キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

哀愁を感じる子守唄の代表は、下の2つでしょうか。
五木の子守唄と中国地方の子守唄。

今日は、ある宿場町の本陣を見に行った。
途中で、子守唄の里高屋駅の案内があった。

その歌の発祥の地にいると分かって、予定変更。
山から出てきて、用事を済ませた後、見学。
すっかり暗くなってから。

歌詞の内容が、五木の子守唄とちょっと違う。
子供の幸せを願って、宮参りする。
そんな特徴が。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )
場所は、岡山県と広島県の県境。
井原市高屋町。

16年11月1日 (1)ccccc   16年11月1日 (2)vvvv

下は、YouTubeの動画から。
福山平野のごく一部で知られた子守唄とある。

福山平野は、元福山藩で、2つの県にまたがっている。
世に広まるきっかけが、高屋町だったので、高屋町が発祥の地となっている。

でも、上のことがあるから、中国地方の子守唄と名前は。

kkkkkkokkkkkkk.jpg 

子守唄の里高屋駅は、井原鉄道の駅。  右下に嫁入らず観音がある。 明日行く。

s-16年11月1日 (3)

1人の人が山田耕作に歌って聞かせた。 それで、今の歌が。

s-16年11月1日 (11)

こんな歌。 ※ 飛びぬけていい動画は無い。 まあいいのがあって、それは後で。



東から向かっている。 間もなく、左に高屋駅。

s-16年11月1日 (5)

案内が見える。

s-16年11月1日 (6)

駅前の道は広く、駐車できる。  五木の子守唄と違って、お母さんがおんぶしてる。

s-16年11月1日 (7)    s-16年11月1日 (10)

子守唄の里として、町おこしをしている。

s-16年11月1日 (9)    s-16年11月1日 (8)

モニュメントがあって、散歩できる。  右は、井原市のHPからお借り。
山田耕作に歌って聞かせた、上野耐之の生家が見える。

s-16年11月1日 (12)    monyuppp.jpg

駅に上がってみた。 北方面。

s-16年11月1日 (16)    s-16年11月1日 (14)

南側。  ここは、福山平野の東の端。 高屋川が西に流れている。

s-16年11月1日 (15)    s-16年11月1日 (13)

歌に戻って。 生れたのは、昭和3年のこと。

  ※ 明日は25日さ、と歌ってる。
    1ヶ月の宮参りと考えたら、誕生日なのか。 誕生日の前日か。(正確には、前日で1ヶ月なので)
    (1ヶ月の宮参りは、30日前後でいいようだが)

s-16年11月1日 (11)

別の動画で紹介。  曲名がないので、以前、偶然見つけていた。
宮参りの絵も出てくる。   ※ ララバイは、子守唄。   歌ってるのは、三橋美智也かなと。  

  ※ 動画の内容の意味が分からない。 
    外人さんが作った動画。   コメントはすべて、英語。

羽根が飛んでる。 キリスト教っぽい。  これについては、後ほど。



高屋が発祥であることは、定説になっている。

山田耕作の編作となってるので、いいですね。 作曲となるとまずいでしょうか。
      ※ 作曲になってしまうことが。 島原の子守唄のように。

s-16年11月1日 (4)

二木紘三の歌物語からお借り。   全体はここに

一番下に、面白いことが書いてある。
歌って聞かせた上野の母は、キリスト教徒とある。

上野が歌ってっ聞かせたのは、母親が歌ったメロディだろうか。
もしそうなら、この地方で歌われていたのとは、少し違うことになる。

どっちにしても、山田耕作は、曲の魅力をはっきり整理したと言えるでしょうね。

  ※ 上の動画をつくった外人さんは、上野の母親がキリスト教徒であることを知ってたのだろうか。
    この歌を調べたはずだから、その可能性も。

s-16年11月1日 (17)

中国地方の子守唄は、幸せを歌っていますね。
五木の子守唄は、親元から離れての子守奉公のつらさを歌っている。
そこが違うでしょうか。

他の子守唄を、2つ紹介します。
1つ目は、島原の子守唄。

    天草から島原に(鬼池港~口之津港)。  口之津歴史民俗資料館。  島原の子守唄と、からゆきさん。~南島原市~ 他 (2016/1/14)



2つ目は、五木の子守唄。 

   五木の子守唄を、茅葺民家で聴く。  五木村の今と、昔。~五木村~  他  (2013/2/26)



※ 天草などから人吉に、子供たちが奉公にやって来た。 (五木と人吉は近い)
  いくつかに地域の子守唄が元になって、五木の子守唄は生まれた。
  天草の福連木(ふくれぎ)の子守唄は、五木の子守唄に大きな影響を。
  
     福連木の子守唄に、五木の子守歌は似ている。  福連木の里。~天草市天草町~  他  (2013/1/30)     
 
【今日の一句】  「 はや11月 瀬戸内の風も冷たくなって 」

【道の駅】  笠井ベイファーム

【明日の予定】    嫁入らず観音に

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2213-8be764c0

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 井原市高屋町は、中国地方の子守唄、発祥の地。 子守唄の里高屋駅。~井原市~ 他 (2016/11/1)
  • 2016年11月02日 (水)
  • 10時47分23秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。