キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

中国地方で2番目に大きな鍾乳洞があるという。
    (1番目は、日本一大きな秋芳洞ですね)
詳しくは調べないで、行ってきた。

特徴は、洞内の通路はずっと、川沿いにあった。
そして、大きな滝。

鍾乳洞の壁は、どこも濡れている。
あちこちから水が出てきて。

水が出るという事は、そこに鍾乳石が発達する。
洞内全体に鍾乳石があるのを、初めて見た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

新見市の近く。

s-16年10月27日 (1)    s-16年10月27日 (2)

高梁(たかはり)川が流れる。

s-16年10月27日 (3)

駐車場は無料で、広い。  3分ほど歩くと、ここに。  滝が見える。

石灰岩の山の壁面の高さは、240㍍。

s-16年10月27日 (4)    

入洞料は1000円。  

昭和33年に発見。 全長1200㍍。

 s-16年10月27日 (5)    s-16年10月27日 (6)

対岸にある。

入り口は、右下に。 出口は、中央左の穴。

滝は高さ70㍍の伊倉の滝。 洞内の水を排水するための、人工の滝。
もし排水しなかったら、洞内は水量が多くなって、通れないのか。

s-16年10月27日 (7)

高梁川の上流。 右は下流。

  ※ 岡山県には、大きな川が3つ。  西から、高梁川、旭川、吉井川。 ずっとこの川沿いを旅。

s-16年10月27日 (8)    s-16年10月27日 (9)

地図があるけど、HPの見やすいのを。 40分で、戻って来る。

s-16年10月27日 (11)    dounai2.jpg
    
水音が聞こえる。 川が流れている。

s-16年10月27日 (12)

天井。当たり前のように鍾乳石。

s-16年10月27日 (13)

少しして、地軸の滝。 高さ50㍍。 水は見にくいけど、つららの発達した所を、流れている。

調査隊は、昭和35年、暗闇のここを登った。 そして、上の部分を発見。
大変な調査だ。

s-16年10月27日 (14)    s-16年10月27日 (15)

滝の上に行くために作った、人工のトンネル。

s-16年10月27日 (17)    s-16年10月27日 (16)

途中に説明。

s-16年10月27日 (18)    s-16年10月27日 (19)    s-16年10月27日 (20)

s-16年10月27日 (21)    s-16年10月27日 (22)    s-16年10月27日 (23)

写真の上部から、水が流れ落ちている。 発見した時は、大量の水かな。(今は、外の滝に流してるから)

s-16年10月27日 (24)    s-16年10月27日 (25)

滝つぼはずっと下に。 奈落の底のよう。 中央左に、水しぶき。

s-16年10月27日 (26)

14度ちょっとか。 薄い上着を着たらあつい。 

階段に、鍾乳石が出来始めている。 100年単位で生まれるのではないみたい。

s-16年10月27日 (27)    s-16年10月27日 (28)

壁はどこも濡れている。 どこもつるつる。  こんなの初めて見る。

s-16年10月27日 (29)    s-16年10月27日 (30)

色々名前を付けて。

  ※ 名前がないと、あれ良かったねと云うしかない。 あれってどれのこと、ってなる。

美しい襞(ひだ)の文様。 出来る仕組みが知りたい。

s-16年10月27日 (31)    s-16年10月27日 (32)

天井の高い所が多い。

上から下がってるのは、鍾乳石。  下には積もって石筍(せきじゅん)。  上と下が繋がったら、石柱。
大きな石筍が見える。

s-16年10月27日 (33)    s-16年10月27日 (34)

石柱が見える。  幻想の世界、神秘の地底。

時は止まっているように感じる。 水音が時を進める。

s-16年10月27日 (35)

極端なライトアップでない。 鍾乳石そのものの美しさが分かる。

s-16年10月27日 (36)    s-16年10月27日 (37)

鍾乳石は、今も活発に発達している。   

s-16年10月27日 (38)    s-16年10月27日 (39)

時々空間は広くなる。

s-16年10月27日 (40)

石筍は、水がない時に生まれましたね。 今は大丈夫、水があっても。

s-16年10月27日 (41)

特に貴重なのは、網で囲っている。

s-16年10月27日 (42)

最後の所からは、人工のトンネルで出る。  300㍍。  若い人たちの話は、楽しい。

記念写真撮る。 さあ撮るよ~って、ポーズして。 ここにも、美しいのが。

s-16年10月27日 (43)    s-16年10月27日 (44)

出ました。

s-16年10月27日 (45)

お宮があった。 説明があるけど、離れて撮れない。

s-16年10月27日 (46)

斜めから撮って、パソコンで横に伸ばした。

ここは、阿哲(あてつ)台地。
  
ドリーネは、山の上にある すり鉢状の穴。 雨はそこに集まって、地中に流れ鍾乳洞をつくる。 こんなの。(秋吉台で撮影)
カレンフェルドは山の上に、墓石のように石灰岩の石が立っている風景。 こんなの。(これも秋吉台)

s-16年10月27日 (47)    s-16年10月27日 (48)

鍾乳洞が集まっている。  別の機会に。

s-16年10月27日 (49)    s-16年10月27日 (50)

あさりの宮。  説明読むと結ばれなかったのに、いいのかな。

男はどこに行ったのでしょう。

s-16年10月27日 (51)    s-16年10月27日 (52)zzzz

上の説明に、鶴姫が登場。 城は、備中松山城のことですね。 (大河ドラマの最初に出る城)
鶴姫が嫁いだのは、常山城。 

下の地図の、紫〇は備中松山城。 現存天守の城。
        天空の城塞「備中松山城」 ~現存する天守では、一番高い所に。 高梁市~  他  (2011/5/29)

赤〇が、常山城。

16年10月27日 (1)ppp 

※ 余談 説明で鶴姫は毛利と戦ったとある。
     毛利と戦った、別の鶴姫もいる。   鶴姫伝説 ~瀬戸内のジャンヌ・ダルク~ 他 (2009/12/20)

伊倉の滝を横から。  70㍍。 人口の滝でしたね。

s-16年10月27日 (53)    s-16年10月27日 (54)

鍾乳石いっぱいの、いい鍾乳洞でしたね。
本当の良さは、見てみないと分からない。

近くにある他の滝も、こっち方面を通ったら見ますね。

【今日の一句】  「 地軸の滝を登った者たちの 感動の大きさは 計り知れない 」
         「 奥に進めば なお奥に  滝の音 」
         「 伊倉洞 水音ささやく 地底の道 」

        ※「 日ハム勝って喜び過ぎて 負けた広島の悲しみは見えなく 」  日本シリーズ第5戦。 
      
【ブログ紹介】 東洋屈指の大鍾乳洞 秋芳洞は、中が広かった ~美祢市~  わかれうた(中島みゆき)  他  (2012/4/19) 

【今日の歌】  The Wedding (La Novia) - Julie Rogers    久しぶりです。 歌詞の意味は、この記事に



【道の駅】  YOUさんろ東城    広島県に入っています。  県境。

【明日の予定】    帝釈峡が近くに。  天気が悪い。  行けなかったら、どこにしよう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2207-bb8f4e76

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 伊倉洞は、鍾乳石豊富な水の流れる鍾乳洞だった。 高さ50㍍、地軸の滝。 水音が時を刻んで。~新見市~ 他 (2016/10/27)
  • 2016年10月28日 (金)
  • 10時39分31秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。