キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

古代の山城を、今まで気にかけたことは無かった。
初めて今日、城跡を見た。 

奈良時代の前、大和朝廷の時代に造られた。
朝鮮半島の方から攻められるのを防ぐために。

今日見たのは、鞠智(きくち)城跡。
復元された建物があった。

また資料館があって、そこを見学。
今日は、雨の一日。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

熊本県北部。

s-16年12月22日 (1)

山鹿市と菊池市の境にある。  拡大しても、地図に出て来ない。

s-16年12月22日 (2)   s-16年12月22日 (3)

雨で歩けない。   ここには資料館があるので来た。

右は、八角形の鼓楼(ころう)。  太鼓を鳴らす。  時を知らせたり。
左は、米蔵。

s-16年12月22日 (4)    s-16年12月22日 (5)

右が温故創生館。   博物館の感じ。   左はお店。

s-16年12月22日 (6)

当時の人々をイメージした群像。   兵士は防人(さきもり)と呼ばれた。

右の地図には、昨日行った場所も。

s-16年12月22日 (7)    s-16年12月22日 (8)

温故創生館。  無料。

s-16年12月22日 (9)

入ったら事務所の人が、10分ちょっとの映画があると言った。
見せてもらうことに。

最後少しだけ寝てしまった。 退屈してたわけではないけど。
真田信繁なら、こんなことは決してなかった。

なぜ城を作ったかは、初めて知る。
攻められるのを、心配した。

古代山城は、西日本にいっぱいあった。

下の方に、ここは兵站(へいたん)基地だった考えられるとある。
後方支援のイメージの基地。
      ※ 站(たん)の字の意味は、立ってその場所を占拠するの感じ。  じっと立つ。

s-16年12月22日 (10)    s-16年12月22日 (13)

遺跡跡から、いくつかの建物を復元。
当時の朝鮮半島の建物などを、参考にしたのでしょうね。

s-16年12月22日 (11)    s-16年12月22日 (12)

古代山城が、大きな話題になることは少ないような。
なぜでしょう。

大和朝廷の時代だから、人間模様が見えないからか。
時代が古すぎて、活躍した人間がはっきりしない。
信長や家康のように、騒がれる人がいない。

歴史の面白さは、「人」にあるのかな。
専門家は別にして。

こんなのが発掘。

s-16年12月22日 (14)

上の方の説明に、大和朝廷とあったが、この言葉の使い方や邪馬台国との関係など、論争中のよう。
はっきりしないことが、多すぎるんですね。

   ※ 学者は、何が正しいかより、自分の説が通るかどうかの方が大事。
     証拠が少ない時代の歴史は、もめる。

     自分で埋めて、見つけたぞ~って騒いだ学者もいた。

一汁一菜。  ご飯と味噌汁と少しのおかず。  自分の食事も、こんなもんだ。

   ※ 昔は食べ物がなくて、栄養だ足りずに病気。
     今はみんな、食べ過ぎて病気。

s-16年12月22日 (15)    s-16年12月22日 (16)

どんな条件がそろえば、木がこのように残るのでしょう。

s-16年12月22日 (17)

仏像が出てきた。 中央の横から見たのは、朝鮮っぽい。

   ※ 広隆寺の半跏思惟像も向こうの雰囲気。(国宝第1号)
     法隆寺の百済観音も、朝鮮風かな。(国宝)  ※ どっちも、以前の記事から。

s-16年12月22日 (18)    s-16年12月22日 (19)

八角形の建物を作るには、高い技術が必要ですね。
後の時代にだって、少ない。

  ※ 上田市の安楽寺に、八角形の三重塔がある。 こんなのは、ここだけかな。(写真は以前の記事から)

s-16年12月22日 (20)

木簡と土器。  土器は薄くなってますね。

s-16年12月22日 (22)    s-16年12月22日 (21)

模型が展示されていた。

s-16年12月22日 (23)

米蔵。   校倉造(ぜくらづくり)。  正倉院ですね、有名なのは。

s-16年12月22日 (24)    s-16年12月22日 (25)    s-16年12月22日 (26)

兵舎。  

s-16年12月22日 (27)

山城跡がいっぱい。  どこも行ってない。

s-16年12月22日 (28)

2階から外を眺めた。 雨は降り続く。 氷雨ではない。  あたたかい。

s-16年12月22日 (29)

お店。   最近外食はしてない。

s-16年12月22日 (30)

雨で歩けなかったこともあって、鞠智城跡を見ました。
知らないことばかりでした。

どこかで古代山城に出会ったら、見学してみましょう。

【今日の歌】   防人の詩   古代の防人を歌ってはいないけど。



【道の駅】    水辺プラザ かもと

【明日の予定】   山鹿の町を。  長島から、みなさんがやってくる。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2265-4050f320

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 鞠智城(きくちじょう)は、日本の古代山城だった。 八角形鼓楼などを復元して。~山鹿市~ 他 (2016/12/22)
  • 2016年12月22日 (木)
  • 22時21分29秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。