史的な大きな発見があるといいです。

夏の陣で100㌫死んでしまった、でなければ、それで十分。
夢が少しでも残っていれば。

※ なお、「真田家の館」というサイトに、詳しい内容が。

※ 今日見学の墓について、Wikipedia では下のように。

  vvvvcvv_20161229092022752_20161231083437d4c.jpg

信繁の記事を書くのは、一段落かなと思います。

【信繁の夢】  信繁の徳川を倒す夢は、叶わなかった。
          しかし、夢を叶えたのは、兄の信幸(之)。

          彼は沼田から、信州の松代藩の初代藩主に。
          その松代藩は、幕末に佐久間象山を生み出す。

          彼が徳川幕府崩壊のきっかけを作る。
          そして、教え子の多くが長州藩士。 幕府を倒す。

          信繁の、また真田の夢は、細くつながっていた。
          遠い先のことだけど、叶う。

          このことは、真田丸の最終回の最後に紹介される。

【今日の一句】  「 信繁の 戦乱に咲いた 花のあとさきを追う 」 

           「 あっち歩いて こっち歩いて 今年も暮れてゆく 」

【記事の紹介】    午後から総集編を見ました。  ワンセグの入る喜入で。  面白かった。
             2日にまた見る。  BSのちゃんとした映像で。
       
   大阪城、見事な石垣にかつての栄華が。 大阪城の出丸 真田丸は、どこにあったのか。~大阪市~ 他 (2016/10/6)
   九度山は、真田昌幸と信繁が上田を夢見て暮らした土地。 住居跡に今は・・。~九度山町~ 他 (2016/10/4)

   信繁の念持仏が伝わる高松神明神社。 神明地蔵尊は久度山の真田庵からここに。~京都市~ 他 (2016/10/1)
   真田丸の紀行で紹介された新日吉神宮。 方広寺の鐘。 豊国神社。~京都市~ 他 (2016/9/30)

   長谷寺にある真田幸隆夫妻と昌幸の墓にお参り。 真田氏本城跡の近くに。~上田城~ 他 (2016/9/22)
   真田氏本城は、上田城が築かれるまで真田の拠点だった。 真田氏歴史館。~上田市~ 他 (2016/9/21)

   真田氏上州の拠点、岩櫃城。 武田勝頼が岩櫃城に行っていれば、どうなったでしょう。~ 東吾妻町~ 他 (2016/9/18)

   沼田城址公園。 真田信幸は初代沼田城主に。 信幸を支えた小松姫。~沼田市~ 他 (2016/9/17)
   歴史の流れを変えた、名胡桃城。 真田昌幸が築く。 小田原攻めのきっかけをつくる。~みなかみ町~ 他 (2016/9/16)

   信州上田は、真田3代の里。  上田城跡。  柳町の家並み。  信玄の重臣、板垣信方の墓。~上田市~ 他 (2015/6/24)
   角間渓谷。  猿飛佐助伝説。 角間温泉は、真田一族の隠し湯。~上田市真田町~ 他 (2013/10/14)

   信州上田は、真田幸隆・昌幸・幸村、3代の郷。 上田城跡。 他。~上田市~  他  (2013/5/28)

   白石城は、木造での復元。  片倉小十郎の妻は、真田幸村の娘、阿梅(おうめ)姫。~白石市~ 他 (2014/10/12)   
   浄土宗総本山、知恩院 ~日本最大の三門・千姫の墓 他~  いそしぎ(西島三重子)  他  (2012/5/9)

【その他】  信繁にずっと寄添っていたきりちゃんが良かった。


 
【今日の歌】   真田丸 メインテーマ



【道の駅】    喜入

【明日の予定】    近くを少しだけ。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2273-14229d1e

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 真田信繁の墓が、頴娃(えい)町雪丸の山中に。 島津を頼って薩摩に来たのか。 可能性は。~南九州市~ 他 (2016/12/30)
  • 2016年12月30日 (金)
  • 21時40分13秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。