キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山の頂上からの風景がいい。
寺と磨崖仏がある。
十分に楽しみはあるとなった。

下の写真は、以前撮影。
忠海港から大三島に向かった。

石だらけの山があるなと、気になっていた。
白滝山は、右端に少し見える山の奥。

s-16年1月17日 (4)ccc 
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

黒滝山より高いけど、名前がない。

s-16年1月17日 (1)    s-16年1月17日 (2)

山の場所に、寺の名前が.赤〇の道を行く。 

自分の車が通れるかは、ヤフーの地図を拡大したら分かる。

s-16年1月17日 (3)kkk 

ここから歩く。  遠くない。

s-16年1月17日 (5)    s-16年1月17日 (6)

駐車場はこう。 天気がいいのに、自分だけ。

現在地の左の方から来た。 青いのは縦走の道。

s-16年1月17日 (7)    s-16年1月17日 (8)

枯葉の散らばる道。 お地蔵さまが迎えてくれる。 半袖の上に1枚着たら、暑い。

s-16年1月17日 (9)

読めない。  調べてみた。 乾坤は、けんこんと読む。 「乾」は天、「坤」は地の意味だった。

けんこんだいいっぽう。  何となく意味は分かりますね。

s-16年1月17日 (10)

時々、瀬戸内海が見える。 赤いのは、ハゼノキ。  どんな年でも、真っ赤に。

s-16年1月17日 (11)

10分ほどで着いた。   左に石段。

s-16年1月17日 (12)

山門。 神社っぽい感じ。  中に石の仁王様。

s-16年1月17日 (13)

振り返ると、絶景。  正面に黒滝山。 最初に少し見えると書いた山。

正面の島は大三島。  ここは神社ではないけど、大山祇神社の方に向いている。

s-16年1月17日 (14)

紅葉と山茶花。  正面に本堂。

石の門がある。 鳥居とは違う。 調べたら、釘抜門(くぎぬきもん)だった。
なぜそう呼ぶかは、ややこしい。

  ※ 横の石を釘(くぎ)と考える。  昔の釘(和釘)は、断面が四角い。
    抜く時に、四角い穴の開いた四角い鉄の板に、釘を入れる。 このイメージyjimage_20161118104302457.jpg (紋のサイトからお借り)
    上に引っ張るというより、道具を使って四角いのを、左右にねじる。
    そうすると、釘がゆるむ。
    そんなことで、この名前のよう。

お参りは、戻った時に。  庫裏は右。

s-16年1月17日 (15)    s-16年1月17日 (37)

地蔵堂。

DSCF9364pppplpppp.jpg 

小早川氏は、この一帯の沼田荘(ぬたのしょう)出身でしたね。  土肥(どひ)氏が小早川氏に。

右に、磨崖仏のことが。

s-16年1月17日 (16)    s-16年1月17日 (17)

本堂の左に頂上への道。 奥の院への道でも。 160㍍だから、すぐ。

宝蔵庫があって、上に書いてあった仏像は、ここに保管。(火事の心配がない)

s-16年1月17日 (18)    s-16年1月17日 (19)

山全体が、岩。   隙間に、無理やりに木が。

s-16年1月17日 (20)

磨崖仏。 江戸時代の初めと云う。 花崗岩だけど、風化していない。

s-16年1月17日 (21)

釈迦三尊像のよう。 ここに足場を作って彫ったんですね。 疲れたら、振り返って海。

s-16年1月17日 (22)

これは何でしょう。 調べたら、十六善神と云う神。
Wikipediaの説明では、般若経を守る夜叉神とある。 調べたら、だんだん難しくなる。

下段の棒を持ってる人は、旅姿の玄奘三蔵だそう。

s-16年1月17日 (23)

回り込んだら、こんなのも。

s-16年1月17日 (24)     s-16年1月17日 (25)

頂上の標示は、別の場所だけど、ここが一番高い感じ。   八畳岩。

s-16年1月17日 (26)

落ちたら大変。  端には行かない。

中央に黒滝山。  左向こうに大三島。(目の前だけど四国。今治市) 右は大崎上島か。 御手洗はその向こう。
左向こうに、展望台。

s-16年1月17日 (27)

下に龍泉寺。  ※ 水はどうしてるんだろう。

s-16年1月17日 (28)

左の方。  右奥に、多々羅大橋が肉眼で見えた。

        ※ この時名前は分からない。 後ほどに出会う人に教えていただく。
        ※ こんな橋。 昨年大三島で撮影。

            201503170922433db_20161118112410b42.jpg

しまなみ海道を通って四国に行く。

s-16年1月17日 (29)

左の方。

s-16年1月17日 (30)

北方面。 もっと左から、車で上がって来た。

s-16年1月17日 (31)

鐘撞堂がある。 お堂も。(奥の院)

s-16年1月17日 (32)    s-16年1月17日 (33)

こっちの方が高いのかな。

お堂の中には、火伏せの神、秋葉三尺大権現と。
ウサギの上に乗っている。 ウサギは、火伏せ(防火)と関係あるよう。
火を避けたい蔵に、ウサギを描くことが。

暑いからここで半袖に。

s-16年1月17日 (34)    s-16年1月17日 (35)

一声とある。 ひとこえずつって、どういうこと。 自分のひとこえか。
読み方を間違った。  いっせいですね。   汽笛一声の一声。 鐘の音のこと。

1回だけ、小さめに鳴らした。



寺に戻って、展望台に。   こっちの方にも、登山道。

s-16年1月17日 (38)    s-16年1月17日 (45)

このように。 木が育って、下は少ししか見えない。

s-16年1月17日 (39)

上が見えた。

s-16年1月17日 (40)    s-16年1月17日 (41)

向こうの谷の、馬の背のようなところから登って来た。

s-16年1月17日 (42)

南東方向。 駐車場から向こうへの道がある。 自分の車は不安。 細い道。

s-16年1月17日 (43)    s-16年1月17日 (44)

戻ります。

s-16年1月17日 (46)

途中で女性の方に出会った。  5分ほどお話し。 今日人と話したのは、この時だけ。

7年ほど前、一度来ているそう。
近々、グループで来る。 その案内をする。(リーダーかな)
今日は、下見。 忠海港の方から黒滝山を越えて、来たよう。 縦走のコース。

危険な場所、休憩場所、見所などの確認に来たんですね。

女性は今は広島市だったかな。
出身は、鹿児島県の伊佐市。(合併前は、大口市があった。 そこ。 吉田拓郎の出身地)
近くに、立派な曾木の滝がある。
そんな話などもして。

    曽木の滝は、東洋のナイヤガラ。  白木川内温泉。~伊佐市・出水市~  他  (2013/2/12)

感じのいい方だったから、きっとグループの登山は、楽しいものになりますね。

s-16年1月17日 (47)    16年1月17日 (47)pppm

駐車場までは、あとすぐ。  

s-16年1月17日 (48)

頂上からの風景が絶景でした。
天気も良く、人にも出会って。

磨崖仏もよかった。
いい一日でした。

【今日の一句】  「 ハゼの木 何を思って そこまで赤く 」

【道の駅】    湖畔の里福富   一度来ています。
            
      道の駅 湖畔の里福富でのんびり ~カラオケ大会を見ながら 東広島市福富町~   他  (2010/12/12)

【明日の予定】  神楽門前町湯治村。 寺に行ったら、また寺かと云われそうなので。 

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2229-1f1d7a5a

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 龍泉寺は白滝山の直下に。 頂上からは、瀬戸内の島々が。 たくさんの磨崖仏。~三原市~ 他 (2016/11/17)
  • 2016年11月17日 (木)
  • 22時33分12秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。