キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昔、岡山から大山に向かう街道があった。
大山(だいせん)の大山寺にお参りする、大山道(おおやまみち)。

岡山県の最北に、郷原(ごうはら)宿。
日本一の石の鳥居がある。
今日は、そこを歩いた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

岡山県の最北に来た。 真庭市の蒜山(ひるぜん)。   蒜山高原で知られる。

s-16年10月24日 (1)

街道について。

オレンジの〇は、出雲(いずも)街道。  姫路から出雲大社まで。 大きな街道。
赤〇が、今日の街道。 岡山市から大山寺まで。

     ※ 追記  下の図で、出雲街道が新庄から北に上がっているけど、メインの道は、日野に向かう道でした。
         北に上がる道は、出雲街道の脇街道と考えてよさそうです。

下の勝山宿で交差。 上の延助(のぶすけ)宿で一旦合流。

s-16年10月24日 (2)

左から、出雲街道。 延助宿で大山道と一緒になる。  大山道は、少ししたら分岐して北上。

s-16年10月24日 (3)

集落の中に、古い街道が残った。  大山道は、脇街道の感じでしょうか。

左下に茅部(かやべ)神社。  そこへの石鳥居が大きい。   紫の〇に。

s-16年10月24日 (4)

これが、石の大鳥井。  石の鳥居では、日本一。 間違いないよう。

s-16年10月24日 (5)

高さ、11.45㍍。    石の柱の直系、1㍍20㌢。

  ※ 下の方は、12角。  埋まっている。  長さ3㍍。
    この石の重さは、どのくらいでしょう。

    体積は、約3.4立方㍍。  石の比重は、およそ2.6。
    重さは、約9㌧に。  人間150人ほどの重さ。
    人の力で、動かした。

明治19年の夏に。  忙しくなる稲刈りの前にか。

s-16年10月24日 (6)    s-16年10月24日 (8)

大山みちとある。 漆器がさかんだった。  栗の木でつくる。
ここは、勝山藩なんですね。 ここの道は、勝山宿から上がって来たと、上に書いた。

     勝山町並み保存地区  真賀温泉館  湯原温泉砂湯 ~真庭市~  他  (2011/5/30)      

s-16年10月24日 (9)    s-16年10月24日 (7)

多賀神社のが日本一だったので、見に行った。 右がそれ。 多賀神社の一の鳥居。(彦根市のHPから)

費用は、みんなで出したのか。 郷原宿の人たちの気持ちが、1つになったんですね。
きっと、中心になって動いた人がいた。

上の石を載せる時は、周りに土を盛ったのか。

s-16年10月24日 (10)    taga_torii.jpg

反対から。  真っ直ぐ1㌔ほど先に、茅部神社。 そこへの、一の鳥居。

s-16年10月24日 (11)

郷原宿を歩く。   突き当り左右に、大山道。  まず左に行く。

左の家に、豆が干してあった。 豆が飛び出ている。 
小豆(あずき)は美味しい。 自分のご飯にいつも入っている。  白い豆。 

s-DSCF6078.jpg    s-16年10月24日 (12)    s-16年10月24日 (13)    s-16年10月24日 (14)

曲がったらすぐに、右上にお堂。 煙で、人がいるって分かる。  お風呂か。

小川も。  ここで洗う。 小さな椅子。  旭川の支流。 

s-16年10月24日 (16)    s-16年10月24日 (15)

今まで見た宿場町は、どこも保存に熱心なところ。

ここは、そのまま。   普通にしてたら、こうなる。
時代に取り残された感じではあるけど、これはこれでいい。

s-16年10月24日 (19)   s-16年10月24日 (17)   s-16年10月24日 (18)

右は何かな。 薬にするのか。 メグスリノキってあるけど、それとは違うか。

s-16年10月24日 (20)    s-16年10月24日 (24)

ここを通って、大山寺にお参りに。

   大山寺  大神山神社奥宮 ~大山町~  大山登山は延期  他  (2011/5/31)
   大神山神社、たいまつ行列 ~大山夏山開き祭 前夜祭~  自然歩道を歩く 他 (2011/6/4) 
   中国地方の最高峰、残雪の大山に登る ~大山町他~  2人による、アコーディオン演奏  他  (2012/4/27) 

s-16年10月24日 (21)

集落はここまで。  道は続く。    何の実でしょう。   初めて見る。

   ※ 追記   右の実は、花梨(ハナナシ)でした。 コメントで教えていただきました。 感謝。

s-16年10月24日 (22)    s-16年10月24日 (23)

交差点から右への道に。  大きな家。

s-16年10月24日 (26)    s-16年10月24日 (25)

ここ郷原には、7年前に来ている。 少しだけ見た。  旅を始めたすぐの頃。
地域の人が、珍しいものがあるよと言った。

右の家の、向こう端に、馬をつなぐ石。 ここは、宿だったのかな。

s-16年10月24日 (27)

こんな石。

s-16年10月24日 (28)

右の家に、縁側のようなのが。  座るのか。 物を並べるのか。

s-16年10月24日 (29)    s-16年10月24日 (30)

寺や神社へのお参りは、当時の人の大きな娯楽でしょうね。 お参りは、大義名分。

s-16年10月24日 (31)

時が止まって、昔のままに思えてくる。

s-16年10月24日 (32)

干してあるのは、里芋の葉っぱのよう。

  ※ 追記  これもコメントで教えていただきました。 下の内容です。

        干してあるのは「八つ頭」の葉っぱ、「芋がら」です。
        里芋系の芋だけど、お味は最高。 芋がらも煮付けると美味しいのであります。

s-16年10月24日 (33)    s-16年10月24日 (34)

街道から、車道に出た。

郷原漆器の復活の取り組みをしている。  ここの漆器は、栗の木で作るとありましたね。

s-16年10月24日 (35)    s-16年10月24日 (36)

静かな煙は、秋の風景。 収穫が終わって。

s-16年10月24日 (37)

戻ってきました。

s-16年10月24日 (38)

大きい。  里芋ですね。 おいしい。

s-16年10月24日 (39)    s-16年10月24日 (40)

真っ直ぐ行ったら、茅部神社。   桜並木。

s-16年10月24日 (41)

別の道から来た。   途中から、桜並木を。

s-16年10月24日 (42)    s-16年10月24日 (43)

寺っぽい感じでも。  左奥には、末社か。  大山神社のかも知れない。 行けない人は、ここで。

s-16年10月24日 (44)    s-16年10月24日 (45)

桜並木を来た。  春は、このように咲く。syuku4.jpg (郷原漆器のHPから)

展望塔が。

s-16年10月24日 (46)    s-16年10月24日 (47)

下から撮影。   蒜山(ひるぜん)高原の山。

s-16年10月24日 (48)

上から撮影。

s-16年10月24日 (49)

静かな郷原宿を歩いた。

鳥居は、先人が残してくれた財産。
大きな大きな、日本一の石の鳥居でした。

【今日の一句】  「 大きな石の鳥居 春には桜咲き 賑わう茅部神社 」
         「 秋の夕暮れの煙 静けさが増す 」

         「 夕暮れの風は冷たくなって 急ぎ足 」
         「 上げ膳 据え膳 昼善(蒜山)」   遊びです。

【今日の歌】   The Seekers The Carnival Is Over (1967 In Colour Stereo)

           シーカーズです。 カーニバルは終わったの意味かな。
           女性ボーカルは、ジュディス・ダーハム(Judith Durham)さん。 今年70歳。



【道の駅】    風の家

【明日の予定】     新庄村に。   そこを歩いて、岡山県の北部の見学は完了。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

多分

ご無沙汰してます。
この実は花梨かと。
香りは良いけど、食するのはちょい難あり。砂糖かシロップ漬けにしていただく。喉のお薬になります。

干してあるのは「八つ頭」の葉っぱ、「芋がら」です。里芋系の芋だけど、お味は最高。芋がらも煮付けると美味しいのであります。

Re: 多分

ありがとうごさいます。
コメントのおかげで、花梨の名前を忘れることは無いですね。
もしどこかで売ってたら、買ってみます。
記事に書きますね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2204-949ee5ef

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 大山道にある郷原宿を歩く。 小さな宿場町。 日本一の石の大鳥居。 茅部神社。~真庭市~ 他 (2016/10/24)
  • 2016年10月25日 (火)
  • 08時56分53秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。